他のツールと何が違う?Keywordmap(キーワードマップ)の料金・機能・評判について

最終更新日 

keywordmap(キーワードマップ)の特徴 その1

キーワードマップの一番大きな特徴は自社サイトや競合サイトのSEO調査が簡単にできる点にあります。具体的には流入キーワード(上位獲得して自社サイトへ多くの流入を得ているキーワード)や機会損失キーワード(競合サイトが上位獲得できておらず狙い目なキーワード)を、ドメインを入力するだけで調べることができます。

キーワードマップの強みは圧倒的に多いデータ量の中から素早く情報を分析できることです。キーワード調査はWEB戦略においては基本といっても過言ではないくらい重要なので、効果的なサイトを設計する上では欠かせない機能です。

また、マップ形式の表示が可能など、分析する際に一目でわかりやすくなっているので、誰にでも扱いやすいです。

keywordmap(キーワードマップ)の特徴 その2

キーワードマップの二つ目の特徴としては、競合他社の広告戦略を徹底的に分析できることにあります。

指定サイトが出稿している広告のデータを見ることで、自社サイトがどんな広告を出稿するべきかの参考にすることができるのです。

リスティング広告として出稿しているキーワードだけではなく、広告に使われている文章や、遷移先のランディングページまで抽出することができます。また、そのサイトが表示しているディスプレイ広告の調査も可能です。ディスプレイ広告ではバナーなどのクリエイティブや、その広告の出現時期まで調べることができます。それによってどんな文章や画像で効果的に訴求できるのかを細かく分析することも可能になります

keywordmap(キーワードマップ)の注意点

キーワードマップの注意点としては、無料会員だと使用できる範囲に制限があることが挙げられます。

また、一日の検索数にも限りがあります。他のキーワード系のツールに比べて直感的に扱うことができる点が優れていますが、GoogleやYahoo!が無料で検索ボリュームを調査できる点を考えると、本当に導入する必要があるのかを考えてみてもいいかもしれません。しかし、キーワードの検索ボリュームを分析することはサイト運用の上で重要な作業になります。

キーワードマップには多くの機能が備わっているので、他の機能のように使い分けで悩む必要がないとも言えます。まずは無料会員から始めて使い勝手がよかったら有料会員にグレードアップすることをお勧めします。

keywordmap(キーワードマップ)の価格・料金プラン

keywordmap(キーワードマップ)の価格は公開されておらず、問い合わせごとでお見積りが必要になります。

無料トライアルができますので、まずは試してみて、詳細の料金について問い合わせてみることをおすすめします。

keywordmap(キーワードマップ)の口コミ・利用企業の評判

キーワードマップは有名なデジタル広告会社など、多数の企業から評価されています。

プランニングの際にスピーディーに調査ができるので、クライアント企業からの信頼を得やすい、などの口コミがあります。また、ベテランや若手を問わず質を担保した分析ができることも魅力なようです。

画像・データ出典:keywordmap(キーワードマップ)公式サイト

検索順位のチェックにはGRCがおすすめ

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部