Keywordmap(キーワードマップ)の料金·機能·評判·口コミについて

更新日:
    月額費用
    要お問合せ
    初期費用
    要お問合せ
    無料お試し
    7日間
    導入社数
    要お問合せ
    この製品はSEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SEOの製品をまとめて資料請求

    Keywordmap(キーワードマップ)

    サービス名Keywordmap(キーワードマップ)
    ジャンルSEO
    初期費用要お問合せ
    月額費用要お問合せ
    無料お試し7日間
    導入実績要お問合せ

    keywordmapとは

    keywordmap(キーワードマップ)とは株式会社CINCが提供しているマーケティングツールです。SEOマーケティングに特化しているkeywordmap for SEOやTwitter運用に特化したkeywordmap for SNSなどがあります。

    SEOマーケティングにおいて自社に関連性のあるキーワードのボリューム調査、競合分析は欠かせません。

    keywordmapを導入することで、豊富なデータから網羅的に競合分析が可能になります。システムをインストールしないですぐに運用開始することができるのでSEOマーティングをすぐに始めたいという企業にもおすすめです。

    keywordmapを導入している企業

    keywordmapを導入している企業としては、パーソルキャリア株式会社や合同会社DMM.comなど国内でも多くの有名企業から導入されている確かな実績があります。

    おすすめの類似SEOサービス

    SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

    (4.5)

    月額料金500円〜無料お試しあり
    初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

    SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

    優秀なキーワード候補機能を搭載

    ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

    順位変動の流れを正確に把握

    SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

    競合分析ができる

    自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

    MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

    (4.5)

    月額料金1,500円無料お試し2週間無料
    初期費用0円最短導入期間なし

    導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

    正確な順位取得が可能

    MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

    Googleマイビジネスと連携した管理・運用

    ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

    多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

    在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

    この製品はSEOの製品です。

    SEOの製品をまとめて資料請求

    keywordmapの機能·特徴

    SEO調査が簡単にできる

    keywordmapの一番大きな特徴は自社サイトや競合サイトのSEO調査が簡単にできる点にあります。

    具体的には流入キーワード(上位獲得して自社サイトへ多くの流入を得ているキーワード)や機会損失キーワード(競合サイトが上位獲得できておらず狙い目なキーワード)を、ドメインを入力するだけで調べることができます。

    keywordmapの強みは圧倒的に多いデータ量の中から素早く情報を分析できることです。キーワード調査はWEB戦略においては基本といっても過言ではないくらい重要なので、効果的なサイトを設計する上では欠かせない機能です。

    また、マップ形式の表示が可能など、分析する際に一目でわかりやすくなっているので、誰にでも扱いやすいです。

    競合分析も可能

    keywordmapの二つ目の特徴としては、競合他社の広告戦略を徹底的に分析できることにあります。

    指定サイトが出稿している広告のデータを見ることで、自社サイトがどんな広告を出稿するべきかの参考にすることができるのです。

    リスティング広告として出稿しているキーワードだけではなく、広告に使われている文章や、遷移先のランディングページまで抽出することができます。

    また、そのサイトが表示しているディスプレイ広告の調査も可能です。

    ディスプレイ広告ではバナーなどのクリエイティブや、その広告の出現時期まで調べることができます。それによってどんな文章や画像で効果的に訴求できるのかを細かく分析することも可能になります。

    keywordmapの注意点

    keywordmapの注意点としては、無料会員だと使用できる範囲に制限があることが挙げられます。

    また、一日の検索数にも限りがあります。他のキーワード系のツールに比べて直感的に扱うことができる点が優れていますが、GoogleやYahoo!が無料で検索ボリュームを調査できる点を考えると、本当に導入する必要があるのかを考えてみてもいいかもしれません。しかし、キーワードの検索ボリュームを分析することはサイト運用の上で重要な作業になります。

    keywordmapには多くの機能が備わっているので、他の機能のように使い分けで悩む必要がないとも言えます。まずは無料会員から始めて使い勝手がよかったら有料会員にグレードアップすることをお勧めします。

    keywordmapの価格・料金プラン

    keywordmap for SEOの価格としては使用する機能によって料金プランが異なります。

    プラン名ライトスタンダードエキスパート
    特徴小規模利用中規模利用大規模利用
    初期費用/月額料金要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
    カスタマイズ機能・ユーザー追加など機能・ユーザー追加など機能・ユーザー追加など
    カスタマーサクセス導入時からサポート導入時からサポート導入時からサポート

    それぞれのプランの料金は公式サイトより料金プランを含んだ資料請求の必要があります。

    2022年5月現在/詳細は公式サイトを確認

    keywordmap導入までの流れ

    keywordmapは簡単5ステップで導入が完了します。

    1. 公式サイトからトライアルの請求
    2. ヒアリング
    3. ID発行
    4. 運用開始
    5. 運用支援

    keywordmapの導入事例・評判

    キーワード選定が自動化できました

    “もともと、SEOやリスティング広告などSEMには取り組んでいました。keywordmapを導入することでキーワード選定を自分で行うプロセスの省略が可能になりました。注力すべきキーワードが自動で選定されるので自社でまだ取り組んでいないキーワードを効果的に狙うことができています。地域キーワードもkeywordmapを利用することで掛け合わせを行ってくれるので自社で行う作業プロセスが省略できて助かっています。”(株式会社ネクサス·アールハウジング ひかリノベ様)

    流入が600%増加しました

    “記事作成において限られた人数でキーワードの選定をするのは非常に時間がかかり効率化できないかと思いkeywordmapを導入してみました。keywordmapは類似ツールとは違い、競合に流入しているキーワードを知ることができる点が魅力的ですね。keywordmapを導入してからは記事作成にかかる時間は半減し、記事単位での流入数は導入前と比べて600%アップしました。”(株式会社ウエディングパーク様)

    類似サービスとの比較

    keywordmapとの類似サービスとしてはMIERUCAやGoogle Serach Consoleなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名月額料金初期費用無料お試し特徴
    keywordmap要問い合わせ要問い合わせ7日間無料
    ・SNSマーケティングも可能
    ・キーワードのトレンドを把握できる
    MIERUCA150,000円〜100,000円あり
    ・キーワード予測が可能
    ・改善施策の優先度がわかる
    Google Search Console0円0円なし
    ・無料で利用可能
    ・アナリティクスとの連携が可能

    料金面の比較としては、Googleアカウントさえ持っていれば無料で利用することができるGoogle Serach Consoleが基本的なSEOマーケティングに必要な機能を有しているのでおすすめです。

    機能面の比較としては、自社サイトの改善点を重要度が高いものから優先表示してくれることで効果的なサイト改修ができるMIERUCAがSEO対策だけでなく、サイトのグロースを意識する上では非常に効果的なツールなのでおすすめです。

    よくある質問

    無料トライアル後に料金は発生しますか?

    無料トライアル後に自動で料金が発生することはありません。

    申込方法を教えてください

    契約プランが記載された申込書に社判を押していただき、弊社に発送をお願いします。申込書が届いた時点でアカウントを発行させていただきます。

    カード払いはできますか?

    現在カード払いには対応していません。お振込での対応をお願いしております。

    Macでも利用できますか?

    Mac、Windows共に利用可能です。

    スマートフォンから利用できますか?

    現状ではPCとタブレットからのご利用のみとなっております。

    解約方法を教えてください

    契約満了月の前月末日までに解約通知書に捺印していただき、弊社まで郵送をお願いいたします。

    参考:keywordmap for SEO公式サイト

    keywordmapで効果的なSEO対策を

    自社でSEO対策を行う場合、キーワードボリュームの確認から競合分析や、業界としてのキーワードトレンドの調査など非常二時間がかかります。SEO対策は効果が発揮されるまでにある程度の期間を要するものなので、なるべくスピーディーに施策を実施していきたいものです。

    keywordmapのようなSEOマーケティングツールを利用すれば、作業工数を大きく軽減することができ、空いた時間をコンテンツ制作に使うことができます。自社だけでは気づかなかった潜在的なキーワードの発見や、将来的な見込みを持ったキーワードの発見が可能となるので、是非導入を検討してみてください。

    画像・データ出典:keywordmap(キーワードマップ)公式サイト

    検索順位のチェックにはGRCがおすすめ

    この製品はSEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SEOの製品をまとめて資料請求

    Keywordmap(キーワードマップ) の 口コミをみる

    業種:情報通信 会社規模:300人〜1000人未満

    満足度

    他社の推定の広告実施内容が分かる

    良い点

    競合他社の実際に配信しているクリエイティブ内容、検索広告のテキストなどがドメイン検索で出てくるため、代理店事業を行っている上でとても参考になる。他社HPを確認することなく、こちらのツールを使い発見できかなり便利。

    改善点

    各所に追加プラン要素がちりばめられており、多くの上限があると感じる。クリエイティブを多く見るために追加料金を払ったりするなど、社内的に説明が必要な要素が多い。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    代理店事業として向き合っているクライアント、クリエイティブの政策方針の打診など、信頼構築に役立っている。

    業種:販売関係者 会社規模:50人〜100人未満

    満足度

    キーワード抽出数がとても多い

    良い点

    キーワード数、ニーズマップの魅力、競合キーワードの抽出、共起語抽出などをわかりやすい画面で確認できる。

    改善点

    機能を理解するまでに時間がかかるサービスとなっている。操作マニュアル動画を利用想定シーンごとに量産してほしい。ワンパッケージでフル機能が利用できる価格帯にしてほしい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    キーワードマップを利用することで、社内でキーワード分析が浸透した。狙いたいキーワードを抽出できるため、新しいキーワードを見つけることができる。

    業種:広告・販促 会社規模:100人〜300人未満

    満足度

    共起語分析ができる

    良い点

    URLを入力すると自然検索順位から競合ドメイン、競合ページ、リスティングのクリエイティブなどが分かる。共起語分析ができるため、オウンドメディアで使用する単語を探せる。

    改善点

    広告の知識がある程度ないと使いこなせない。そのため会社で随時使い方や活用事例のセミナーを開催してくれると助かる。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    オウンドメディアのコンテンツ検討に役立つ。共起語分析でどの話題にするかを検討できる。

    業種:情報通信 会社規模:50人〜100人未満

    満足度

    記事を書くときに重宝する

    良い点

    我社はブログ記事を書いて営業戦略で集客を図っている。こちらのツールの仕様により、ワードマップで関連ワードを調べられる。サイト流入の分析や競合サイトを知るときにも重宝する。

    改善点

    項目が多く、一部の機能しか使い倒せない。マニュアル以外にもレクチャーしてもらえると助かる。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    こちらを導入することにより集客ができた。関連ワードを含めて記事を書くことができ、書いた記事が上位に検索されるようになった。

      • qeee枠【SEO】

        SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

        (4.5)

        月額料金500円〜無料お試しあり
        初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

        SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

        優秀なキーワード候補機能を搭載

        ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

        順位変動の流れを正確に把握

        SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

        競合分析ができる

        自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載