Remotty(リモティ)の料金·評判·機能について。無料で試すことができる?

最終更新日 

新型コロナウイルス対策として、多くの企業でテレワーク·リモートワークが取り入れられています。

オフィスを離れて自宅やレンタルスペースで働く勤務形態はコロナ収束後も働き方の1つとして定着すると見られ、テレワーク下でも従来の働き方と変わらないパフォーマンスが発揮できるようにサポートするサービスが多数登場しています。

今回はリモートワークの課題として挙げられているコミュニケーションの不足を解消できるサービスとして注目されているRemotty(リモティ)について料金面や機能面などを紹介します。

Remottyとは

Remottyとは、株式会社ソニックガーデンが運営しているテレワーク·リモートワークのような離れた拠点での業務でも従来のオフィスと変わらぬコミュニケーションが実現できる仮想オフィスツールです。

チャットツールやWeb会議システムだけでは補うことができなかった一体感やリアルタイムでのコミュニケーションが実現できることから多くの企業で導入されています。

運営元の株式会社ソニックガーデンは実際に全社員テレワーク、物理オフィスなしの環境で業務を行っているので、テレワーク下でも快適に働くためのノウハウが詰め込まれたサービスと言えます。

Remottyの機能·特徴

リアルタイムのコミュニケーションが可能

Remottyはリモートワークで不足しがちと言われるリアルタイムのコミュニケーションを実現することができます。

在宅など離れた環境で仕事をしていると、孤独に感じたり不安を抱く人も少なくはありませんが、Remottyは心理的安全を構築することができるので、組織として一体感を持って仕事に臨むことできるようになります。

具体的には、RemottyにアクセスするとPCのカメラで自動撮影されたメンバーの写真が2分間隔で仲間に表示されるので、いつでもメンバーの状態を共有することができ、離席状態や対応中かどうかも可視化することが可能です。

また、オフィスと同じように自分の席が用意されており、自分の気持ちや思いついたことを独り言のように呟くことができます。周囲に呟きが通知されることはないので、メモ代わりに使うことも可能ですしメンバーを招待して雑談に活用するのにも適しています。

Web会議も可能

Remottyはテレワークにおいて今や必須ツールとも言われているWeb会議システムも搭載しているので、リモート環境でもワンクリックでビデオ通話を開始することができます。

通常のオフィスでの会議は空き会議室の確認など手間がかかりますが、Web会議であればスケジュールの確認からワンクリックでWeb会議を始めることができるというメリットがあります。

Googleカレンダー、Office365、iCalendarなどと連携することができるので、チームメンバーに連絡して予定を確認しなくてもスケジュールの共有が可能となります。

SNS感覚で雑談できる

Remottyはコミュニケーションにおいて重要と言われる雑談についても、仮想オフィス内でSNSのタイムラインのように雑談が流れる仕組みを構築しているので、いつでもチームメンバーの状況を確認できるようになります。

雑談の様子を横目に見ながら作業すれば一人で働いているという孤独感を感じることもなく、チームとして働いているという意識を持って仕事を行うことができます。

Remottyの料金·価格

Remottyの料金は公式サイト上では表記されておらず問い合わせが必要となります。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Remottyでは公式サイトの専用フォームから氏名や会社名、メールアドレスなど基本的な情報を入力して申し込むことで無料のトライアルを利用することが可能です。

担当者との個別面談によって使い方の説明が行われ、トライアル利用が開始されます。必要があれば社員を集めての説明会を開いてもらうことも可能です。

Remotty導入のメリット

コミュニケーションの活性化ができる

Remottyを導入することで、リモート環境でも従来のオフィスと変わらないコミュニケーションをとることができ、企業として一体感を持って仕事をすることができます。

リモート環境でコミュニケーションをとりたくても、相手が離席中であったり電話対応中などでなかなか会話をすることができないということがありますがRemottyは2分間隔でPCカメラの映像を写真として表示してくれるのでリアルタイムでメンバーの状態を把握することができるというメリットが生まれます。

就業状態の管理が用意に

Remottyは2分間隔でメンバーの写真やアイコンを表示してくれるので管理職が就業状態を確認しやすくなるというメリットがあります。

リモート環境では、部下がしっかりと仕事をしているのか確認するのが難しいという面もありますが、Remottyであれば常にメンバーの最新の状態を把握できるため、管理職にとってもおすすめなサービスとなっています。

Remottyの導入事例·評判

コミュニケーションの促進ができました

“東京や千葉、鹿児島など離れた拠点で業務を行っているのでリモートワークにおけるコミュニケーション不足が心配だったのですが、Remottyを導入したことで些細なことでも手軽に会話することができるようになりました。バラバラになっていたコミュニケーションツールをRemotty1つに集約することができたのもよかったです。”(社会保険労務士法人 綜合経営労務センター様)

リモートワークを浸透させることができました

“コロナの影響でリモートワークを導入するタイミングでRemottyを導入することにしました。Remottyはメンバーの在籍状況がすぐにわかるので不要な連絡をとる手間が減りました。情報共有も他のチャットツールと比べてすぐに会話を開始することができるので便利です。”(monoAI technology株式会社様)

類似サービスとの比較

Remottyとの類似サービスとしてはSococoが挙げられます。

Sococoもバーチャルオフィスサービスとして確かな実績を誇っており、マルチブラウザ対応なのでPCだけでなくスマホからも利用することが可能です。

料金体系は1ユーザーにつき月額2,500円なので10人で利用した場合は25,000円となります。

Remottyでリモートワークの成功を

Remottyを導入することでリモートワークで課題となっていたコミュニケーション不足を解消できるだけでなく、管理職が就業状態を把握しやすくなるというメリットも生まれます。

無料のトライアルも提供しているので気になった方はまずトライアルから開始してみると良いでしょう。

画像·データ出典:Remotty公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載