Cato Cloudの料金・評判・口コミについて

更新日:

    オフィス外の業務でもセキュリティを維持しつつ、社内ネットワークやデータにアクセスできるとしてVPNが注目されています。

    今回紹介するCato Cloudは、クラウド接続で手軽にリモートアクセスを実現することができます。

    本記事ではCato Cloudの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    Cato Cloudとは

    Cato Cloudとは株式会社IIJグローバルソリューションズが運営しているリモートアクセスツールです。

    Cato Cloudの機能·特徴

    手軽にリモートアクセスが可能

    Cato Cloudは、クラウドに接続するだけで拠点間通信やインターネット通信といったリモートアクセスを実現することができます。

    バックボーンがグローバルに展開されているため、低遅延かつ最適な経路での拠点間通信が可能です。

    豊富な機能をクラウドに統合

    Cato Cloudでは「次世代Firewall」「Secure Web Gateway」「IPS」「次世代Anti-Malware」「Cato CASB」といった各セキュリティ機能をクラウドに統合しています。

    リモートアクセスなどに対して一貫性のあるセキュリティ対策が実現できる点が特徴的です。

    Cato Cloudの料金·価格

    Cato Cloudの利用料金は非公開となっているため、お問い合わせが必要です。

    2022年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    Cato Cloudでは、無料トライアルについて明記がないためお問い合わせが必要となります。

    Cato Cloud導入のメリット

    拠点間通信が容易になる

    Cato Cloudは世界の主要都市約65箇所以上のPoPを結ぶグローバルバックボーンを実現しています。

    Cato Cloudの導入で、インターネットよりも安全で低遅延なVPN通信が可能となります。

    様々な接続方式に対応

    Cato Cloudの各種セキュリティ機能はクラウド内で提供されており、拠点側にUTM機器は不要です。

    インターネット通信やリモートアクセスを包括的に保護することができます。

    Cato Cloudでリモートアクセスのセキュリティ強化を

    Cato Cloudについてご紹介させていただきました。

    様々な接続方式に対応しており、一元的なポリシー管理が可能なCato Cloudは、リモートアクセスのセキュリティ強化の強い味方です。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:Cato Cloud公式サイト

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載