ポータルサイトとは?ホームページとの違いやポータルサイトの活用事例、種類、作り方

更新日:

    ポータルサイトは、インターネット上において非常に存在感のあるサイトです。
    最大手の企業が持つポータルサイトになってくると、何をするにもそのサイトがスタート地点になるようなコンテンツなので、そこから生まれる利益も膨大です。
    今回はそんなポータルサイトについての詳細を紹介します。
    ポータルサイトといっても、決して種類は一つではありませんので、総合型で太刀打ちできなくとも、専門型ならば勝負できるかもしれません。

    ポータルサイトとは?ホームページとの違いと合わせて解説

    ポータルサイトという言葉の意味ですが、ウェブページの入り口のような意味合いがあります。
    広い視野を持ってみれば、ホームページの一種なのですが、通常のホームページに比べると、とても巨大な存在であるという違いあります。
    インターネット上には、さまざまなホームページが存在していますが、それらのホームページにたどり着くための入り口となるのがポータルサイトなのです。
    ほとんどのポータルサイトは、大手のIT企業が持っていることが多く、誰もが知っているサービスになっています。
    もう少し簡単に表現すれば、総合的な情報を扱っているホームページが、ポータルサイトと言っても良いでしょう。
    検索窓を利用して、さまざまなホームページを検索することもできますし、天気の情報だったり、地図の情報だったりが記載されているものです。

    ポータルサイトの種類と有名ポータルサイト例

    ポータルサイトには、たくさんの種類があります。
    ポータルサイトといっても、どんなポータルサイトを指しているかは違ってくるので、それを踏まえたうえで、確認していきましょう。

    総合型ポータルサイト

    まず、最も身近な存在と言えるのが、総合型ポータルサイトでしょう。
    これはポータルサイトの意味そのもののコンテンツになっていて、Yahooが提供する総合型ポータルサイトが有名です。
    ほとんどのコンテンツの入り口になっているので、ここを通じてさまざまなホームページに行くことができるのです。

    検索タイプ

    次に、こちらも身近な存在で検索タイプのものがあります。
    検索をして、さまざまな情報を探すことができるポータルサイトを指しています。
    最も有名なのは、Googleのコンテンツだと言えるでしょう。
    かつては、Yahooも同じような存在として存在感を示していましたが、現在はYahooもGoogleの検索システムを利用して運営されています。

    地域型ポータルサイト

    ほかにも地域情報に特化したものもあり、こちらは地域のフリーペーパーを思い浮かべると良いでしょう。
    地域のフリーペーパーがホームページになったような存在で、ポータルサイトのリンクをたどることによって、さまざまな地域のお店の情報に触れることができます。
    こちらの地域型ポータルサイトは、自治体そのものが運営していることも珍しくありません。
    また、範囲の狭いポータルサイトもあり、それが専門型のポータルサイトです。
    仕事を探している人は、求人情報サイトや転職エージェントといったサービスを利用することが当たり前になってきていますが、これも専門型のポータルサイトと言えるでしょう。
    こういったホームページは、そのジャンルに関連する事柄を幅広く取り扱っているのです。

    その他ポータルサイト

    ほかにも、賃貸情報を数多く掲載した不動産ポータルサイトなどもありますし、特定の情報を深く掘り下げているのが最大の特徴だと言えるでしょう。
    さらに範囲の狭いポータルサイトには、社内ポータルサイトもあります。
    こちらはオープンなものではなく、クローズドなものです。
    企業の社内情報がやり取りされるサイトのため、誰もが気軽に閲覧できるわけではありません。
    基本的にこういった社内ポータルサイトが必要なのは、大企業であることが多いので、小さな企業がこういったコンテンツを有しているのは珍しいです。

    ポータルサイトの活用事例

    総合的な情報を扱うサイトについては、これから新規参入するのは非常に難しいと言えるでしょう。
    総合型のポータルサイトの成り立ちは、ほとんどがインターネットの黎明期から参入しているような企業です。
    そのため、ポータルサイトを活用するとなれば、なんらかの情報に特化したサービスを構築していくのがおすすめです。
    また、ある程度規模の大きな企業ならば、社内ポータルサイトを設けるのも良いでしょう。
    社内ポータルサイトをうまく利用することができれば、社内での情報共有が促進されるので、仕事の効率アップにもつながります。
    さらに、専門型のポータルサイトは、狭く深くを目指すサイトになりますので、検索エンジンの評価されやすいです。
    情報量が多くなってくると、検索エンジンからの流入を期待できるサイトなので、ビジネスの観点から考えれば、専門型のポータルサイトは見逃せない存在だと言えるでしょう。

    ポータルサイトの作り方

    ポータルサイトの作り方としては、自分たちで用意するか、業者に依頼するかになってきます。
    しかし、こういったサイトは巨大なサイトになっていますので、ある程度サイトのことを知っている人物が中にいなければ、運営していくのは難しいと言えるでしょう。
    業者に基礎を作ってもらい、それを社員が更新していくという形ならば問題ありませんが、基礎から運営までを業者に任せる場合には、莫大なコストが必要になってきます。
    さらに、ポータルサイトは情報の量が膨大なので、それを探しやすい構造にすることも忘れてはなりません。
    ユーザーがどの情報がどこにあるのかがわからなければポータルサイトとしての価値は下がってしまいますので、最初の構想が非常に重要だと言えるでしょう。
    最初にしっかりとどういったサイトにしていくのかを考えておかなければ、使いにくいサイトになってしまう可能性があるのです。

    ポータルサイトの作成も可能な制作会社については以下記事を参考にしてください。

    ポータルサイトを運営するメリットとデメリット

    メリット

    ポータルサイトを運営するメリットは、サイトが軌道に乗ってくると、かなりの利益を生み出してくれるというものです。
    ポータルサイトというのは、入り口のような存在なので、自社のポータルサイトがユーザーに認識されれば、どこのホームページに行くのにも、自社サイトを通過してもらえるといった状況を作り出すことができるのです。
    これはネットビジネスにおいては、非常に有利な情報と言えるでしょう。

    デメリット

    また、ポータルサイトを運営するデメリットは、軌道に乗るまでが大変であるということです。
    いくら膨大な情報を扱っていても、ユーザーがいなかったり、検索エンジンからの評価が悪かったりすると、その情報を活かすことができません。
    また、膨大な情報量を扱うので、サーバー管理が大変な場合や運営に大きなコストが必要となってしまうというデメリットもあるでしょう。
    このようなメリットとデメリットを踏まえると、ある程度軌道に乗ってくるまでは、我慢しながら運営しなければならないのです。
    その代わり、一度軌道に乗ってくれると、そう簡単にはその地位は揺らぎません。

    ポータルサイトでファンを獲得しよう

    ポータルサイトについて理解したのではないでしょうか。
    ポータルサイトを有する企業は非常に強いです。
    自社のサイトが多くのユーザーに認知される状況になった場合、その企業には膨大な数のファンがいるということになります。
    そうしたファンを味方につけてビジネスを展開することができるので、ネットにおいてこれほど有利なことはなかなかないのではないでしょうか。
    総合型ポータルサイトに参入するのは難しいですが、専門型ならばコツコツと取り組んでいけば、今からでも可能でしょう。

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載