意外と知らない「ランディングページ」について|意味と使い方、作成の費用感やデザインテンプレートに関して

最終更新日 

ランディングページは、ネットコンテンツの利用者を獲得するためには、非常に重要なページになっています。
ランディングページはユーザーに対して、商品の購入やサービスの利用を促すためのページというとらわれ方もしますので、しっかりと丁寧に作成しているか、作り込まれているかがその後の結果に大きく関係してくるのです。
今回は、そんなランディングページの詳細やランディングページの作り方を紹介していきます。
また、業者に依頼した際の費用についても紹介していますので、今後、ランディングページを作成しようと思っているのならば、ぜひ確認してみてください。

ランディングページとは?正しい意味と使い方に関して解説

そのままの名称が使われることもありますし、LPという略称で使われることもあります。
ランディングページは、自社のコンテンツとユーザーが最初に接点を持つ場所だと考えればわかりやすいでしょう。
たとえば、検索エンジンを利用して、最初に訪れるページ、最初に接点を持つページはランディングページと呼べます。

ランディングページの作成方法|企画、構成、デザイン、実装、テンプレート

まずランディングページの見た目は、縦に長く、閲覧にはかなりのスクロールが必要なことが特徴です。
ランディングページは、その1ページだけで、ユーザーにいろいろなことを問いかけるような作りにする必要があります。それ故、どうしても縦長になってしまうのです。

ランディングページの構成

ランディングページの構成としては、リンクはできるだけ少なくする必要があるでしょう。
リンクは、ユーザーに利便性を提供する代わりに、ランディングページからの離脱を招いてしまうものになります。
リンクがあると、それをたどってみたくなるものなので、離脱を防ぐために、必要のないリンクはすべて省くのが重要になってきます。
基本的には、コンバージョンに関連するリンクのみを残す形になって、注文や問い合わせボタンが該当するでしょう。

ランディングページ作成のポイント

ランディングページの構成を考える際には、もう一つ注意しなければならないことがあります。
それが、ページ内の情報を必要なものに厳選するというものです。
ランディングページはとても縦長のページなので、余計な情報が記載されていると感じるかもしれません。
しかし、実際に良くできたランディングページを確認してみると、余計な情報はほとんど記載されていないことがわかります。
あくまでもサービスや商品の良さを紹介するページになっているので、それ以外は記載しないようにするのです。
ただし、商品の良さを紹介するだけではだめで、あくまでも誘導ページになっているので、誘導に関する部分もしっかりと作り込まなければなりません。

ランディングページを作る意味とは?ホームページとの違いについて

ランディングページをより理解するためには、ホームページとの違いを把握しておくのも良いでしょう。
ランディングページとホームページの大きな違いは、扱っている情報の範囲です。
ホームページの扱う情報というのは、非常に広い情報になっていて、さまざまなことをユーザーに伝えるために作られます。
しかし、ランディングページは、購入や問い合わせ、資料請求といったコンバージョンに関連する物事だけを追求したページになっているのです。
構成面の大きな違いとしては、リンク数でしょう。
ホームページは、リンクをしっかりと配置して、できるだけユーザーにいろいろなページを回ってもらいやすいように設計しています。
しかし、ランディングページは、極力リンクを省いて、離脱を防ぐような設計になっているのです。
ランディングページは、見た目が縦長なページなので、普通のホームページとはまったく違った見た目になっています。

ランディングページを使って集客に成功した事例

ランディングページを有効活用して、集客に成功した事例を確認することは重要です。
本来、ランディングページとは、コンテンツとユーザーの最初の接点という意味合いが強いですが、実際に運用するとそう簡単にはいかないこともあります。
そこで、たくさん人が来るページからランディングページに誘導する形を作るのです。
SEOに強いページを持っているコンテンツは、元々、集客数という意味では優秀になります。
そのため、ランディングページを設けて、しっかりとユーザーを誘導することができれば、成功を収められる可能性は高くなります。
これは、効果的なランディングページの活用方法と言えるでしょう。

ランディングページを外注する際の費用感と注意点

ランディングページ作成の注意点

ランディングページを作成する際の注意点として、外注が必須になってくる可能性が高いというものです。
ランディングページは、通常のウェブページを作成するのとは勝手が違います。
そのため、こういったページ作成を専門に行っているデザイナーや企業仕事の依頼するのが普通です。

また、作成する際に必ず注意しておきたい点が、ランディングページというのものは、元々、集客力があるページと相性が良いという点です。
逆に、ランディングページにユーザーを呼び込むのはなかなか大変になります。
なぜならば、ランディングページというのはSEOという観点から考えると、それほど効果的ではありません。
むしろ、画像や動画が多くあり、検索エンジンが理解しにくいページになっていますので、その点は注意する必要があるでしょう。
さらに、文字以外のたくさんのコンテンツを配置することになるので、1ページにコンテンツを詰め込む必要があります。
そうすると、どうしても通常のページに比べると、ページ容量が大きくなってしまいがちです。
最近の検索エンジンは、ページ容量が大きく、表示に時間がかかるようなコンテンツを良しとはしないので、その点の工夫も必要になってくることでしょう。

ランディングページを外注する際の相場

1ページあたりの外注費用はかなりの金額になってくる可能性が高く、場合によってはホームページを一つ作成するのと同等の金額が必要になってくることもあります。
大体、ランディングページ作成の費用の目安は10万円から40万円程度になってくるでしょう。
しかし、最近はウェブページも進化しているので、最新の技術を導入するような場合には、まだまだ費用がかさんでくる可能性があります。
このようにランディングページを作成したからといって、アクセス対策をしなくても良いというわけではありませんので、魅力的なランディングページの作成と同時進行でアクセス対策も施していく必要があるのです。

優れたランディングページの作成で集客率のアップを目指そう

ランディングページの重要性についてかなり理解が進んだことだと思われます。
集客数はまずまずだが、なかなかユーザーが行動してくれないというようなコンテンツの場合は、洗練された誘導ページがきっかけとなって、爆発的に売り上げが高まる可能性があります。
そのためには、魅力的なページをプロのデザイナーに作成してもらう必要があるでしょう。

下記記事ではランディングページの作成も可能な制作会社を紹介していますので参考にしてみてください。

東京でおすすめのホームページ制作会社15選!格安制作会社も紹介

大阪でおすすめのホームページ制作会社15選!格安の制作会社も紹介

福岡でおすすめのホームページ制作会社15選!格安制作会社も紹介

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載