iDoperationの料金・評判・口コミについて

    多くの企業が抱える特権ID管理の課題を解決し、特権IDの安全な利用とリスクの可視化を支援する「iDoperation」について紹介します。

    特権ID管理において、課題となりがちな、「IDの管理台帳が更新されず特権ID・特権ユーザー・権限を把握できない」、「パスワードの変更作業における手間やアカウント突合わせ点検に時間がかかる」、「特権IDの貸し出しにおけるセキュリティに不安がある」といった課題を解消して、セキュリティの強化もできるソリューションとして注目されています。

    本記事では、iDoperationの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    iDoperationとは

    iDoperationとは、NTTテクノクロス株式会社が提供している特権ID管理のためのソリューションです。

    Administratorやrootといった特権IDの管理において発生しがちな課題が、これ1つで解決できることから、幅広い業界の企業に導入されています。

    実際にiDoperationを導入した企業からは、「監査指摘がゼロになった」、「対応工数が大幅に削減された」、「セキュリティが強化され、監査の省人化を実現できた」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

    iDoperationの実績

    シェアNo.1の特権ID管理ツールとして、エンタープライズを中心に、業種や規模を問わず幅広い導入実績があります。

    iDoperationのおすすめポイント

    特権ID管理に必要な機能をオールインワンで提供

    iDoperationは、特権ID管理に求められる3つの運用「特権IDの管理」、「特権IDの利用」、「特権IDの点検」をすべて実現し、求められる監査レベルに応じた基本機能を1つのパッケージで提供することができます。

    また、必要な機能を選んで採用できるため、特権IDの管理と利用を基本機能としつつ、点検機能を組み合わせた導入も可能です。

    監査対応実績100%

    iDoperationは、これまでに様々なクライアントの監査事例をもとに、製品改善を続けており、監査対応実績は、100%(2012年からの当社実績)を実現しています。

    豊富な監査レポートだけでなく、「監査人向け説明マニュアル」を用意しているため、導入企業が効率的に監査対応ができるようにサポートすることが可能です。

    毎年のバージョンアップでユーザの声を取り入れ、IT環境の変化や各種法令の改正などに対応して機能強化を続けており、監査対応に関わるクライアントからのニーズには最優先で対応しています。

    クラウドサービスの特権ID管理も可能

    AWSやAzure、Googleなどのクラウドサービスの特権ID管理にも対応しています。

    iDoperationは、アクセス元で特権IDの貸出しを行うクライアント型の特権ID管理ツールのため、アクセス経路が特定できないような環境でもアクセス制御を行うことができます。

    導入環境に合わせて、クライアント型とゲートウェイ型を組み合わせたハイブリッド構成で導入することも可能です。

    自動化による管理工数の削減

    iDoperationの導入効果として、特権ID管理に関する作業の多くを自動化できる点が挙げられます。

    例えば、アクセスログと申請書の突合せ点検などの監査対応業務や、定期的なアカウント管理作業の自動化が可能で、導入企業の中には「監査対応工数を80%削減できた」、「サーバの特権ID管理における業務負荷が10分の1になった」といった事例もあります。

    iDoperationの主要機能と運用イメージ

    特権IDの管理・利用・点検における主な機能

    iDoperationを使った特権ID管理の運用イメージ

    iDoperationは、特権ID管理で求められる3つの管理運用「特権IDの管理」、「特権IDの利用」、「特権IDの点検」に対応します。

    iDoperationの価格

    「iDoperationを使って、どこまで管理したいのか」という目的を整理すると、適切なライセンスを選択することができます。

    使用する機能や管理対象システム数、利用期間に合ったライセンスの選択が可能で、クライアントの導入計画や、目的に合わせて最適なライセンスを選ぶことができます。

    iDoperationの導入事例・評判

    アカウント棚卸作業がラクになり、業務負荷も10分の1以下になりました

    “特権ID管理のチェックを効率化するためにiDoperationを導入しました。iDoperationはレポーティングまでの一連のプロセスが一気通貫でできる点が導入の決め手でしたね。これまでシステムに散在していたアカウントを1,000から200ぐらいまで絞ることでき、アカウントの棚卸作業がラクになりました。業務負荷は10分の1以下になっています。”(株式会社ダイナム様)

    IT全般統制の強化とインフラ運用の負荷軽減、セキュリティレベルを向上

    “従来利用していた特権ID管理ソリューションはクラウド化ができず、BCP対策としてもこれはよくないと思いiDoperationを導入することにしました。ツール切り替え後も以前の統制行為が行える体制が維持できているのはいいですね。また、不正なアクセスがないかを自動で点検する機能があるため、セキュリティレベルの向上につながっています。”(ヤマハ発動機株式会様)

    iDoperationの詳細について

    iDoperationについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    特権IDの管理はExcelを活用してコストを抑えるケースも多いですが、管理するIDが増えるごとにどうしても煩雑化し、作業における工数もかかります。

    iDoperationであれば、特権ID管理に必要な機能がオールインワンされており、煩雑な特権ID管理の自動化と業務の効率化を可能とすることができます。

    iDoperationのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    iDoperation
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載