営業電話を可視化・効率化する唯一無二のサービス、『MiiTel』(ミーテル)とは?

最終更新日 

新型コロナウイルス対策としてテレワーク環境での働き方が定着してきた現代において、電話業務を行う企業では様々な課題が浮き彫りとなりました。

テレワーク環境においても、以前と変わらない電話業務を行わなければならないだけではなく、管理する側も顔が見えない状況の担当者をどのように育成していくのか、セールスにおける電話業務をどのように変えていくかと課題は様々です。

今回は電話営業とコールセンター業務の可視化、効率化ができるツールとして注目の『MiiTel(ミーテル)』を運営されている株式会社RevComm(レブコム)様にインタビューさせていただきました。

営業電話に改革を起こす『MiiTel』とは

――『MiiTel』とは、どのようなサービスなのかを教えていただけますか?

株式会社RevComm様:『MiiTel』は電話営業、コールセンター 、カスタマーサポートにおけるアウトバウンド、インバウンドコールの業務効率化、営業生産性を大幅に改善するAI搭載型のIP電話サービスです。

当社では、電話営業·インサイドセールス·デジタルセールス·リモートセールスの、ブラックボックス化問題を解消し、営業生産性を飛躍させることを目的としています。

このブラックボックス化問題とは、顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からないという問題で、 『MiiTel』ではこの課題を解決することで成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。担当者自ら学ぶセルフコーチングツールとして、リモートワーク環境の早期構築ツールとして幅広い業界でご活用いただいております。

――『MiiTel』の特徴や強みは何ですか?

株式会社RevComm様:まず1つ目の特徴は、前述のブラックボックス化問題の解消です。AIが電話内容を自動文字起こし、録音します。その内容は、SalesforceやKintoneなどのCRMツールと連携され、アフターコールワークの議事録作成が不要になるほか、会話の抜粋共有も簡単です。

そして2つ目はセルフコーチングを実現することです。AIによる電話解析・分析で、トーク内容を数値化します。具体的には、話速、会話の被せ率、ラリー回数、Talk:listen比率、沈黙回数、抑揚等を定量的に評価することで担当者自ら振り返りスキルを向上させることが可能です。

3つ目はテレワーク環境の早期構築です。インターネット環境があればどこでも利用できるIP電話なので、固定電話があるからと出社する必要なく、在宅でもカフェにいても、普段と変わらず業務を継続することが可能です。

これらの特徴を持つ競合サービスは日本にはありません。

解析機能がないシンプルなIP電話を提供している会社や「音声認識技術を持っている会社」などMiiTelの特徴の一部を切り出した際に、競合と呼ばれる会社は存在しますが、それらすべてを合わせもつサービスは現時点で国内では無いと認識しています。また、『MiiTel』は、初期費用や契約の縛りがなく、1ID·単月から導入可能という点も特長です。ユーザー数は、11,500ユーザーを突破し、2,200万件以上の電話業務に『MiiTel』が利用されています。

『MiiTel』誕生のきっかけはなんだったのか

――そもそもどうして『MiiTel』を始めようと思ったのですか?

株式会社RevComm様:きっかけとなったのは、私(代表取締役 会田)が前職時代にウクライナやサウジアラビアにて事業を立ち上げていた際に、インサイドセールスのブラックボックス化問題に直面したのが大きなきっかけです。

日本社会では、「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」が優先されることが往々にしてあるため、コミュニケーションコストが高くなりがちな点にペインを感じていました。

ここに一石を投じることで、日本の生産性は飛躍的に高まると信じ、事業の方向性を「AI×Communication」に定め、事業の最終的な到達目標を「経営判断AIを創出するプラットフォーム作り」に決め、どのようなサービスを作ればよいか突き詰める作業を繰り返しました。

その結果、電話でのコミュニケーションを通じて営業を行う「インサイドセールス」という領域にたどりつき、営業電話の効率をAIの力を用いて最大化する『MiiTel』が生まれました。

最初から『MiiTel』のアイディアがあった訳ではなく、「誰の·どんな課題を·どのように解決するのか」を突き詰めたら『MiiTel』に辿り着いた形ですね。

『MiiTel』のビジネスモデルとは

――『MiiTel』のビジネスモデルを教えていただけますか?

株式会社RevComm様:端的にいうと、SaaS型のサブスクリプションモデルです。

『MiiTel』は、成約率を上げ、教育·架電·設備コストを下げることを目的としたサービスで、その対価として、1つのIDにつき月額5,980円というご利用料を頂戴しています。
※その他細かい条件はあり

『MiiTel』の目指すものとは

――貴重なお話をありがとうございます。最後に今後の展開を教えていただけますか?

株式会社RevComm様:今後の展開としては4つあります。

まず1つ目は、『MiiTel』の技術を活用して自動でアポ取ることができるAIを完成させることで、「人間を電話営業から開放する」ことです。

2つ目は事業領域の拡大です。現在取り組んでいるセールス領域の次はミーティング、その次はビジネスセッション、さらに経営判断AIと、カバーできる領域を広げていく予定です。

3つ目は、ソフトウェア作りからプラットフォーム作りへの展開です。訪問営業用の解析アプリなどをローンチして、日本の生産性を飛躍させることにコミットしていきたいと考えています。

訪問営業用の解析アプリなどをローンチして、日本の生産性を飛躍させることにコミットしていきたいと考えています。

4つ目は海外展開です。『MiiTel』の技術を用いてインバウンドだけでなくアウトバンドにおいても更なる飛躍を考えています。

インタビューから見えた『MiiTel』とは

今回、株式会社RevComm様にインタビューさせていただき、『MiiTel』について貴重なお話を伺うことができました。

コールセンターやカスタマーサポートなどの電話業務は今後も企業にとっては欠かせないものであり、電話業務の効率化·生産性の向上を実現できる『MiiTel』はますます成長する可能性を秘めたサービスと言えます。

電話業務を行う企業であれば誰しもが抱えるであろう課題を根本から解決し、人材育成のコスト削減ができる『MiiTel』は実際に導入企業からも、「人材育成にかける時間を半分以下に削減できた」、「新入社員のアポ獲得率が1.5倍になった」、「架電回数が140%UPした」など確かな効果を感じている声が挙げられています。

今では多くの企業が取り入れているリモートワーク·テレワークのような離れた拠点での電話業務にも『MiiTel』は早い段階から対応しており、今後も業界をリードしていく確かな発展性が期待できます。

今後、リモートワークでの電話営業を取り入れたい企業はもちろん、今現在電話業務において課題を抱えている企業、コストを抑えて電話営業の効率化を図りたい企業にも、『MiiTel』は自信を持っておすすめできるサービスですので、このインタビューを読まれた方は導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

今回お話を伺ったサービス:MiiTel

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部