• スマレジ·ウェイターの料金·評判·機能について。完全無料で使える?

    最終更新日 

    人材不足の時代には少しでもオーダーや会計をスムーズにしたいものです。
    オーダーミスなどを避け、スマートに飲食店を回していくためにニーズが高まっているのがPOSレジやクラウドPOSと連動できるスマホを使ったオーダーシステムです。
    その1つであるスマレジ·ウェイターの特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

    スマレジ·ウェイターとは

    スマレジ·ウェイターはiPadやiPhone、iPod touchなどのモバイル端末を使って、飲食店のオーダーが簡単にできるようになるシステムです。
    注文が確定するとあらかじめ設定しておいたプリンターを用いて、キッチン伝票がプリントアウトでき、ホールとキッチンがスムーズに連携できるようになり、オーダーの伝達ミスなどが防げます。

    スマレジ·ウェイターの特徴·機能

    スマレジ·ウェイターの特徴や機能を詳しく見ていきましょう。

    メニュー登録と売切れ·残数管理

    飲食店独自のメニュー情報を登録でき、飲み放題プランや季節限定メニュー、数量限定メニューなどさまざまなオプションの設定もできます。
    売切れ管理や残数管理ができるのも便利です。
    数量限定メニューの提供数をあらかじめ登録しておけば、アプリで残数の確認ができ、残数が0になればデータを共有しているすべての端末からオーダーが入れられなくなります。すでに完売になっているのに注文を受けてしまい、お客様に謝ることや残念な思いをさせずに済みます。
    食材切れなどの事情で、急遽提供ができなくなった際にも、すぐにその場で売切れ設定ができるのも便利です。

    セルフオーダー機能

    QRコードによるセルフオーダー機能が、標準搭載されています。
    新規注文時に伝票にQRコードを印字し、お客様がスマホなどで読み取って、各自で注文していただく機能です。
    人手不足の解消や混雑時のスピーディーなオーダー、確認ミスなどによるオーダーミスを防ぐことができます。

    情報はクラウドで管理

    データは即座にクラウドと繋がって管理することができます。
    店長やマネージャーなどは、お店にいなくても、いつでもどこからでも店舗のテーブルの状況や売上などを確認できるのが便利です。

    スマレジ·ウェイターの強み

    スマレジ·ウェイターはiPhoneやiPadなど飲食店が有している手持ちの端末を利用することができます。
    専用ターミナル端末を購入する必要がないので、低コストでの導入が可能です。
    クラウド型POSレジシステムのスマレジと連携させれば、売上状況の分析(ABC分析)もリアルタイムででき、飲食店経営の効率アップやすぐにその場で戦略を練って売上向上が目指せるようになります。
    別途、ウェイターBOXと呼ばれる店舗内サーバーをオプションで設置すれば、万が一、インターネットが途切れてしまっても、いつも通りオーダーを取って営業を続けることが可能です。ウェイターBOXに保存された注文データは、インターネットが復旧した段階で、自動的にクラウドに同期されるので、バックアップ体制も万全です。

    スマレジ·ウェイターの価格·料金プラン

    スマレジ·ウェイターにはオーダーエントリーシステムだけを利用できる、完全無料のスタンダードプランと、スマレジと連動させた有料プランがあります。
    スタンダードプランは1店舗のみの小規模な飲食店向けで、オーダー管理とテーブル管理ができます。メニュー登録は1,000件まで、連動プリンターやハンディ端末は1台のみ限定ですが、初期費用も月額費用もかかりません。
    有料のフードビジネスプランはスマレジと連携し、オーダーから配膳、会計までをスムーズにできます。
    初期費用はかからず、月額10,000円で利用できます。
    メニュー登録は10万件まで、連動プリンターは台数無制限、ハンディ端末は1店舗5台まで、6台以上は1台につき1,200円で追加が可能です。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    スマレジ·ウェイターの注意点

    スマレジ·ウェイターは初期費用なし、完全無料のプランや月額10,000円で利用できる低コストさが魅力です。
    ただし、iPhoneなどの端末やプリンターがない場合には、導入にあたって用意しなくてはなりません。
    スタッフの数だけiPhoneを購入するなどとなれば、それなりのイニシャルコストがかかるので注意しましょう。

    スマレジ·ウェイターの口コミ·利用企業からの評判

    データ管理がしやすくスタッフもスムーズに使いこなせる

    “一般的なPOSレジより導入コストがかなり安く抑えられ、データを管理がしやすいのが魅力です。複数店舗を運営していても、いつでも誰でも全店舗を管理できる環境も便利です。売上管理はもちろん、銀行入金額などもすぐに確認でき、客層やスタッフごとの販売情報もリアルタイムで把握できます。ABC分析なども手軽にできるため、原価計算もしやすくなりました。若いスタッフはスマホ世代なので、新人が入っても研修時間も省けます。メニューの入れ替えも簡単にでき、若いスタッフが自ら進んでササっとやってくれるのも助かっています。”(旬魚と季節の和酒 きさらぎ 新橋店様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスである「でん票くん」は飲食店向けのPOSレジ機能とiPadやAndroidなど市販のタブレットをハンディターミナルとして活用できるクラウド型のオーダーエントリーシステムです。
    飲食店の規模も問わず、店内に無線LAN環境があれば、すぐに導入が可能です。
    料金は初期設定開設費用が10,000円(税別)、プリンター接続をするレジ版プランの場合、プリンター1台接続で月額2,000円、プリンター2台以上接続は月額3,000円(税別)となります。
    ただし、12ヶ月単位で契約しなければならず、支払いは年1回払いのみのため、プリンター1台なら24,000円、2台以上は36,000円となります。
    スマレジ·ウェイターは小規模な店舗でオーダーエントリーだけを利用したいなら、初期費用も月額費用もかかりません。手持ちの端末やプリンターがあれば、コスト負担もなく利用できます。一方、有料のプランでも、端末やプリンターなどがあれば、初期費用はかからず、毎月10,000円で利用できるのが便利です。

    スマレジ·ウェイターでスマートな飲食店運営を

    スマレジ·ウェイターはスマホを使って簡単にオーダーが取れるようになり、キッチンとの連携をスムーズにしてくれるシステムです。
    有料プランならクラウド型のPOSレジと連動させ、会計までスムーズにできます。
    さらにデータはすべてクラウド管理されるので、リアルタイムでお店の売れ行きなどを把握できるなど、お店のマネジメントにも役立ちます。

    画像·データ出典:スマレジ·ウェイター公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部