• レストランボードの料金·評判·機能について。基本料金0円で始められる?

    最終更新日 

    近年は、予約や顧客管理などの飲食店業務を効率化させるために、業務支援サービスを活用するお店が増えている状況です。
    そこで、本記事では、集客と接客に便利と評判のレストランボードについてご紹介し、機能、特徴、価格についても解説いたします。

    レストランボードとは?

    レストランボードは、株式会社リクルートライフスタイルが提供している予約台帳アプリです。
    飲食店向け業務を支援する機能がいろいろと搭載されており、基本機能だけなら0円で利用できることから、レストラン、カフェ、居酒屋など多くの飲食店で導入されています。

    レストランボードの特徴·機能

    ここからレストランボードの機能や特徴を紹介してきます。

    予約管理機能を搭載

    レストランボードの特徴は、予約管理機能が搭載されていることです。
    予約台帳を使うことで、お客様からのご予約や登録作業を効率的に行うことや顧客情報の管理がしやすくなります。
    予約状況はリアルタイムで確認できますし、ほかのスタッフとの共有も可能なので、ダブルブッキングのリスク軽減にも役立ちます。

    着席の状況がわかるテーブル管理

    テーブル管理機能が搭載されていることも、レストランボードの特徴です。
    席ごとにテーブルに着席してからの経過時間が表示されるので、席の稼働状況や空席の把握がしやすくなります。
    ネット予約の情報と空席情報を連携させることも可能です。

    操作が簡単

    レストランボードの画面はひと目でわかりやすくデザインされています。
    アプリに慣れていない従業員でも、直感的に操作することができるのです。

    メッセージ配信などオプション機能も充実

    レストランボードには、メッセージ配信やネット広告配信などのオプション機能がいろいろと用意されています。
    ホームページ作成機能は用意されているテンプレートを選ぶだけなので、HTMLやプログラミングなどの専門スキルをお持ちでない方でも、簡単に扱うことができます。

    レストランボードの強み

    レストランボードの強みは、信頼性が高いことです。
    大手企業のリクルートグループの会社が提供しているアプリなので、安心して導入することができます。
    しかも、基本機能だけであれば、費用はかからないので、導入コストもかかりません。
    また、Airレジなどほかのサービスと連携することで、より便利に活用できる点もレストランボードの強みとなっています。
    有名グルメサイトのホットペッパーグルメと提携も可能です。

    レストランボードの価格·料金プラン

    レストランボードの料金は、テーブル管理などの基本機能の料金だけであれば0円です。
    アカウント数の制限はありません。
    メッセージ配信やネット広告配信などのオプション機能を使う場合には、料金が発生しますが、詳細な料金については公表されていないため、お問い合わせが必要です。
    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    レストランボードの注意点

    レストランボードの注意点は、海外では利用できないことです。
    日本国内での利用を想定して開発されたアプリなので、海外の店舗で利用する場合には、サポート対象外となってしまいます。
    また、レストランボードは利用できるOS、ブラウザ、端末が限られています。
    動作環境や動作端末についても、導入前に確認が必要です。

    レストランボードの導入事例·利用企業からの評判

    画面がシンプルで使いやすい

    “激しい外食産業で生き残っていくためにIT化への対応は避けて通れないと考え、レストランボードを導入しました。画面がシンプルでわかりやすく簡単なのが良いですね。今後の追加機能にも期待しています。”(THE DAD BOD様)

    Airレジと一緒にレストランボードを全店に導入した

    “Airレジと合わせてレストランボードを全店に導入しました。アルバイトスタッフはスマホの操作に慣れているため、スムーズに導入できました。”(鳥放題 宇都宮宇大前店·ダイニングファクトリー様)

    類似サービスとの比較

    レストランボードと似たようなサービスとしては、株式会社トレタが提供しているTORETAがあります。
    ぐるなびなどのグルメサイトとも連携できることから、飲食店での利用に最適なアプリです。
    TORETAは、レストランボードと同様に予約台帳や顧客台帳などの機能が搭載されており、音声録音や手書きメモが利用できる点が、TORETAの特徴となっています。
    TORETAの料金については公表されていないので、レストランボードと価格面での比較はできません。
    ただし、TORETAはiPad専用アプリとなっていますので、それ以外の端末でも使いたい場合には、Android端末に対応しているレストランボードのほうが使いやすいです。

    レストランボードで飲食店業務の効率化と売上アップを

    シンプルな画面で直感的に操作できるレストランボード。
    基本機能だけなら無料で導入できる手軽さも魅了的です。

    飲食店での業務を効率化するには最適なサービスと言えますので是非導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:レストランボード公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部