LIXILリアルティの社宅代行サービスの料金・評判・口コミについて

    福利厚生の一環として、社宅制度を導入している企業は多いですが、社宅を自社で管理する際の業務負荷が大きく、課題に感じている方も多いのではないでしょうか。

    社宅となる物件探しから入居手続き、家賃の支払い管理、契約の更新・解約手続きなど、社宅業務は多岐にわたり、専門知識が必要なケースも多いです。

    社宅業務に課題を抱えている方は、社宅代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

    LIXILリアルティの社宅代行サービスは、企業の立場にたったサービスとして注目されています。

    本記事では、LIXILリアルティの社宅代行サービスの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    LIXILリアルティの社宅代行サービスとは

    LIXILリアルティの社宅代行サービスとは、株式会社 LIXILリアルティが運営している社宅代行サービスです。

    企業のニーズから生まれたサービスであるため、従来の不動産業界から派生したサービスとは違い、企業側の立場にたったサービス提供を実現しています。

    総務目線の豊富なノウハウを持っており、高品質なサービスを提供、LIXILのグループ会社の社宅代行のみではなく、その他の委託契約企業からも多く導入されている実績があります。

    LIXILリアルティの社宅代行サービスのおすすめポイント

    コスト削減が可能

    社宅業務のアウトソーシングには、委託費用が発生するものの、さまざまな効果が期待できます。

    例えば、月々の支払先がLIXILリアルティへ一本化されることで振込手数料が大幅に削減できますし、社宅解約精算時の原状回復費用も適正化を図ることができます。

    社宅管理件数が多いほど、高いコスト削減効果を実感できるサービスとなっています。

    業務削減を実現

    LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、社宅業務を丸ごとアウトソーシングして一元管理してもらうことができ、自社で家主や、管理会社、不動産会社にコンタクトを取る手間を省くことが可能です。

    社宅業務をアウトソーシングすることで業務時間に空きができ、企業側は本来のコア業務に注力する時間を増やすことができます。

    業務全般を代行してくれるスタッフは、豊富な経験とノウハウを持っているため、その業務品質は高く、実際に今までの業務の80%を削減できたという実績があります。

    柔軟なサービス対応

    LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、蓄積されたノウハウをもとにリーズナブルなサービス提供を心がけており、企業ニーズに応じたカスタマイズ、社宅業務の付帯サービスなどを実現しています。

    また、セキュリティ対策も万全で、マイナンバーなどの個人情報の取り扱いにも十分な配慮がされており、情報の漏洩や改ざん、紛失、不正アクセスの防止などの対策を実施しているため、安心して利用できます。

    もちろんシステムのデータについては、バックアップもされており、日々セキュリティ対策の更新がされています。

    豊富な物件情報を提供

    LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、全国に提携不動産ネットワークを構築しており、エリア内の複数会社から豊富な物件情報を提供することが可能です。

    他社不動産会社と競合関係になることなく、業界の垣根を越えたネットワークを実現しています。

    異動社員本人がインターネット上で見つけた物件にも対応可能です。

    LIXILリアルティの社宅代行サービス導入メリット

    費用対効果の検証が可能

    LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、年間の敷金返還率データや更新時の家賃減額データを提供しています。

    費用対効果を検証可能なシステムを自社で実装しており、企業が効果検証を効率的に行うためのサポートはもちろんこと、安心感を持って導入することできます。

    高い業務品質が期待できる

    LIXILリアルティの社宅代行サービスでは、専任担当の設置による窓口の1本化を実現し、業務のサポートを行なっています。

    社宅業務に関する経験豊富なスタッフが代行を行なっているため、企業のニーズに即した高い業務品質が期待できます。

    急な社宅担当者の退職や大量の異動が発生した場合でも、まずは気軽に相談してみることで懇切丁寧に対応してくれます。

    LIXILリアルティの社宅代行サービスの料金·価格

    公式サイトに料金シミュレーターがあるため、気になった方は、まずはそちらを試してみると良いでしょう。

    ※価格情報は、2022年10月時点のもの

    LIXILリアルティの社宅代行サービス申し込みまでの流れ

    LIXILリアルティの社宅代行サービスの申し込みまでの流れは、以下の通りです。

    1. 現状ヒアリング:サービスの案内、導入企業の現状や課題のヒアリングなど
    2. サービス提案・見積提出:導入企業のニーズに応えるサービスの提案、見積の提示
    3. 申し込み:提案内容に問題がなければ申し込み、秘密保持契約書の締結
    4. 導入準備:業務遂行に必要な体制整備や管理データの作成
    5. 業務開始:打ち合わせした業務内容を遂行、最適なサービスの提供

    LIXILリアルティの社宅代行サービスの導入事例・評判・口コミ

    豊富な物件情報に満足しています

    “初めは他社の代行会社にお願いしていたのですが、自社ネットワーク中心の物件紹介になりがちで、満足する情報量がありませんでした。LIXILリアルティさんにお願いしたところ、他社では紹介してもらえなかった地方の社宅物件まで紹介してもらえ、選択肢が増えたことで社員も満足してます。こちらからのさまざまな条件提示にも柔軟に対応してくれるため助かりました。”(匿名希望)

    短期間かつ大量の異動にも対応してくれました

    “工場の移転プロジェクトがあり、1ヶ月間に250件の異動をこなさなければならず、LIXILリアルティさんに相談してみることにしたのです。短期間かつ大量の異動ということで、仲介系や地元不動産系など特徴別に精鋭5社に絞ってご提案いただき、幅広い物件が選択肢としてあがったことで社員も満足していました。大きなトラブルもなく、無事にプロジェクトを完了させることができ、本当に感謝しています。”(匿名希望)

    よくある質問

    社宅代行サービスで、どんな業務を任せられますか?

    総務担当者が担う、新規、更新、解約の主要業務の他、毎月の家賃送金、支払調書のデータ整理などもアウトソーシングすることができます。

    今まで自社で管理していた既存の借上社宅も代行してもらうことはできますか?

    可能です。社宅代行委託契約を締結後に、既存の社宅に関するデータを共有いただき、スピーディに移管作業を行います。

    保険の加入もできますか?

    可能です。企業様が保持する全ての借上社宅に1つの保険契約で包括的に補償する包括保険を提供しております。

    既に他社サービスを利用しているのですが、内容やコストが適正か診断してもらうことはできますか?

    現在利用されているサービスのフロー、問題点や不満点等をヒアリングさせて頂き、LIXILリアルティの対応ノウハウと比較した上で検証をさせて頂きます。

    LIXILリアルティの社宅代行サービスの詳細について

    LIXILリアルティの社宅代行サービスについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    急な異動や担当者の退職などで社宅業務の負担が大きくなり、本来のコア業務へなかなか集中できないというケースはもちろん、他社の代行サービスでは対応してもらえなかった部分をアウトソーシングしたい場合にも、LIXILリアルティの社宅代行サービスはおすすめです。

    サービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    LIXILリアルティの社宅代行サービス
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載