セールスライティングの基本を解説|書き方、コツなど副業にも役立つセールスライティングについて

最終更新日 

商品の魅力を見出してライティングしているはずでも、実際にはあまり売れ行きが良くないという方もいるのではないでしょうか。
ライティングしたからといって、必ず商品が売れるとは限りません。
こちらでは、セールスライティングについての書き方のコツやホームページに活用すべき理由などについて解説していきます。

セールスライティングとは?基本をわかりやすく解説

この商品が欲しいと思ってもらえる文章を書くことを、セールスライティングと言います。
インターネットの中には商品について書かれているサイトが多数ありますが、その中でも欲しいと思ってもらえなければ売れません。

口コミのレビューのようなものでは売れない

商品を購入するときには、実際に使った方がどんな使い心地だったのかは気になる部分です。
しかし、口コミのレビューのようなものは、あくまでも1つの要素であってこれだけでは売れません。
ブログで「●●という商品を使ってみたらこんなに良かったからあなたも使ってみて」と宣伝しても、それだけでは売れにくいのです。
ファンを多数持つインフルエンサーと呼ばれるような人がレビューをすれば違うかもしれませんが、普通の人がブログで紹介したところで何でもないのが現実です。

セールスライティングには型がある

ある程度セールスライティングを書きたいと思ったら、決まっている型があるためそれに従って書きましょう。
文章の中で、ユーザーの立場になり何が不安になるのかを考えて解消し、今すぐにでもこの商品が欲しいと温度感を高く持ってもらうための後押しするようなものを考えなければなりません。

セールスライティングを習得するメリット

これからセールスライティングを身につけて、商品を売りたいと考えている方も多いでしょう。
こちらでは、セールスライティングを書けるようになるメリットについて紹介していきます。

対人でセールス時のスキルもアップする

セールスライティングは文章をどのように書くかでお客様の反応が変わってくるわけですが、何回も書いているうちにお客様に刺さる言葉がわかってきます。
これはサイト上だけでなく、実際に対面で商品の良さを伝えたいというときにも役立ちます。
概念やお客様の心の中に入っていく言葉遣いを覚えられ、今後のセールスにも大いに役立てられるでしょう。

商品が売れるようになりお金も入る

どんなに宣伝をしてもお客様が購入しなければ、在庫ばかりがそのままになってしまいお金が入ってきません。
しかし、商品が売れるような文章を書けるようになると、直接サイトから注文してくれる人が増えるため収入が入ってくるようになります。

心を動かせるようになる

セールスライティングができるようになると、そんなに購入を目的としていなくてたまたま見たという方の心も動かせるようになります。
最初は少し読んでみるつもりだったのに、いつの間にか早く欲しいという気持ちになりそのまま購入するという流れも作れます。
人の心を動かすポイントのようなものを、セールスライティングでは身につけられるのです。

セールスライティングをホームページに活用するべき理由

商品が気になっていたときやその企業の仕事内容や何を取り扱っているのか知りたいと思ったときにはホームページを見に来ます。
まだ商品を購入すると決める前に見に来てくれますので、ホームページにはセールスライティングを上手に盛り込めばお客様の心を掴みやすくなります。
ただの企業紹介にせず、思わず商品が気になってしまうような文章が書ければ、ホームページからも売上を伸ばせるでしょう。

ホームページのほかにメルマガなども活用しよう

もしお客様が興味を持ってくれていてメルマガやLINEのお友達になってくれた場合、セールスライティングをした文章をこちらにも載せて宣伝しましょう。
より興味を持ってくれているお客様へアプローチができますので、文章を見て購入を決意してくれるかもしれません。
ただ見るのが面倒と感じている方は見てくれない可能性がありますので、タイトルにインパクトを持たせるなど工夫は必要です。

セールスライティングをする上でのコツとは

セールスライティングを書くときには、商品を欲しいと思ってもらうコツがあります。
いくつか紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

単なる説明だけでなく利用するとどうなのか伝える

商品の説明をするときには、どんな機能があるのか客観的に解説していきます。
しかし、これだけでは、見ている側はピンとこないものです。
その機能を使うことで、どんな嬉しいことがあるのか魅力をしっかりと伝えて頭の中で自分が使ったらどうなるのかをイメージできるようにしてあげます。

似たような商品がある中でもなぜこの商品がいいのか説明

商品によっては、さまざまなお店ですでに販売されているものも多いでしょう。
競合がさまざまある中でも、なぜうちの商品が良いのかを証明します。
人は数値などのデータを見ると納得しやすいので、実際に実験したデータがあればそれも交えて具体的にどのように良いのか伝えましょう。

購入を迷わないように後押しする

どうしてもネットでは実際の商品を触れないですし、不安を感じてしまいます。
そのため購入を迷わないように、後押しすることも必要です。
たとえば初回購入の方には割引や、サンプルのプレゼントなどを準備し、まずは使ってもらうというところから始めてみましょう。
期間限定のお得なキャンペーンで、「今買わないと損してしまう」という心理に持っていくのもおすすめです。

 BFDフォーミュラを意識する

セールスライティングでは、BFDフォーミュラに当てはめて文章を考えていくようにしましょう。
買い手は何を信じているのか、どんな風に思っているのか、何を求めているのかの3点を意識しながら文章にしていきます。
意識するかしないかで、文章の質が大きく変わってきます。

コピーライティングとの違いとは?

似たような意味に取られてしまいがちなコピーライティングというものがありますが、セールスライティングとは違うものになります。
商品が欲しいとお客様が思い買うまでの、心理面に違いが出てきます。
セールスライティングはお客様に商品を購入してもらうということを目的としていますが、コピーライティングは直接購入を促すというわけではありません。
商品としてこのようなものがあるというのを、印象づける目的があります。
これまでそんなに商品のイメージがなかったのに、関連する言葉などを目にしたらその商品を思い出すというような宣伝の仕方をします。
コピーライティングを見て興味を持ち購入へつながる可能性は十分にありますが、そうであったかどうかを分析するのは困難です。
それに比べてセールスライティングでは販売を目的としているため、効果があったのかなかったのか分析をして改善もしやすいのが特徴です。

セールスライティングで売り上げアップを目指そう

なかなか自社の商品をホームページやブログで紹介しても売れないと感じている方は、セールスライティングのコツを参考にしながら文章を変えてみましょう。
文章を書くのが苦手な方でも、何回もセールスライティングをコツに沿って書いているうちに、お客様の心を掴む書き方がわかってくるものです。
最初は大きな結果が見られなくても、工夫して書いているうちに今まで見えてこなかった感覚を抱けるようになります。
迷ったら自分がお客様だったとしてどんな書き方がされていたら心が掴まれるのかじっくりと考え、文章を考えてみましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載