おすすめ記事作成代行サービス5選|外注サービスに依頼するメリット·デメリットも解説

最終更新日 

Webメディアやブログ、コラムなどのオウンドメディアの運営において課題となるのが、「いかに多くの記事を作成するか」、「記事のクオリティをどうやって向上させるか」という点に尽きると思います。

サイトとしての更新頻度や記事の質はSEO、検索順位に大きく影響するため無視することができない要素です。

しかし、少人数で運営しているオウンドメディアなどでは1日に作成できる記事数に限界がありますし、新しい人材を採用しようにも、候補者がくるまでの時間、自社のメディアに適した記事のライティング方法のレクチャーなど教育にも時間がかかります。

このような課題を解決するために外注·アウトソーシングを活用する企業が増えてきました。

今回は記事作成代行サービス(外注)を利用するメリットやデメリット、外注費用の相場、おすすめの記事作成代行サービスについて解説します。

記事作成を代行してもらうメリット

短期間で大量の記事を作成できる

記事作成代行サービスを利用する最大のメリットは、自社で期間内に作成できる数を超えて大量の記事作成を依頼することができる点にあるでしょう。

更新頻度が重視されるSEOにおいては、一日により多くのコンテンツを投稿·更新することが重要となります。

記事作成にかける工数を外注することで省略し、より重要なコンテンツに時間を使えるようになるため、自社コンテンツのクオリティ向上が期待できるようになるのは大きなメリットと言えるでしょう。

記事品質の向上が期待できる

記事作成代行サービスにはライティング経験豊富なライターが登録しているケースが多く、より高品質な記事の掲載が可能になるというメリットが生まれます。

専門的なテーマを扱っているという場合でも、その方面の知識に明るい人材に依頼することで自社作成の記事より専門性の高い記事を公開することができます。

また、記事作成代行サービス会社はSEOについてのノウハウを把握しているため、コピー&ペーストチェックやキーワードチェック、誤字脱字などの校正チェックも行ってくれるため依頼者側での確認にかける工数も削減できるというメリットもあります。

コストを抑えたコンテンツ拡充が可能に

インハウスで記事作成、校正、アップロードを行う場合当然ながら多くの人材が必要となります。

ですが、ライターを採用するためのコストはもちろん教育コストもかかるため、人件費との兼ね合いを考えながら外注を利用すれば、インハウスでコンテンツ拡充を行うよりも安価に運用することが可能となる場合があります。

記事作成を代行してもらうデメリット

コストがかかる

当然ながら記事作成代行サービスやクラウドワーカーなどのアウトソーシングにはコストが発生します。

依頼するサービスによって費用はまちまちですが、依頼する件数が増えるほどにコストは増えていくので、自社で想定している予算内でどれだけの記事が毎月作成できるか、インハウスで行った場合とどちらが費用対効果が良いのかをしっかりと比較検討した上で利用すると良いでしょう。

自社で求めている品質に合わない場合もある

記事作成代行サービスには、ライティング経験豊富なライターが多数登録していますが、必ずしも依頼者が期待した品質のものが納品されるとは限りません。

納期が早くても内容が薄くコンセプトに沿っていない文章や、修正箇所の多い記事では外注している意味がないため、事前に1記事トライアルとしてライティングしてもらうことができるサービスを選ぶと良いでしょう。

本格的な運用には少し時間がかかってしまいますがより安定したルーティーンを確立するためにも継続して依頼できるライターの選定を行う方が得策です。

おすすめの記事作成代行サービス5選

サグーワークス

特徴

サグーワークスはSEOに特化した記事作成が可能な代行サービスです。3,000社へのWebマーケティング支援を元にしたノウハウで、SEOを意識した記事の作成を実現します。

サグーワークス側でライターの選定や記事の校正なども行ってくれるため、依頼後のミスマッチを減らして納品からアップロードまでをスムーズにすることが可能です。

料金

  • オンライン発注プラン:0.75円〜/文字
  • オーダーメイドプラン:1.2円〜/文字

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:サグーワークス公式サイト

Shinobiライティング

特徴

Shinobiライティングは幅広いジャンルに対応可能な記事作成代行サービスです。

登録ライター数は50万人以上、作成した記事は累計500万記事以上という実績があります。

納品までのスピードが非常に早く、短期間で大量の記事を作成したいという方にはおすすめのサービスとなっています。

料金

1円/文字

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:Shinobiライティング公式サイト

ランサーズ

特徴

アウトソーシングサービスとして100万人以上の登録者がいるランサーズ。

ライティング業務はもちろん、Webデザインやサイト構築など専門的な分野など幅広い業務を依頼することができるためランサーズ1つで自社業務のアウトソーシング化を実現することができます。

料金

要相談

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:ランサーズ公式サイト

クラウドワークス

特徴

ユーザー数443万人を誇るクラウドソーシングサービスのクラウドワークス。

幅広い業務に対応できることから、企業や個人を問わずに570万件以上の発注数を突破しています。

ライターの分野でも編集からコピーライター、翻訳まで幅広いライターが登録しており適正価格で依頼することが可能です。

料金

要相談

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:クラウドワークス公式サイト

記事作成代行ドットコム

特徴

記事作成代行サービスとして10年の運営実績がある記事作成代行ドットコム。

大量の記事発注はもちろん、WordPressへの直接反映も可能と柔軟な対応で依頼者のニーズに応えます。

最短で即日、最長でも2営業日見積もりが可能なため、記事作成のスピードアップが可能です。

料金

  • おまかせコース:1円〜/文字
  • こだわりコース:3円〜/文字

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:記事作成代行ドットコム公式サイト

記事作成代行サービスを選ぶ際の注意点·ポイント

納期をチェックする

記事代行サービスを利用するメリットは短期間で大量の記事を作成してもらうことができる点です。

ですので、納期の確認は怠ることができません。

納期の確認とは、単純に「10記事を3日で納品する」といった内容だけでなく、トラブルがあった際など最長で何日までに納品できるか、自社の営業時間内の納品が可能かといった点に注目することが重要です。

実際に、3日で納品と書いてあっても自社の営業時間外に納品されてしまったり土日は稼働していないというケースもあるため事前の確認が必要不可欠でしょう。

SEO対策の知識があるかをチェックする

納期を守って短時間で記事を作成することができても、自社が求める品質を満たしていなければ意味がありません。

また、ライティングにおけるSEO対策を理解していなければどんなに記事を公開したところで、検索順位の上位は狙えないため、代行を依頼するサービスの実績を必ず確認するようにしましょう。

可能であれば過去にどんな記事を制作したのか例を提出してもらったり、上位表示を獲得することができたキーワードを教えてもらうことが重要です。

自社サイトの相性が良いか確認

幅広い分野に対応した記事作成代行サービスは多くありますが、やはり得意な分野、実績が少ない分野があるものです。

特に、自社で扱っているコンテンツの専門性が高いほどに事前の確認は重要になります。

外注先の得意なジャンルや形式(ブログやコラムなど)を事前に確認しておくことで、実際に依頼した後のミスマッチを減らすことができるため安心です。

自社に合った記事作成代行サービスを選ぼう

記事作成を代行してもらうことで、自社のキャパシティを超えた量のメディア記事を短期間で作成、公開することができるため集客効果や広告効果の向上が期待できます。

登録している人材も、ライティングのスキルや経験が豊富な優れた人材が多いため依頼する量によっては費用対効果を感じることができるでしょう。

ただし、依頼するサービスによっては自社が求める品質に満たない場合もあるため、導入前の比較検討が非常に重要になります。

本記事で紹介したサービスや、導入のポイントを抑えて自社にマッチしたサービスを選定してください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載