• サグーワークスの料金·評判·機能について。文字単価0.75円で依頼できる?

    最終更新日 

    サグーワークスは記事作成特化型の記事作成代行サービスであり、様々な特徴があります。それでは、サグーワークスの特徴や注意点、実際に企業が利用した口コミをご説明しましょう。

    サグーワークスの特徴1

    サグーワークスの特徴の一つとして、記事作成代行を依頼した企業に合うSEOに特化した記事を提案してくれることが挙げられます。サグーワークスを運営しているウィルゲートはこれまでに3000社近くの企業にWebマーケティング支援を提供しているため、SEOノウハウを活かした記事を提供してくれます。

    これはSEOを専門としている会社だからこそ、それぞれの企業にピッタリのキーワード選定と上質なコンテンツ企画を発案できるというのがポイントです。
    このように、基本的にはキーワードの選定とコンテンツ企画から発案するのですが、既に決まっているキーワードや企画から進めたい場合にも柔軟に対応可能です。

    サグーワークスの特徴2

    サグーワークスの二つ目の特徴は、完全受託型のクラウドソーシングということが挙げられます。記事作成におけるクラウドソーシングの大部分は直接ライターとやり取りするプラットフォーム型ですが、プラットフォーム型はライターが希望通りの記事を納品してくれない、保証がない、納期が守られない等、記事を発注する起業の手間もかかってしまうという欠点が見受けられました。

    しかし、サグーワークスが仲介に入る完全受託型のクラウドソーシングであれば、企業が記事を発注する手間がなくなります。なぜなら、企業の代わりにサグーワークスがライターの選定や修正依頼、誤字脱字チェックなど様々な擦り合わせを行ってくれるからです。

    サグーワークスの注意点(弱み)

    様々な利点があるサグーワークスですが、利用する際には注意点もあります。まず、サグーワークスは完全受託型の記事作成代行サービスなので、ライターと直接やり取りを行う機会がありません。記事作成を依頼した企業にとって、質が高いライターと直接やり取りができないのは大きな欠点だと言えるでしょう。

    サグーワークスで記事を作成するライターは企業と直接やり取りするのではなく、あくまでサグーワークスに登録して記事を作成するだけです。企業と個人ライターで直接契約したい時はサグーワークスのような完全受託型の記事作成代行サービスではなく、プラットフォーム型の記事作成代行サービスを利用するのが向いているということになります。

    サグーワークスの料金プラン

    サグーワークスの料金プランは、最低文字単価0.75円〜となっています。

    オーダーメイドプランで、サグーワークス側のコンサルタントにSEOの相談などを依頼する場合は、文字単価1.2円からとなるようです。

    画像出典:サグーワークス公式ページ

    サグーワークスの口コミ・利用企業の評判

    株式会社アクセスジャパン様

    上位表示ができるだけでなく、記事をしっかりと読んで貰えるようになりました。ユーザーの滞在時間が20秒以上伸びたんです。なかには自社で時間をかけて作ったものよりも、滞在時間が長いものもあるほどです。

    株式会社スクールウィズ様

    2018年の秋頃から使い始めてまだ半年ほどですが、サイト内のアクセスが順調に伸びていますね。全てがサグーワークスだけの力ではないかもしれませんが、記事を追加してから全体のPVが2倍くらいになっています。

    株式会社ジラフ様

    コンテンツ作成をはじめた当初は検索ボリュームの多いキーワードを中心に依頼していたのですが、よりコンバージョンに繋がりやすいもの選ぶことを今は意識しています。リスト作成は社内のチームで行っていて、結果的にサイトへの流入が1.5倍に成長しました。期待した分の結果を出してもらって満足しています!

    画像・データ出典:サグーワークス公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部