アバター接客のおすすめ5選を比較【2024年版】

更新日:

ネットショップや企業のホームページなどで、チャットボットによる接客、Web接客を取り入れる企業が増えていますが、施設や店舗ではアバター接客が活用されるケースも増えてきました。

しかし、アバター接客では何ができるのか、導入することでどのようなメリットがあるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、アバター接客について解説しますので参考にしてください。

アバター接客とは

アバター接客とは、施設や店舗の従業員が顧客に対して直接接客をするのではなく、デジタルサイネージなどの画面上に表示されるアバター(分身)が代わりに接客を行うシステムです。バーチャル接客と呼ぶ場合もあります。

アバター接客は、AI技術を活用したものではなく、実際に画面越しにいるスタッフが人の動きや表情を読み取り、アバターを通じて接客を行います。

AIやチャットボットと異なり、スタッフの動きや表情と連動してアバターが動くため、よりリアルに近い接客ができる点が特徴的です。

離れた場所から接客が可能となるため、テレワークでの活用ケースも増えており、実際にスタッフの顔が映ることはないため精神的なハードルが低い点も優れています。

おすすめのアバター接客サービス

DNPバーチャル接客サービス

特徴

DNPバーチャル接客サービスは、アバターを作成して遠隔操作、離れた場所からでも接客が可能となるサービスです。

リアルタイムにアバターを遠隔操作して接客できるだけでなく、あらかじめ商品の説明動画などを作成しておき店舗や施設で配信することもできます。

利用するアバターは、導入企業のニーズに応じて自由に作成することができ、直接顔を合わせることなく接客ができるため、スタッフへの心理的負担が少ない点が優れています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

Linka

特徴

Linkaは、接客業務はもちろん、ヒアリングや提案までを自動化することができるAIコンサルタントです。

受付業務に活用して申し込みや一次予約の対応を自動化したり、接客業務に活用してサービスや商品の説明をしたりと多岐にわたって活用することができます。

また、AIによる自動商談や有人チャットを組み合わせた活用も可能となっています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

ROOV

特徴

ROOVは、マーケティング機能やVR機能を搭載した接客ツールです。

マンションや住宅展示場で活用されており、スマホやタブレット経由で内覧を行うことができます。

対面接客やオンライン接客のためのプレゼンテーションツールを集約し、離れた場所からでも接客、商談が可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

RURA

特徴

RURAは、モニター越しにアバターやキャラクターを通して接客することができるサービスです。

対面での接客に活用することはもちろん、施設でスタッフから気になるお客様に声がけすることもできます。

クリニックやネットカフェ、不動産など幅広いシーンで活用されており、接客状況の一元管理に役立っています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

AIさくらさんのアバター接客サービス

特徴

AIさくらさんのアバター接客サービスは、株式会社ティファナ・ドットコムが運営しているアバター接客(サイネージ)サービスです。

駅構内や市役所など幅広いシーンで活用されている実績があり、AIさくらさんはアバター接客以外に、AIチャットボットや社内問い合わせシステムなど、幅広いサービスを展開しています。

店舗や施設に人材を配置しなくてもアバターが接客をしてくれるため、リモートワークの促進や省人化につながります。

アバターは複数箇所に設置できるため、1人で複数の拠点を管理することも可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

アバター接客サービス選定のポイント

利用目的にあった導入タイプ選択

アバター接客サービスは、利用目的によって最適なサービスが異なります。

例えば、店舗向けタイプは店舗での商品説明や、スタッフからの声がけを行うことができ、実際に店舗にいるように接客をすることができます。

市役所や駅構内などの施設で利用したい場合には、相談窓口向けのものがおすすめです。

オンライン接客タイプを導入すれば、これまで現地に訪問しなければいけなかった業務をオンラインで完結することができるため、保険会社における損害調査や、不動産などにおける内見などの業務と相性が良いでしょう。

また、ECサイト向けのアバター接客サービスは、Webサイト上で有人接客することが可能なため、購入率の改善に役立ちます。

サポート体制を確認

アバター接客サービスは、アバターの作成など専門性が求められる場合もあるため、サポート体制が充実しているものを選ぶと良いでしょう。

アバターが動かなくなってしまった、画面に映らなくなってしまったなど、急なトラブルが発生した際に、迅速に対応してくれるサービスを選ぶことで、アバターが利用できない時間を最小限にすることができます。

アバター接客を導入するメリット

店舗や施設の省人化が可能になる

アバター接客を取り入れることで、実際に店舗にいなくてもインターネットが接続されていれば、場所を選ばずに接客することが可能となります。

アバター接客は場所を選ばずアバターを操作することができるため、テレワークでの活用も可能で、複数の店舗にアバターを設置することで、1人で複数店舗に対応することも可能です。

店舗スタッフを減らして複数店舗を管理できるようになるため、省人化や人件費の削減といったメリットが生まれます。

接客品質が向上する

アバター接客は、複数の店舗に設置することができ、実際に店舗にいなくてもアバターを介して接客することが可能なため、ベテランスタッフが接客を担当することで、複数店舗の接客品質を標準化・向上させることが可能となります。

また、実際に店舗にいない状態で接客できるため、非接触の接客が実現でき、感染症の防止になる点もメリットです。

雇用できる人材の幅が広がる

アバター接客は、実際に店舗や施設に行かなくても接客することができ、対応するスタッフの顔が表示されることもないため、接客スキルはあるが遠方に住んでいるという方や、対面で接客するのは緊張してしまうという方でも顧客対応しやすい点が優れています。

ボイスチェンジャーを利用できるサービスもあるため、年齢や性別などを気にせず、より幅広い人材を採用しやすくなる点は大きなメリットです。

アバター接客で働きやすさの向上を

アバター接客について解説しました。

これまでは、スタッフが店舗で直接接客することが当たり前でしたが、アバター接客を活用することで、接客品質の標準化やテレワークの推進など、様々なメリットが生まれます。

利用目的によって、最適なサービスが異なるため、まずはアバター接客を活用してどのような業務を行いたいのかを明確にすると良いでしょう。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載