invox受取請求書の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
1,078円〜
初期費用
0円
無料お試し
10件まで無料
導入社数
シリーズ累計5,000社以上

最近では、請求書が紙だけではなくPDFなど様々な形式で届くようになっており、これらを一つにまとめるために正確な入力作業が求められます。

とても重要な業務であるため、何度も確認する必要もあります。

最近ではテレワークなどを取り入れる会社も増えてきていますが、経理の場合、請求書が全て電子データとして届くとは限りません。

このような悩みを解決するためにおすすめするのが「invox受取請求書」です。

今回はinvox受取請求書について特徴や利用料金、口コミなどについてわかりやすく解説していきます。

invox受取請求書とは?

invox受取請求書とは受け取った請求書の入力作業をほぼ全て自動化できるサービスであり、経理作業の業務効率を大きく改善できるサービスとなっています。

請求書が紙やPDF、電子インボイスであったとしても受け取りから取込みまで全て自動化可能となっており、電子データにより一元管理が可能です。

画面もシンプルで効率的に確認することが可能であり、クラウド上での管理となることから、外出先や自宅などでも確認や修正ができます。

invox受取請求書を利用した場合の流れは下記の通りです。

ステップ1.送付されてきた請求書の取込み

あらゆる形式で送られてきた請求書は、専用のメールアドレスをCcに入れて送ってもらうか、グーグルドライブなどの専用フォルダに置くことで自動で取り込まれます。

紙で届いたものに関しても対応スキャナでデータ化が可能です。

ステップ2.99.9%の制度で自動データ化

取り込まれた請求書は明細までデータ化されます。

ステップ3.結果を確認する

データ化された情報はいつでも確認可能となっており、重複などがあった場合に関してもアラートにより知らせてもらえるので安心です。

ステップ4.会計システムやオンラインバンク、ERPと連携

確認したデータは、会計システムやオンラインバンクなどと連携することで支払い、計上業務も自動化できます。

invox受取請求書の特徴

invox受取請求書の特徴は、支払や計上に必要となる項目を正確にデータ化できることです。

請求日や発行者名、支払先口座、税区分などはもちろん、請求明細や件名、郵便番号や住所などもデータ化できます。

利用料金が安いことも特徴の一つです。

invox受取請求書の利用料金

invox受取請求書の導入に初期費用はかからず、申込み当日から利用することができます。

利用プランに関しては3種類から選べます。

ミニマム:振込データの生成と支払作業の効率化をしたい方向け

月額基本料金:1,078円(税込み)

ベーシック:振込や仕訳データを生成し、それぞれの業務をっ効率化したい方向け

月額基本料金:10,780円(税込み)

プロフェッショナル:ベッシック機能にプラス管理会計なども必要な方向け

月額基本料金:32,780円(税込み)

どのプランに関しても無料で試してみることができます。

invox受取請求書の口コミと評判

invox受取請求書の口コミや評判としては「経理に関する業務の効率化が図れて入力ミスなども減った」といった内容が多くありました。

入力作業はもちろん入力ミスのチェック、集計作業など全ての作業が自動化されることで業務効率を大きく改善することができます。

その一方で、各企業ごとにある専門的な作業にも対応して欲しいとの意見も複数ありました。

invox受取請求書を利用して業務効率を良くしよう!

今回はinvox受取請求書について解説してきました。

経理に関する入力作業や確認作業、データ集計などを全て自動化することが可能であり、入力ミスなども無いことから業務の効率改善を図ることが可能です。

経理に関していつも何らかのミスが起きたり、問題が起きている場合などには導入を検討してみるといいでしょう。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載