SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?仕組みや注目される背景、メリット·デメリットについて

更新日:

    最近では国内にとどまらず、海外へと進出するグローバル化が企業では進んでいます。
    そのため、効率的に事業を行いたいと考えている企業も増えています。
    こちらではSCM(サプライチェーンマネジメント)についてや、業務内容、メリットやデメリットについてわかりやすく解説していきます。

    SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?わかりやすく解説

    自社で製造している商品を、効率的に供給させようというのがSCMになります。
    さまざまな工程を踏んでいると、本来もっと早く納品したいのにもかかわらず無駄な時間がかかってしまいます。
    一つひとつの工程は大切なものですが、中には上手に省き効率良くできる部分もある可能性があるのです。
    そのため、サプライチェーンの全体を最適化できるように見直し、効率化を図ろうという考えがSCMです。

    どんな風にSCM(サプライチェーンマネジメント)するのか

    商品を製造する過程ばかりではなく、お金の流れや情報の流れなど最適化に必要な要素を連携させていきます。
    さまざまな要素を上手に最適化することで、これまでよりも早く製品を届けたい場所へ納品できるようになります。
    製造業者だけでなく、メーカーや小売業者など、さまざまな方と協力して全体的に考えることも必要です。

    そもそもサプライチェーンの意味は?

    今私たちが手にしているモノは、さまざまな過程を経て自分の手元へ届いています。
    この過程の供給の連鎖を、サプライチェーンと言います。
    まず物が作られるとき材料が必要になり、その材料を今度は製造する場所がなければいけません。
    今度は製造したものを在庫管理し、お店に納品してくれる物流、流通も経て販売という流れになります。
    この物流システムにはさまざまな方が携わり、皆が重要な役割を果たしてくれています。

    SCM(サプライチェーンマネジメント)の業務内容はどんなことをするのか?

    具体的にSCM(サプライチェーンマネジメント)の業務内容では、何を行うのでしょうか。
    いくつか業務は分かれているため、こちらで紹介していきます。

    ロジスティクスマネージャー

    効率良く在庫管理から梱包、配送を行うために、どの方法が最適かを考え実行する仕事をします。
    企業にとってベストなロジスティクスサービスの構築なども行い、さまざまな仕事内容になっています。

    デマンドプランマネージャー

    やみくもに製品を作るのではなく、根拠のあるデータや販売実績などから今後の需要を読み解き、今後どのように製造を進めていくのか考える仕事をします。
    ここが狂ってしまうと、過剰在庫を抱え企業としての損も大きいため、細かい分析を行います。

    プロキュアメントマネージャー

    いかに無駄を省いて、効率的な購買を促せるのかを考える仕事をします。
    どこと取引を行うのか、価格交渉、購買オペレーションの見直しなど、その内容も多岐にわたります。

    管理業務

    在庫が今どのくらいあるのか常に把握するのは、企業にとって大変重要なことです。
    ほかにも在庫はベストは品質を保つための管理なども含まれます。
    細かくこちらの仕事でもデータを分析して、常にベストな在庫数となるように管理しています。

    SCM(サプライチェーンマネジメント)が今注目される背景

    今さまざまな企業でSCMが注目されているのには、いくつかの背景があります。
    どんなことがあるのか、詳しく見ていきましょう。

    国内だけでなく海外を視野に入れている企業が増えた

    製造したものの販売先を国内だけでなく、海外へも売り込み取引したいと考えている企業が増えています。
    そのため、競争に勝つためにも、効率の良い製造やお金の流れなどを考えることが重要だと考えているからです。
    上手にモノやお金、情報を管理できないとなってしまうと、競争すらできない状態になってしまい負けてしまいます。
    そのため、今SCMへ注目が高まっています。

    テクノロジーの発達

    ひと昔にはできなかった技術が、今では当たり前のように利用できる時代になっています。
    上手に最新のテクノロジーを駆使すれば、これまでの過程をより効率良くでき、製造を早めお客様の元へ商品を届けられます。
    ほかにも情報の技術も大きく発展しているため、ビッグデータも上手に活用可能です。
    お客様のデータなども利用しながら、より喜んでもらえるものを製造できます。

    働き手が少なくなっている

    どんなに求人で応募をしても、やりたいという人が集まらないなど働き手が少なくて困っている企業も増えています。
    特に労働人口が減っているため、これまで当たり前に人がやってきた工程をそのまま行おうとしてもやる人がいないため効率が悪くなってしまいます。
    短縮できるところや機器を上手に活用できるところなどを見直し、少ない人でも効率良く製造できるようにしたいと思っている企業は増えているのです。

    SCM(サプライチェーンマネジメント)のメリット・デメリット

    魅力的なSCMですが、メリットとデメリットがあります。

    メリット

    まず、無駄を省き効率化を図っていくため、これまでよりも全体の売上増加が見込まれます。
    どんなに売れ行きがよく見えていても、在庫を過剰に持っていると全体的な利益という意味では薄くなってしまいます。
    しかし、SCMを利用して効率化を図るため、売上を最大化することが可能です。
    製造にかかる期間なども短縮できますし、在庫管理もより精度の高い管理ができるため過剰に在庫を持つ心配もなくなるでしょう。

    デメリット

    効率良くするために、新しいシステムを導入する際にはそれなりにお金がかかってきます。
    取り入れてから効率の良い生産などをすると元が取れるようにはなってきますが、導入する際にはコストがかかってしまうでしょう。
    人件費のコストや業務の流れの変更についても、考えていなければなりません。

    SCM(サプライチェーンマネジメント)のおすすめシステム(ツール)について

    SCMを行ううえで、使いやすくおすすめのシステムを紹介します。

    mcframe

    企業として欲しい機能がすべて備わっているmcframeは使いやすく、大変おすすめです。
    機能の中に、生産管理、購買管理、販売管理、原価管理のすべてが入っています。
    基本的な機能だけでなく、利用する企業によって必要な機能を複雑にカスタマイズできるのも大変魅力的です。
    どのような機能をどうカスタマイズしたいかでも、料金は変わってきます。

    画像·データ出典:mcframe公式サイト

    SAPSCMソリューション

    これから海外へもっと進出し展開を広げていきたい企業におすすめです。
    機能としても製品ライフサイクル管理、製品の設計、エンジニアリング、開発、原価計算など充実しています。
    そのときの需要を見ながら、どう計画していけば良いのかすぐに対応してくれるシステムがあり大変使いやすくなっています。

    グローバル展開にはSCM(サプライチェーンマネジメント)を利用しよう

    これからグローバル化を考えている、もっと効率良く製造から販売までを行いたい企業は、ぜひSCM(サプライチェーンマネジメント)を利用しましょう。
    これまでの無駄がどこにあるのかも見えていきますし、企業全体の売上にもつながってきます。
    導入し管理に慣れるまではコストなどもかかってしまう部分もありますが、その後の企業の成長を考えると取り入れて損はありません。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載