MES(製造実行システム)とは?機能やメリット、生産管理システムとの違い

最終更新日 

これまで、ものづくりは日本の長所でもあり、海外からも一目置かれていました。
しかし、最近ではものづくりを行う人たちが減り、危機が迫りつつあります。
それを打破してくれるものとして期待されているMES(製造実行システム)というものをご存じでしょうか。
こちらでは、MESの意味や活用するメリット、どのような機能があるのかなどを紹介していきます。

MES(製造実行システム)とは?意味や読み方に関して

MESとは、ものづくりを行う際の製造工程を覚え管理、作る方への支持や支援などを行うシステムのことです。
物を作るときには、さまざまな工程が発生します。
その一つひとつの工程とMESは連携して作業を行えますので、効率良く難しい技術なども取り入れものづくりを行えます。
機能はさまざまありますが、その中から自分たちの製造に必要なものだけをチョイスして使えば良い点も便利です。

MESの具体的な読み方は?

MESの読み方は、そのままアルファベットを読みエムイーエスです。
正式名称はManufacturing Execution Systemと長いため、それをわかりやすく短縮してMESとしています。
ほかにも意味もわかりやすく、製造実行システムと日本語で言われることもあります。

MESは問題の解決に活用できる

日本では素晴らしい匠の技があり、良いものが多数ありますが、少子高齢化なども進みその技術を担う人が減っています。
MESを使うと、生産現場の匠の技術なども上手に取り入れながら効率良くものづくりができるようになります。
匠から担い手へさまざまな技術を伝承するよりも早く、今後の日本のものづくりを支えてくれるシステムです。

MES(製造実行システム)にはどんな機能があるのか

1つの技術ではなく、MESにはさまざまな機能があります。
そのため、より匠の技術なども忠実に再現したものづくりも可能となります。

物の管理で使える機能

生産資源の分配や監視ができるものがあり、装置や工具など必要な分を見極めて予約して分配を行います。
作業に必要な情報を管理できる仕様や文書の管理機能、さらに、ものづくりの際に安心な品質の製品を製造するために管理する機能もあります。
製造するにあたって利用する機器や工具が安心して利用できるように、定期保全なども実行するような機能も付いていて便利です。

人の管理で使える機能

製造工程に対してどうした順番で進めていくのかを詳細に教えてくれる機能もあり、作業内容によって人が何人必要かを考えることができます。
効率良く工程を進められるような順番を考え、作業している人に伝えてくれる機能も付いています。
実際に作業している人の監視や管理もでき、MESを使うだけで効率の良い作業が可能です。

全体の管理で使える機能

作業が予定通り進んでいるのか、作業する人は誰でいつ何をしたのかまでデータ収集してくれる機能もあります。
工程の管理も可能で、作業を行っている方の支援も行います。
制御する機能もありますし、もし作業中に例外的なことが起きたときにアラートで教えてくれる機能もあり便利です。
作っている製品の追跡と次に何をすれば良いのか把握する機能、今の生産状況を過去の履歴などと照らし合わせて分析する機能などもあり充実しています。

MES(製造実行システム)を製造業が利用するメリットとは

MESを使うことで、さまざまなメリットを受けることができます。
いくつか、こちらでも紹介していきます。

費用の削減ができる

これまでは予想でどのくらいの数が欲しいか把握していた場合、思ったよりも数が多すぎて過剰になり費用がかかっていたケースもあるでしょう。
MESを使えば、そのときの状況をすぐに見て判断できるため、無駄に材料を使用することなく費用も削減できます。
当初はある一定の量を製造しようとしていても、状況で売れ行きが良く増産したいという場合、臨機応変に対応が可能です。
急なことが起きてもMESはすぐに反応して、これまでの蓄積されたデータなども参考にしながら適切な判断をしてくれます。
さらに何かおかしい部分やトラブルを察知したときにも素早い判断を行い、製造しているものが不良品にならないようにも監視してくれています。

何かあったときにも生産段階まで見られる

このときどうだったのだろうと製造したものを見て思ったときやもっとデータをしっかりと確認したいというときも出てきます。
そのようなときに製品だけでなく部品や原材料を見てどのように生産されていたのか詳しく過程を見ることができます。
生産の際のデータを細かく確認できるため、いざというときにも安心です。
たとえば、誰が作業を指示感はどのくらいかかったのか、設備や部品はどれを使用したのかなどが細かくわかります。

皆が同じように作業できる

これまではある程度慣れている方でなければできなかった作業なども、MESを取り入れることで皆が同じように作業できるようになります。
MESの中に細かい作業手順や注意点などすべてを入れられるため、人だけでやったら見落としてしまいそうな点も確実に忘れず作業が進められます。
匠レベルの人しかできなかった作業も、ノウハウを取り込んでいるため作業する人全体で把握が可能です。

企業として研修の時間も短縮できる

新人の作業員が入って来たときに、作業過程が多く技術もある程度必要となるとそれなりに研修時間も取られます。
早く現場で活躍してほしいと思っても、ある程度教育に時間をかけなければなりません。
しかし、MESを取り入れることができれば、経験や感覚が必要な作業も平準化できるため時間をじっくりとかけなくても皆が作業できるようになります。

MES(製造実行システム)と生産管理システムとの違い

MESと生産管理システムは一見似ているように感じますが、業務範囲が変わってきます。
MESは部分的に製造現場の管理をしていますが、生産管理システムの場合はこの部分だけというわけではなく製造に関わる業務を管理しています。
管理している幅が生産管理システムの方が幅広いと言えるでしょう。

MES(製造実行システム)のおすすめシステムを紹介

MESの中でもおすすめなシステムは、株式会社ユニフェイスのIB-Mesです。
製造をする機器は、それぞれの企業で違いがありますが、新旧やメーカーなどを問わず利用できます。
さらに、早く導入したいという場合、カスタマイズをしなければ最短1ヶ月で使えます。
ほかにも、システムの自動化ができ、便利な三菱電機エンジニアリングのMESソリューション、変動対応にも強いNECのIFSApplicationsfor MESもおすすめです。

画像出典:IB-Mes公式サイト

MES(製造実行システム)を導入して業務効率化を実現しよう

製造を効率良くムラがなく行い、匠のような技のものづくりをしたいときにはMESを利用しましょう。
自社に合った欲しいシステムだけを選択できますし、これまでよりも使う材料などもしっかりと見極めるため費用も抑えられます。
システムを選ぶときには、自社に合う操作性かサポートはどうなっているかを見極めて利用してみましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載