飲食店向け予約管理システムのおすすめ5選を比較【2024年版】

更新日:

煩雑な予約業務を効率化し、コア業務に注力するために予約管理システムを導入する事例が増えています。

特にグルメサイトなどに出稿している関係上、予約管理システムは飲食店との相性がよく、自店舗でもこれから予約管理システムを導入したいと検討されている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、飲食店向けの予約管理システムについて、おすすめのサービスなどを紹介しますので参考にしてください。

飲食店向け予約管理システムとは

飲食店向けの予約管理システムとは、複数のグルメサイトや店頭への直接電話など、経路の違う予約情報を一元管理することができるシステムのことを指します。

飲食店向けの予約管理システムを導入することで、顧客自らが情報を入力して予約できるため、店舗側で情報入力をする手間を効率化することができます。

通常の予約管理システムと異なり、飲食店向けの予約管理システムは、ぐるなびや食べログといった複数のグルメサイトと連携することができる点が特徴的です。

また、予約情報の管理だけでなく、予約情報を活かした分析ができるサービスもあり、売れ筋商品や人気のない商品を把握など、様々な活用が実現できます。

おすすめの飲食店向け予約管理システム

Airリザーブ

特徴

Airリザーブは、株式会社リクルートが運営している予約管理システムで、幅広い業界での導入実績があります。

電話予約やネット予約、来店予約など、様々な予約方法に対応しており、予約情報の一元管理が可能です。

24時間いつでも予約を受け付けることができるため、これまで機会損失につながっていた顧客からの予約を獲得し、売上アップを目指すことができます。

料金

  • フリープラン:0円
  • ベーシックプラン:月額5,500円(税込)
  • プレミアムプラン:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

レストランボード

特徴

レストランボードとは、株式会社リクルートライフスタイルが運営している予約台帳アプリです。

飲食店向けに設計されたサービスで、基本機能だけであれば0円から利用することができます。

これまでに、レストランやカフェ、居酒屋など多くの飲食店で導入されている実績があります。

予約管理機能が搭載されており、予約情報の登録をサポート、顧客情報の管理を効率化します。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜

※価格情報は2023年4月時点のもの

SELECTTYPE

特徴

SELECTTYPEとは、ホームページ作成ツールです。

デザイン性の高い高機能なホームページを手軽に作成することができます。

予約フォームを作成する機能が搭載されており、無料プランでも最大10個までフォームの作成が可能です。

用途や業界に応じたテンプレートが用意されているため、直感的な操作で簡単に予約機能を搭載したホームページを作成し、予約管理を効率化することができます。

料金

  • フリープラン:0円
  • ベーシックプラン:月額1,500円
  • プロフェッショナルプラン:月額3,000円
  • プレミアムプラン:月額10,000円

※価格情報は2023年4月時点のもの

RESERVA

特徴

RESERVAは、株式会社コントロールテクノロジーが運営している予約管理システムです。

プログラム設計などの専門的な知識は不要で、直感的な操作で自社サイトに予約システムを設置することができます。

また、顧客管理機能が搭載されており、予約システムに入力された顧客情報をデータベース化して管理、顧客対応の品質向上などにつなげることが可能です。

料金

  • フリー:0円
  • ブルー:月額2,200円
  • シルバー:月額5,500円
  • ゴールド:月額11,000円
  • エンタープライズ:月額22,000円

※価格情報は2023年4月時点のもの

TORETA

特徴

TORETAは、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスです。

飲食店業界において豊富な導入実績があり、その利用継続率は99%と非常に高いものとなっています。

大手グルメサービスと連携することが可能で、連携先のサイトで直接予約してもらうことで、予約情報の一元管理を実現します。

分析機能も搭載されているため、予約が多いサイトを割り出し、マーケティングに役立てることも可能です。

専任スタッフによるサポートも行なっており、オンラインマニュアルも提供されています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※価格情報は2023年4月時点のもの

飲食店向け予約管理システム選定のポイント

コスト面を確認

飲食店向けの予約管理システムは、クラウドで提供されているサービスが多く、オンプレミス型やパッケージ型と比べて初期導入費用が安いことがメリットですが、それでも月額や年額で利用料が発生します。

多機能なサービスほど、料金が高額になる傾向がありますので、自社で長く利用できる利用料のサービスを選定するようにしましょう。

操作性に優れているか

多機能な予約管理システムは、解決できる課題も多く、利便性が高いですが、その分使い勝手が悪い場合があります。

特に、PCの操作やITツールの利用に不安がある方が担当者の場合、システムを使いこなず浸透しない可能性があるため、シンプルに操作できるシステム、トライアルを利用できるサービスを選ぶようにしましょう。

キャンセル防止機能が搭載されているか

飲食店特有の課題となるのが予約の無断キャンセルです。

事前の連絡なしにキャンセルされてしまうと、食材が無駄になるだけでなく、売上にも影響します。

そのため、予約時にクレジットカード情報を登録してもらうことで、無断キャンセル時にキャンセル料を引き落とすことができる機能などが求められます。

飲食店向け予約管理システムを導入するメリット

予約対応を自動化できる

予約管理システムを導入することで、これまでアナログに行っていた予約対応を自動化することができます。

例えば、予約を受け付けると予約受付メールが自動送信されるサービスも多く、来店前日のリマインドメールも自動化できるサービスもあります。

カレンダーアプリと連携することで、スケジュールに予約情報を追加する作業も自動化することが可能です。

電話や来店での予約に対しても、予約システムを活用することで、予約情報を一元管理できるため、確認漏れなどを防ぐことができます。

予約に関するミスを防ぐことができる

予約受付に関するトラブルは意外と多く、ダブルブッキングや予約時間の聞き間違いや記録忘れなどが例として挙げられます。

ミスが多いと店舗の評判を下げることにもなりますので、できる限りミスは減らしたいものです。

予約管理システムを導入することで、予約可能な箇所にだけ予約を受け付けることが可能となり、カレンダーへの記載も自動化することができます。

機会損失を防ぎ、売上拡大につながる

予約管理システムは、Web予約が可能なため、24時間予約を受け付けることができます。

これまで、電話や来店でのみ予約を受け付けており、営業時間外の予約を受け付けることができず、顧客を取りこぼしにつながっていたという場合も、予約管理システムを導入することで予約獲得につなげることが可能となります。

キャンセル料を設定できるシステムもあるため、無断キャンセルによる損失を回避できる点もメリットです。

飲食店向けの予約管理システムを導入しよう

飲食店向けの予約システムについて解説しました。

飲食店特有の課題を解消し、売上拡大につなげることができるため、まだ予約管理システムを導入していないという方は、この機会にぜひ導入を検討してみてください。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載