Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)の料金・評判・機能・事例について

    リターゲティング広告を最適化して運用していくためには、出稿に必要なデータフィードの作成や更新を都度行っていく必要がありますが、手動での管理は煩雑化しやすく、ミスも起こりやすいため、実際には困難なものとなっています。

    効率的にデータフィードの最適化を行うには、データフィードの管理ツールを導入すると良いでしょう。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)は、データフィードの作成、更新にかかる手間を極限まで省いた管理ツールとして注目されています。

    本記事では、ジャイロンDFMの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)とは


    ジャイロンDFMとは、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが運営しているデータフィードの最適化ツールです。

    データフィードの作成や更新を自動化することで、運用にかかる手間を極限まで減らすことできるツールとして、多くの企業で導入されている実績があります。

    広告代理事業を行なっていたノウハウを活かした導入サポートが特徴的で、DFMによるフィード広告導入、最適化を実現します。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)のおすすめポイント

    商品情報を自動で取得

    ジャイロンDFMでは、クロール技術により、Webサイトの商品情報を自動で取得することができます。

    自動取得した商品情報を広告配信フォーマットに合わせたフィードで自動生成できるため、管理における手間を大きく効率化することが可能です。

    商品数が膨大で、フィード作成が困難だったという企業でも、安心して運用することができます。

    常に最新のデータフィードを利用できる

    在庫・入荷情報などの商品データ更新をフィードに反映させる作業は、非常に手間がかかり煩雑化しやすいものです。

    ジャイロンDFMでは、日々データを取得、自動的に更新してくれるため、いつでも最新のデータで広告配信を行うことができます。

    タグ最適化の実装支援

    自社で人的なリソースがない、エンジニアが足りない、サイトの仕様により複雑なタグのカスタマイズを行う必要があるという場合でも、ジャイロンDFMであれば安心です。

    各媒体に合わせて最適なタグ生成の実装を支援して、データフィード広告の配信を実現します。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)の対応媒体

    ジャイロンDFMでは、豊富な媒体でのデータフィードに対応しています。対応している媒体の一例としては、以下の通りです。

    • Criteo
    • Google
    • LINE
    • Facebook
    • Instagram
    • RTB House
    • indeed
    • candy
    • Logicad
    • AdRolL
    • Rtoaster
    • KANADE
    • キャリアジェット
    • スタンバイ

    上記以外にも対応可能な場合もあるため、気になった方は、まずお問い合わせしてみると良いでしょう。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)の主要な機能

    クロール&データフィード自動生成

    ジャイロンDFMでは、自社でデータフィードの作成が難しい場合でも、ジャイロンのクローラーによって自動クロール、サイト上の商品情報からデータフィードを自動で作成することが可能です。

    更新も自動で行われるため、商品価格・在庫数などの変動しがちなデータでも、いつでも最新の状態をキープすることができます。

    商品データ管理の一元化

    ジャイロンDFMで管理されたデータフィードは、媒体フォーマットに合わせたデータに自動で最適化され、ジャイロンDFMから媒体側に定期的に取り込まれるようになっているため、文字数制限・必須項目のチェックなどの手間を効率化することが可能です。

    タグカスタマイズ&実装支援

    リソース不足やサイト仕様により、タグの設置が困難という場合でも、ジャイロンのサポートチーム担当者によるタグ設定の支援、オプションで設定代行も可能なため安心です。

    ジャイロンのワンタグを設置すれば、面倒な各メディアタグの設置や発火テストなどの手間もかからず、多様なタグ制御が実現できます。

    ※Gyro-nサポートチームによるタグの設置支援は、弊社提供のワンタグの設置が必要となります。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)の料金·価格

    ジャイロンDFMの利用料金は、以下の通りです。

    • 月額料金:30,000円〜(50,000アイテムまで追加料金なし)
    • クロールエンジンによるデータフィード生成:50,000円〜

    より詳細な料金プランについては、資料ダウンロードをお願いします。

    ※価格情報は2022年2月時点のもの

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)導入から運用までの流れ

    ジャイロンDFM導入の流れは、以下の通りです。

    1. アカウント発行:公式サイト内フォームよりお問い合わせ
    2. フィードの作成:各媒体の仕様に合わせたフィードを生成
    3. タグ設置・生成:タグの生成はジャイロン側で担当、ワンタグ設置は導入者側で担当
    4. 広告配信:媒体側の審査を経て広告配信の開始

    よくある質問

    申し込みから利用開始までは最短でどれくらいかかりますか?

    タグおよびフィードの生成で、およそ2週間前後頂戴しております。

    導入時にどんな作業が必要となりますか?

    ジャイロンのワンタグをサイト内に設置していただきます。タグ生成には媒体ごとにIDが必要となります。

    フィード生成にはどれくらい時間がかかりますか?

    クロール開始からフィード生成完了までにかかる時間は、商品件数などによって異なります。開始前のテストクロールで、大まかな時間を把握することは可能です。

    クロール時にページが重くなる場合はありますか?

    クロールによる影響がでることはほぼありません。気になる場合は、アクセスが比較的少ない時間でのクロールを行うなどの対策を実施いたします。

    Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)の詳細について

    ジャイロンDFMについて、おすすめのポイントや料金などを紹介させていただきました。

    データフィードは、パフォーマンスが良いことから注目されている広告配信方法ですが、自社だけではリソースやノウハウがないために、導入を断念している企業が多いことも事実です。

    ジャイロンDFMであれば、導入準備から本格的な運用までをサポートチームが支援してくれるため、初めてデータフィードに取り組むという方でも安心して運用できるでしょう。

    ジャイロンDFMのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    ジャイロンDFM
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【広告運用】

        データフィードの作成を自動化: Gyro-n DFM

        (4.5)

        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間2週間前後

        データフィードの作成や更新を自動化することで、運用にかかる手間を極限まで減らすことできるツールとして、多くの企業で導入されている実績があります。

        商品情報を自動で取得

        ジャイロンDFMでは、クロール技術により、Webサイトの商品情報を自動で取得することができます。 自動取得した商品情報を広告配信フォーマットに合わせたフィードで自動生成できるため、管理における手間を大きく効率化することが可能です。 商品数が膨大で、フィード作成が困難だったという企業でも、安心して運用することができます。

        常に最新のデータフィードを利用できる

        ジ在庫・入荷情報などの商品データ更新をフィードに反映させる作業は、非常に手間がかかり煩雑化しやすいものです。 ジャイロンDFMでは、日々データを取得、自動的に更新してくれるため、いつでも最新のデータで広告配信を行うことができます。

        タグ最適化の実装支援

        自社で人的なリソースがない、エンジニアが足りない、サイトの仕様により複雑なタグのカスタマイズを行う必要があるという場合でも、ジャイロンDFMであれば安心です。 各媒体に合わせて最適なタグ生成の実装を支援して、データフィード広告の配信を実現します。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載
      最新記事