おすすめの広告運用自動化ツール5選を紹介|導入メリットや選定のポイントも解説

最終更新日 

今やWebマーケティングの主力とも言えるWeb広告は、比較的短期間で成果がでやすいというメリットの代わりに手間がかかる部分も大きい点があります。

広告運用を効率化するためには専用の自動化ツールを導入すると良いでしょう。

本記事では広告運用自動化ツールとは何か、おすすめの広告運用自動化ツール、導入メリットなどを解説しますので参考にしてください。

広告運用自動化ツールとは?

広告運用自動化ツールとはWeb広告の運用を効率化させるツールで、さまざまな種類のツールが登場しています。

  • アカウント管理ツール
  • 効果測定ツール
  • 広告レポートの自動化ツール

上記のようなツールが主に広告運用自動化ツールと呼ばれ、Web広告の運用における管理負担を軽減して業務効率化を図ることができます。

専用サーバーを用意しなくてもクラウド上で利用できるツールも多く登場しており、操作性にも優れているためWeb広告運用の経験が浅いという方でも扱うことが可能です。

おすすめ広告運用自動化ツール5選

AdFlow(アドフロー)

特徴

AdFlowは、株式会社クリエイターズマッチが提供しているプロジェクト管理ツールです。

バナーやLPなどの広告関連のクリエイティブ制作管理に優れており、テキスト、画像などの一元管理ができます。

制作に必用な情報をすぐに検索でき、プレビュー機能でイメージ制作の手間を効率化することが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:デモあり

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

AD EBiS(アドエビス)

特徴

アドエビスとは広告効果測定システムを中心としたデジタルマーケティング分析ツールです。

出稿した広告がどんな媒体で見られているのか、どのようなユーザーが多いのかといった傾向の分析が可能となります。

広告がどのようにコンバージョンへ寄与しているのかを計測することができるので行った施策の確かな効果検証が可能となるツールです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

Shirofune(シロフネ)

特徴

Shirofuneは広告運用のエキスパートが開発したリスティング広告とディスプレイ広告の運用自動化ツールです。

1日10分の操作で新規広告出稿ができる手軽さが魅力的で、広告運用の初心者でも扱うことができる優れた操作性を持ち合わせています。

キーワードの選定も簡単で、自社のビジネスに関連するキーワードやURLを入力するだけでShirofuneがおすすめのキーワードを提案してくれます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:月額広告費×5%(セルフプラン)
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

ATOM(アトム)

特徴

広告運用におけるレポートの自動化に優れているのがATOMです。

レポートの自動出力だけでなく、アカウントやキャンペーン単位での進捗状況を確認する数値管理機能も搭載されています。

代理店手数料などを含めた月末着地予想が自動的に計算できる点も魅力的なサービスです。

媒体管理画面で確認できる数値だけでなく、代理店手数料を加味した利用金額や月末の予想数値などの指標も自動的に計算できます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

Lisket(リスケット)

特徴

広告運用において手間となりがちな入稿作業や分析、調査などを効率化してより戦略的な立案のために時間を使えるようにサポートしてくれるのがLisketです。

月次などの任意の期間でレポートを自動生成することができ、広告出稿に役立つキーワード選びを効率化するツールもセットで利用することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:10,000円〜
  • 無料トライアル:あり

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

広告運用自動化ツール導入のメリット

広告運用自動化ツールを導入することで主に以下のメリットが得られます。

業務効率化によって別の業務に集中できる

広告運用の自動化ツールはWeb広告に関するさまざまな業務を自動化することができます。

例えば、広告運用におけるレポート作成作業は出稿している広告媒体からデータをダウンロードしてグラフや表を作成する必用があります。複数の媒体へ出稿している場合はそれぞれにこの作業が必用となります。

扱っているデータ量が多くなるほど管理画面操作やエクセルの編集にかかる手間が増え時間がかかってしまいます。

自動化ツールを利用することでこれらの作業を自動化して業務効率化を実現でき、空いた時間を別の業務に充てることが可能となるというメリットが生まれます。

効果的にキーワード選定ができるようになる

広告運用自動化ツールの中には自社に関連したキーワードを入力することで、関連するおすすめキーワードを提案してくれるツールもあります。

自社だけでは考えつかなったキーワードから思わぬコンバージョンにつながることもあるため、ぜひ利用したい機能です。

広告運用自動化ツールを選ぶ際のポイント·注意点

広告運用自動化ツールを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

導入目的を明確にしておく

自動化ツールには種類があり、自社が広告運用におけるどんなことを効率化したいのかを明確にしておく必用があります。

多くの広告を出稿したいのであれば、簡単な操作で出稿作業が自動化できるツールを選ぶ方が良いですし、レポート作成作業が煩雑化しているのであればレポート自動化ツールを導入すると良いでしょう。

また、予算やどんな媒体に広告を出稿したいかにもよって適しているツールが変わるため、この点も重視することをおすすめします。

操作性を確認

広告運用の自動化ツールを導入する際はツールの操作性にも注目しましょう。

どんなに便利なツールでも、そもそも広告運用の担当者が扱うことができないツールでは意味がありません。

操作性の確認には無料のトライアル期間を設けているツールや無料デモが利用できるツールを選ぶと良いでしょう。

連携できるツールを確認

広告運用においてはTwitterやFacebookなどのSNSと連携して広告出稿を行うことができるツールは利便性が高いと言えるでしょう。

また、ECサイトを運営している場合はAmazon広告なども利用できるとより良いです。

これらの広告媒体とAPI連携ができるツールを選定することで、より高い集客効果が見込めます。

サポート体制を確認

広告運用の自動化ツールには海外製品も多いため、サポート体制の確認が必用になります。

日本語でのサポートに対応しているか、電話やメールなどどんなサポート方法を提供しているか、わからないことがあった際にヘルプサイトや問い合わせフォームが設置されているかなどを確認しておくと良いでしょう。

特徴を理解して広告運用自動化ツールを導入しよう

広告運用自動化ツールについて、概要やおすすめのツール、導入のメリットなどを紹介しました。

導入するツールによって得意とする分野が異なるため、自社で解消したい課題を明確にしておきましょう。

本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載