Shirofune(シロフネ)の料金·評判·機能について。手数料は5%から?

最終更新日 

テレビやラジオ、新聞や雑誌、看板やチラシといった広告ツールを抑えて、インターネット広告が台頭しています。
もっとも、ネット上は情報に溢れており、いかにして自社の広告をターゲット層にアプローチし、成果につなげるかは難しい課題です。ネット広告の最適化が求められる中、自動ツールを導入する企業も増えてきました。
その一つであるShirofune(シロフネ)の特徴や強み、料金プランを分析していきます。

Shirofuneとは

Shirofuneは広告運用のエキスパートが開発したGoogle·Yahoo!·Facebookにおけるリスティング広告とディスプレイ広告の運用自動化ツールです。
1日10分の簡単操作だけで広告運用の手間を省きながら、広告効果を上げることができます。

Shirofuneの特徴·機能

Shirofuneにはどのような特徴や機能があるのか、チェックしていきましょう。

1日10分だけの簡単操作

広告運用の経験や知識は一切不要で、1日10分の簡単操作で新規の広告出稿ができます。すべての初心者はもちろん、ほかの業務が忙しくて時間が取れない方も、無駄な時間がかかりません。
Shirofuneから提案される改善チャンスのカードに沿って画面を操作するだけで、高い広告効果を実現し続けることができます。

自動で解析

自社のビジネスに関するキーワードやURLを入力するだけで、Shirofuneが内容を解析してくれ、高い広告効果が見込めるキーワードなどを提案してくれるのも便利です。
商品の関連キーワードで悩むことやターゲット層に合わせてキーワードを設定する手間もなくなります。

分析レポートもスピード作成

分析レポートは、ボタン一つの10秒で作成できます。
必要な情報だけをわかりやすく表示した管理画面で、毎日簡単に状況が把握できるうえ、Excelでのエクスポートにも対応しているので、報告もしやすいです。

Shirofuneの強み

Shirofuneは唯一無二のアルゴリズムで最高の広告効果を実現してくれる自動運用ツールです。
データ量に依存する従来の統計データによる機械的アプローチとは異なり、熟練の職人技を再現することをコンセプトに開発された独自のアルゴリズムとなっています。
1,000回以上、計10,000時間以上をかけて10時間かかる改善が、1日たった10分ほどの作業で実現できるのが強みです。広告運用が未経験の企業だけでなく、広告のプロである大手広告代理店やインターネット広告の代理店に至るまで幅広く活用されており、広告効果を改善や広告運用業務の負担減につながっています。

Shirofuneの価格·料金プラン

Shirofuneでツールを自社で利用するだけのセルフプランの場合は、ツール利用料が月額広告費×5%(税抜)かかります。
サポート付きのサポートプランの場合は、ツール利用料として月額広告費×5%(税抜)に加えて、サポート料が月額10万円(税抜)必要です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

Shirofuneの注意点

Shirofuneはコンサルティングや困ったときの対応などサポートが充実していますが、サポートを利用するには毎月10万円がかかるのがネックです。
大手広告代理店も利用しているだけあって、サポート料が高くなっています。

Shirofuneの口コミ·利用企業からの評判

売上が前年比約130%に成長

“自社のECサイトでの食品販売を行っていますが、リスティング広告の運用担当は2人しかおらず、ほかの業務もあり、広告運用ばかりに多くの時間は割けません。Shirofune導入以前は成果の確認や操作の時間は1日あたり30分ほどかけていましたが、現在は週に一度だけになりました。導入以前はGoogleだけでリスティング広告を回していましたが、Yahoo!でのリスティング広告運用にも力を入れるようになったところ、売上は前年比約130%に成長しました。”(株式会社にしき食品様)

広告代理店こそShirofuneを導入すべき

“インターネット広告代理店をしていますが、運用ノウハウが各チームやコンサルタントごとに分散していて、案件の引き継ぎや全体でのサービスの均一化が課題でした。Shirofuneの導入により、レポーティングや運用スキルの標準化が進み、工数も削減されています。コンサルタントの残業時間の削減による働き方改革、より本質的なリスティング広告の運用による運用パフォーマンスの成果最大化につながっています。”(株式会社DAサーチ&リンク様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるOPTMYZRはGoogleの元社員が開発した、グローバルなリスティング広告とディスプレイ広告の最適化ツールです。
50以上の機能が搭載されており、PPC運用上のレポート作成の工数削減や運用最適化を自動化してくれます。AIデータ分析を行うことで、運用型広告の潜在的データを紐解き、たったワンクリックで運用型広告のパフォーマンスを向上できます。データからキャンペーンを自動作成·更新してくれる機能も便利です。
PROプランは月額499USドルで接続広告アカウント数25アカウントまで、上限費用(クリックチャージ)は月250,000USD(約2,500万円)です。
Shirofuneも独自のアルゴリズムに基づいて設計しており、Google·Yahoo!·Facebookにおけるリスティング広告とディスプレイ広告の運用を支援してくれます。
サポート付きだと月額費用は高いですが、セルフなら気軽に始められます。

Shirofuneで広告効果の最適化を

Shirofuneは毎日わずか10分の簡単操作だけで、広告の新規出稿から、運用中の広告効果の改善、分析やレポート作成まで自動化が可能です。
人手不足の企業もインターネット広告の知識がない企業も、手間なく無駄な労働時間を割かずに売上アップが目指せますのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

画像·データ出典:Shirofune公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部