アイデアを武器に物流に新しい「ワクワク」をつくる株式会社ゼアーとは?

更新日:

株式会社ゼアーとは?


株式会社ゼアーは、EC業界や物流業界向けのトータルソリューションを提供している企業です。

業界に精通したプロスタッフが世の中の変化を敏感に感じ取り、物流の「あったらいいな」「できたらいいな」を叶えるためのアイデアを形にしています。

具体的には、物流資材や商品パッケージ、作業を自動化する機械や3PLなど、物流のさまざまなフェーズに関わる商品・サービスを提供しています。

株式会社ゼアーの強み・特徴とは?


株式会社ゼアーでは、主に

・EC事業者向けの資材
・倉庫向けソリューション
・物流支援

に関する商品やサービスを展開していますが、今回はその中から検品効率を大幅にアップさせ、業務効率や人手不足などの問題を解決へと導く「ロジマッチ」と「ロジマッチライト」をご紹介します。

自動検品システム「ロジマッチ」

ロジマッチは、高性能センサーで商品のバーコードやQRコードを読み取り、検品作業を大幅に短縮するためのシステムです。

一度に複数の商品をスキャンすることで、ハンディターミナルと比べて約1/5の時間で検品が完了するため、人手不足や繁忙期における大量の検品作業の悩みを解決できます。

また、単なるスキャナーに留まらず、便利な可動式・検品画像の履歴保持機能や各種WMSと連携機能など、倉庫業務の悩みを一挙に解決できる機能も盛り込まれています。

お手軽に導入できるシンプルな検品システム「ロジマッチライト」

ロジマッチライトは、手持ちのパソコンとスキャナーを使って検品作業を効率化するためのシステムです。

クラウド型システムのため機器の導入や複雑な手続きも必要なく、申込の翌日からすぐに利用できる手軽さも魅力です。

ロジマッチと比べて検品に特化している分コストも安く、操作もシンプルなので、大規模なシステムを導入するまでには至らないものの、目視での検品に限界を感じ始めた頃や、紙管理からデータ管理へ移行したいタイミングでの導入が適しています。

まとめ

ECや物流業界は成長市場ということもあり、出荷や検品といった業務の効率化は多くの企業にとって悩みの種となっています。

大量の検品作業や誤出荷でお悩みの場合は、今回紹介したロジマッチの導入もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

また、2022年11月には出荷作業の手元を自動で録画し、作業効率改善や迅速なクレーム対応に役立てるための「テモトル」というサービスもリリースされています。

無料トライアルも用意されているので、ご紹介したロジマッチと合わせてぜひチェックしてみてください。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載