契約管理110番(ビズキューブ)の料金・評判・口コミについて

更新日:

契約管理110番(ビズキューブ)とは?

契約管理110番(ビズキューブ)とは、契約書締結時の文章・口頭などで行われた取引履歴を詳細に記録して管理することができるクラウド型管理サービスです。

契約の一元管理が実現されることで、煩雑な作業を失くし、業務効率の向上が期待できます。

期日管理を自動化したり、あらゆる検索方法でデータを探し出したりなど、便利な機能が盛りだくさんです。

契約管理110番(ビズキューブ)の特徴

契約書管理のノウハウが集約されたシステムが大きな魅力で、業務効率・品質向上が実現されます。

20年間の実務経験により構築されたデータとシステムが最大の魅力で、ISMS認証により、情報管理体制が万全なのもセールスポイント。

情報管理の体制は手厚く、グループ全体によるサポートも好評で、120,000件以上の店舗が導入しています。

また、難しい契約書の解読・登録もサポートしてくれるなど、賃貸借契約の専門家が顧客に寄り添ったサービス提供が評判です。

これまでのシステムでは、担当者が変更されると、交渉履歴を閲覧したくても過去の経緯がわからなくなってしまうなどの不都合がありましたが、契約管理110番であれば、システム上に貸主との交渉履歴を残すことができ、引継ぎも簡単になります。

また、期日通知メールで期日管理を完全に守ることができ、専任チームによって契約書の確認や入力を代行してくれるなど、嬉しいポイントが盛りだくさんです。

契約管理110番(ビズキューブ)の料金

詳しい料金に関してはお問い合わせください。

契約管理110番(ビズキューブ)の評判・口コミ

店舗数が多いが、契約管理が楽になった

“当社は全国に数百店舗もの物件があり、契約書の数が非常に多く、その管理に屈していましたが、契約管理110番を利用してからは、入力代行サービスにより業務負担が大きく軽減され、閲覧者と編集者で権限を分別し、店舗ごとに作業を割り振ることもできるようになりました。”(某不動産業)

契約書を本社で一括管理できる

“M&Aにより、事業会社ごとに契約書を管理する必要があり、煩雑さを極めておりましたが、契約管理110番を導入したことで、契約書を本社で一括管理できるようになり、契約書データをシステムから出力して、今後の参考資料にするなど多彩な方法で利用しています。契約満了の時期や、家賃の価格などあらゆる検索方法ができるのも便利です。” (某商社)

まとめ

以上、契約管理110番(ビズキューブ)について解説いたしました。

契約書の管理にお困りの企業、今後契約書管理システムの導入をお考えの方はぜひ、契約管理110番(ビズキューブ)の利用をご検討ください。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載