賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)の料金・評判・口コミについて

更新日:

賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)とは?

賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)は、賃貸借不動産の契約情報が一元管理され、全社での共有を実現できるサービスです。

自社が借りている物件や不動産の管理に長けたツールですので、ぜひこの記事を参考になさってください。

賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)の特徴

賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)は、賃貸不動産・賃借不動産物件の賃貸契約書や賃借契約書の管理を最適化するシステムです。

情報共有することで、賃貸借不動産契約管理の業務改善が実現され、業務負担を軽減してくれるクラウド型ソリューションとして高い評価を得ています。

データ管理に関してしっかりとサポートしてくれるので高い顧客満足度を誇ります。

開発元は、賃貸借不動産管理を長年行っており、その経験を生かし、管理体制・業務フローの構築に関しても高い評価を得ています。

賃貸借契約などの情報は、社内に散在しがちですが、必要に応じて取得・作業・保管ができるよう、まとめることができます。

従って、それらの情報をもとに社員同士で新しいコミュニケーションが実現されます。

賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)の料金

詳しい料金に関してはお問い合わせください。

賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)の評判・口コミ

点在していたデータを集約し、迅速な活用が実現

“これまで、賃貸借契約締結後は、属人的な作業であり、各自の業務で必要な情報のみ、その場限りで収集・保管を自身のツールで行っていましたが、経営判断が強いられるシーンでは、すぐに対応ができないなどの問題がありました。またそれらのデータは利用されたあと、誰が保存しているのか分からなくなってしまうなどの問題点も多く、改善する必要性を感じていました。そこで賃貸借契約 不動産管理システムを導入したところ、そのシステム下に最新情報が集約されるようになったため、必要な情報をすぐ出せるようになり、正確な情報を社員が皆把握できるようになりました。それに伴い、契約関係資料の作成もスムーズに行えています。

まとめ

以上、賃貸借契約 不動産管理システム(アイディーエス)について解説いたしました。

これまで賃貸不動産・賃借不動産物件の賃貸契約書や賃借契約書の管理に頭を悩ませていた企業の方はぜひ、導入を検討してみてください。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載