SC FORCEの料金・評判・口コミについて

更新日:

コロナ禍、円安、人件費増、資源高、インフレ…と厳しい経営環境が続く中、ショッピングセンター(以下SC)やショップの動向把握、リーシングの重要性はますます高まるばかりです。

しかし一方、戦略づくりに活かせる情報が少なかったり、リーシングの精度が低い、効率が悪いといった悩みを抱える企業や担当者も少なくありません。

SC FORCE(エスシーフォース)は、SC業界全体のトレンドや業種・地域別等の動向などを可視化できるクラウドサービスとして注目されています。

本記事では、SC FORCEの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

SC FORCE(エスシーフォース)とは

SC FORCEとは、株式会社リゾームが提供する、全国のSC・16万ショップ(325業種)の出退店データをBIで活用することができるクラウドサービスです。

全国SCのショップ出退店動向を通じて、業種、企業、地域別のトレンドをつかむことができるサービスで、SCの戦略づくりやリーシングに活用することができます。

最新データをBI(Tableau)で自由に絞り込んで可視化できるだけでなく、データに基づいたリーシングリストの作成も可能なため、SC運営における課題解消に貢献します。

さらに、SCに関わる様々な企業においても出退店データを活用することで、業界や企業ごとの動向、課題の把握ができ、自社の新規営業効率化や既存顧客の取引拡大、提案力向上などに活かすことも可能です。

おすすめの類似マーケティングリサーチツール

コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

(4.5)

利用料金500円~無料お試しなし
初期費用0円導入会社3,000社以上

セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

ローコストでネットリサーチができる

Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

グラフカスタムでアウトプットが自由自在

Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

直感的操作が可能

使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

この製品はマーケティングリサーチツールの製品です。

マーケティングリサーチツールをまとめて資料請求

SC FORCEのおすすめポイント

トレンド分析が可能

SC FORCEでは、トレンド分析によってショップ数の月別推移や業種別・地域別・SCタイプ別の出退店傾向を分析してトレンドをつかむことができます。

エリアやSCタイプなど、条件を絞ったフィルターが可能です。

業種別のトレンド分析も可能で、増加・減少傾向にある業種を把握、大業種からショップ単位までドリルダウンして、詳細な分析を行うことができます。

ショップの詳細が分析できる

ショップ分析も可能で、ショップの出店数や退店数ランキング、気になるショップの詳細な分析が実現できます。

出店数や退店数のランキングを集計することで、今勢いがあるショップを探すことができ、ショップ詳細分析ではショップの出店エリア、出店・退店履歴、同じSCに出店している確率が高いショップまで把握することが可能です。

※ショップ分析機能は、オプションとなります。

ショップ運営企業、ショップごとの勢いを把握

SC FORCEの企業分析機能を利用することで、ショップ運営企業ごとのショップ数増減や出店エリアといった、出店の勢いを把握することができます。

ショップを運営する企業やショップごとのトレンドを分析することが可能です。

※企業分析機能は、オプションとなります。

リーシングリストの自動作成が可能

リーシングの精度や効率を上げたいという方にSC FORCEはおすすめです。

気になるSC内のショップ分析や、データに基づいたリーシングリストを自動で作成することができます。

SC内ショップ分析によって、気になるSCの出店ショップ一覧や出店・退店の傾向、同じSCに出店している確率が高いショップを把握することが可能です。

気になるSCを複数選択して、出店しているショップの比較リストを作成したり、指定したSCのショップと同じSCに出店している確率が高いショップのリストを作成する機能も搭載しています。

※リーシングリスト作成機能は、オプションとなります。

SC FORCEの主要な機能

SC FORCEの基本パッケージに含まれる機能、オプション機能を紹介します。

基本パッケージ

  • トレンド分析:ショップ数の月別推移を把握
  • トレンド分析(業種):増加傾向、減少傾向の業種を把握

オプション

  • 出店・退店ランキング:ショップの出店数・退店数のランキングを集計し、勢いのあるショップを把握
  • ショップ詳細分析:ショップの出店エリアや退店履歴、同じSCに出店している確率の高いショップを把握
  • トレンド分析(ショップ運営企業):ショップを運営する企業ごとのショップ数増減や出店エリアなどを分析
  • トレンド分析(ショップ):指定したショップごとの出店の勢いを把握
  • SC内ショップ分析:気になるSCの出店ショップ一覧や退店傾向、同じSCに出店している確率の高いショップを把握
  • リーシングリスト(SC比較):複数SCを選択して、出店しているショップのリストを作成
  • リーシングリスト(同SC出店確率):指定したSCのショップと、同じSCに出店している確率が高いショップリストを作成

SC FORCEの料金·価格

SC FORCEの料金は、非公開となっているため、公式サイトよりお問い合わせください。

SC FORCEで取り扱っているデータについて

SC FORCEでは、自社で運営しているデータベースサービス「SC GATE(エスシーゲート)」のデータを利用しています。

全国SCのホームページ(約3,500SC)から毎月調査を行なっているため、いつでも最新のデータを活用することが可能です。

ブランド名の表記ゆれを統一して独自の業種分類を行うことで、全国SCのショップ出店・退店の動向を分析することができます。

SC FORCEの詳細について

SC FORCEについて、おすすめのポイントや機能などを紹介させていただきました。

SC業界に関わる企業において、常に最新のSCやショップの動向・トレンドを把握していることが、優れた経営戦略につながります。

SC FORCEであれば様々な分析機能によって、SCの動向や比較が可能なので、企業が抱える課題解消に貢献してくれます。

サービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

      その他の関連する記事

      これは マーケティングリサーチ の製品です。
      マーケティングリサーチ の製品をまとめて資料請求

      口コミや導入事例・評判について

      満足度

      費用を抑えたいならざんまいクラウド

      良い点

      年中使用するシートは年払い、能力評価シートなど人事評価の際だけに使用するものは月払いを選べばコストを大幅に抑えることができます。トライアル期間が90日もあるので時間を掛けて試すことができました。

      導入して解決できた課題や得られた成果等

      テンプレートが豊富にあるので、シートの作成が簡単にできるようになりました。上司が部下のシート入力の進捗状況を確認できるようになりました。

      ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

        • qeee枠【マーケティングリサーチ】

          コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

          (4.5)

          利用料金500円~無料お試しなし
          初期費用0円導入会社3,000社以上

          セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

          ローコストでネットリサーチができる

          Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

          グラフカスタムでアウトプットが自由自在

          Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

          直感的操作が可能

          使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載