LIFE-Vision(ライフビジョン)の料金・評判について。倉庫管理を容易に

最終更新日 

物を扱い倉庫で保管するのに欠かせないのが倉庫管理システムではないでしょうか。手動で管理していては、業務が進みません。倉庫管理システムを導入することで、さまざまな商品の扱いが楽になります。この記事では倉庫管理システムの1つである、「LIFE-Vision」についてご紹介したいと思います。特徴やメリット、注意点などをみていきましょう。LIFE-Visionは株式会社東計電算が運営しています。

LIFE-Visionの特徴・機能

対応している製品が多い

1つ目の特徴が対応している製品が多いです。LIFE-Visionはドラッグストア・ホームセンター・ディスカウントストア向けの倉庫管理システムとなっています。複数センター・複数荷主に対応していて、大きい小さいにかかわらずさまざまなデータ量に対象できるので、希望に応じた費用感で使うことができます。

複数の棚卸方法が標準装備されている

2つ目の特徴が複数の棚卸作業が標準装備されていることです。棚卸方法は倉庫によって異なりますが、LIFE-Visionでは全件棚卸、循環棚卸、当日出荷棚卸が標準装備されているので、自分で導入する必要がありません。導入するだけで複数の棚卸方法が標準装備されているので、すぐに棚卸作業に活かすことができます。

ロット管理も標準装備されている

3つ目の特徴がロット管理も標準装備されています。ロット・製造年月から自動的に出荷期限を算出して、警告リストを出力します。出荷期限が過ぎているものは入荷・引当を不可とするので、古い物を出荷してしまったということがありません。

LIFE-Visionのメリット

LIFE-Vision導入のメリットは主に以下の2つです。

確実なロット管理が行える
作業効率化

1つ目が確実なロット管理が行えます。手動でロット管理を行なっていると、先入先出法が守れず古い商品を出してしまったということがあります。しかしLIFE-Visionではロットチェックを行い出荷期限を過ぎている商品は入荷不可なのでそのようなミスがありません。2つ目が作業効率化へとつながります。ピッキング動線設定が可能で、最も作業効率が良いピッキング作業を導いてくれます。その結果作業効率が良くなります。

LIFE-Visionの注意点

LIFE-Visionの注意点は口コミがなく、公式サイト以外の情報が少ないことです。導入する上で、他の情報を参考にしたくとも、参考にする情報がないので導入を躊躇ってしまうかもしれません。

LIFE-Visionの価格・料金プラン

お問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

LIFE-Visionの導入事例・評判

2.5ヶ月という短期間でシステムを導入できました。WMSとTC用WMSの機能が同パッケージとしてあるので、組み合わせてさまざまなチェックが一元的に行えました。PC,ハンディーなどを共用して使えるので資産の無駄も省けました。
非公開

類似サービスとの比較

サービス名月額特徴
ロジザードZEROお問い合わせ最短1ヶ月で導入可能
クラウドトーマス100,000円からクラウド型
Super-Visionお問い合わせ衣・食・住の物流に対応

ロジザードZEROは最短1ヶ月で導入可能なので、早く導入したい企業におすすめです。クラウドトーマスはクラウド型なので、在庫から入荷までのデータを全て一元で管理できます。Super-Visionは衣・食・住の物流に対応しており、鮮度管理などを行なっているので、色を扱っている倉庫におすすめです。

LIFE-Visionで一元管理

LIFE-Visionがあれば、ロット管理から棚卸作業、ピッキング動線設定なのが可能になります。他のシステムを導入する必要もないので、わずわらさしを感じずに業務に専念できるでしょう。ミスも減らせるので、ぜひ導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載