Cariot(キャリオット)の料金・評判について。車両に関するトラブルを回避しよう

最終更新日 

車両管理や配車管理は、台数が少なければ手間もさほどかかりませんが、企業として行うには手間もかかり台数も多いので管理をするのが大変になります。そこで車両運行管理システムを導入することでそういった管理の煩わしさから解放されます。この記事では車両運行管理システムの1つである「Cariot」のメリットや特徴などについてご紹介したいと思います。

Cariotの特徴・機能

輸配送を効率化

1つ目の特徴が輸配送を効率化できます。車両サービスを提供している企業にとって、車両の状況が見えないのはとても不安ですよね。Cariotでは乗る人や待つ人、見守る人などを見える化でき、「今どこ?」という確認の手間を軽減できます。これによって手間だけではなくストレスも減らせます。

レポート機能が備わっている

2つ目の特徴がレポート機能が備わっています。手書きで車両情報を管理できますが、それでは入力ミスや入力漏れなどが起こってしまいます。そこで、車載デバイス経由で車両情報を管理すれば正確に記録できます。

専用アプリでより使いやすく

3つ目の特徴が専用アプリでより使いやすくなります。アプリと連動できますので、外出先から車両情報がリアルタイムでわかります。アプリはさまざまな車両で利用でき、ドライバーの位置情報を共有できたりしますので、専用アプリを導入すれば困ることはないでしょう。

Cariotのメリット

Cariotの導入メリットは主に以下の2つです。

到着予想時刻を把握できる
コスト削減

1つ目が到着予想時刻を把握できます。車両に関する仕事でよくあるのが、渋滞などのトラブルによる遅延ではないでしょうか。Cariotでは到着予想時刻や遅延の情報を自動的に通知されますので、お客様からの問い合わせにもスムーズに答えられるでしょう。2つ目がコスト削減です。手作業で行なったものはコストも手間もかかります。Cariotを導入すれば、無駄な手間が減り人件費も減りますのでコスト削減へとつながるでしょう。

Cariotの注意点

Cariotは車載デバイスが多くそれがメリットでもあるのですが、取り付けが難しいと感じることもあります。自分で設置できない場合は、業者による取り付けも可能です。別途料金はかかってしまいますが、自分での取り付けが難しい方はぜひ視野に入れてみてください。

Cariotの価格・料金プラン

車両に必要なデバイスの料金はお問い合わせになっています。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

Cariotの導入事例・評判

Cariotを導入したことで、配送ルートが見える化になり、課題も見つけられました。その結果配送効率をおよそ20%ほど改善できる見込みがあります。データを活かし、より効率的なデータを組むことができ、人員削減や配送の効率化につながりました。
UCコーヒープロフェッショナル

導入前の課題はドライバーの位置情報・業務状況を把握し、輸送効率をあげたいことでした。使い勝手が良く、スピーディーな機能の追加や開発が可能になので導入を決めました。導入によって安全性の担保と効率化の課題は6割から7割ほど改善できました。
株式会社ゼロ・プラス西日本様

Cariotの比較

サービス月額特徴
Cariot2,980円〜走行データを元に運転改善指導が可能
SmartDrive Fleetお問い合わせ豊富な導入実績
docoですcar4,500円〜ニーズに合ったプランを選択できる

Cariotは走行データを元に運転改善指導が可能です。ドライバーの質の向上を目標としている企業にぴったりです。SmartDrive Fleetは豊富な導入実績があるので、安心して導入できるでしょう。docoですcarは豊富なプランなので、ニーズに合ったものを選択できます。要望が多い方に合っているでしょう。

Cariotでトラブルを回避しよう

Cariotは車両の見える化だけではなく、トラブル回避にも利用できます。配送業務などに関してはトラブルが多いので、事前にしっかりと回避できるようになると安心できるでしょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載