KITARO(キタロー)の料金・評判について。ドライバーの安全意識を高めよう

最終更新日 

リアルタイム車両管理システムを導入することで、車両の状況や道路状況が確認でき、業務の効率化が期待できます。車両管理システムはいくつもありますが、この記事では「KITARO」について紹介します。

KITAROの特徴や導入するメリット、価格などをみていきましょう。リアルタイム車両管理システムで迷っている企業はぜひ参考にしてください。

KITAROの特徴・機能

Googleマップから位置情報が分かる

1つ目の特徴がGoogleマップから位置情報が分かることです。

Googleマップは精度も高く、使いやすいので愛用している方も多いでしょう。管理者であれば、全ての車両の位置情報がリアルタイムでわかり、到着予想時刻も素早く回答できます。

簡単日報作成

2つ目の特徴が簡単日報作成です。

走行中でも車両はいつでもインターネットにつながっています。これにより、事務所に戻ってパソコンを開くと、運行履歴、日報の雛形が作成されています。内容を確認して提出だけですので、業務効率化が期待できます。

ドライバーの運転成績

3つ目の特徴がドライバーの運転成績です。

リアルタイムで車両を確認するだけではなく、ドライバーごとに得点などが見られます。急ハンドルや急ブレーキをすれば減点されます。これにより安全運転をしようと心がけるでしょう。

KITAROのメリット

KITAROの導入メリットは主に以下の2つです。

業務効率化
お客様からのお問い合わせに即座に答えられる

1つ目が業務効率化です。先ほども紹介したように日報作成が簡単になったり、常務記録作成など事務作業の業務を大幅に改善してくれます。

2つ目はお客様からの問い合わせに即座に答えられます。車両の位置をリアルタイムで把握することによって、あとどのくらいで到着できるのかなどといった問い合わせにすぐに答えれます。お客様も従業員のストレスも減るでしょう。

KITAROの注意点

KITAROの注意点は常にリアルタイムで監視しているので、社員によっては監視されていてストレスというふうに感じるかもしれません。

KITAROの価格・料金プラン

KITAROはアダプタであれば月額2,800円/台で利用可能です。初期費用、取り付け費用はかかりません。

KITARO×デジタコであれば本体価格85,000円、月額利用料2,800円/台です。

KITARO×ドラレコであれば本体価格39,800円、月額利用料2,800円/台です。

KITARO×バイクであれば端末代金0円、月額利用料2,800円/台です。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

KITAROの導入事例・評判

安全運転評価ができ、ドライバーの操作を基本必要としないこと、設置作業が簡単、端末が小さいなどの理由から導入をしました。ドライバーの安全運転意識が高まり、事故が少なくなりました。
株式会社山路フードシステム

KITAROは初期費用が安く、コストも分かりやすいので導入しやすかったです。導入後はバイクの戻り時間が分かり、時間を予測してピザの調理をできるようになりました。正確な配達時間も伝えられるようになりました。
ピザーラ浦安店様

KITAROと類似サービスとの比較

サービス名月額特徴
Cariot2,980円〜導入方法が簡単
SmartDrive Fleetお問い合わせ専用アプリがPC・スマホに対応
docoですcar4,500円〜ドコモ品質で安心して利用可能

Cariotは月額2,980円から利用でき、導入方法が簡単で、ハードルが低いのが特徴です。導入にためらっている企業にいいでしょう。

SmartDrive Fleetは専用アプリが端末に対応しており、使いやすいのが特徴です。

docoですcarはドコモ品質なので安心して利用できるでしょう。どれを入れたらいいかわからないという企業におすすめです。

KITAROでドライバーの安全意識を高めよう

KITAROの最大の魅力はドライバーの安全運転を数値化できることでしょう。

これらを利用して、ドライバーの安全意識を高めて事故を減らすことも可能です。車両位置だけではなく、ドライバーの安全意識も改善したい企業は導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載