octpathの料金・評判・口コミについて

    管理職における課題としては、「チームメンバーの作業内容が可視化できていない」、「一部のメンバーしかわからないことがあり、属人化が発生している」といった問題が挙げられるでしょう。

    octpathは、業務フローを可視化してチームの属人化を解消できるサービスとして注目されています。

    本記事では、octpathの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    octpathとは

    octpathとは、株式会社アクロリアが運営しているクラウド型のプロセスマネジメントツールです。

    業務をフロー形式で可視化しつつ、作業の進行を自動でサポートすることで、マネジメントの負荷を軽減し、属人化を解消することができます。

    入社対応や支店管理業務など、業種や業界を問わず、様々な業務で活用することができます。

    octpathのおすすめポイント

    業務プロセスを可視化

    octpathでは、チームの業務に合わせて業務フローを登録することで、業務全体の可視化が可能になります。

    業務の登録はフロー形式で、直感的な操作で行うことができるため非常に簡単です。

    また、業務フローをテンプレートとして保存することができ、繰り返し発生する業務の効率化に役立ちます。

    業務の進捗状況をリアルタイムで把握

    タスクの担当者や期限を設定することで、いつでもリアルタイムにプロセスごとの進捗状況を確認できます。

    また、通知やフローの分岐処理など、一部ではシステムが業務を自動でサポートします。

    業務設計からサポート

    「業務フローの設計方法がわからない」、「業務改善をしたいけれど人手不足」という企業でも、octpathは業務設計段階からサポートを提供しているため安心です。

    現状の業務を可視化して、理想的な業務プロセスの設計をサポートします。

    また、octpathのセットアップについても懇切丁寧なサポートを受けることができます。

    octpathが活用できる業務

    octpathは繰り返し発生するルーティン業務であれば、汎用的に利用することができます。

    • 入社/退社対応:従業員の入社や退社に関連する業務の進捗状態を複数部署を跨いで見える化
    • 新規顧客のフォローアップ:オンボーディングプロセスを管理
    • 支店の業務管理: 他店舗・他支店と本部間でのやりとりが必要な業務の管理
    • メディアの記事作成プロセス:記事の執筆からメディア公開まで進捗を管理
    • マーケティング施策の管理:週次や月次で行うマーケティング施策の管理に活用
    • 備品の発注・購買プロセス:社内で必要な備品の発注状況を管理
    • イベントの準備:セミナーやイベントの運営に向けたプロセス管理に活用

    octpathのセキュリティ

    octpathでは、安心してサービスを利用できるように、以下のセキュリティ対策を行っています。

    • 全ての通信を暗号化:サービス上の全ページで暗号化通信(SSL)を採用
    • データ保護への対策:AWSを利用したサービスの提供とお客様のデータ管理を実現
    • データベースバックアップ:1日単位でバックアップを取得して、トラブル時にもデータの復旧が可能
    • 多要素認証:設定を有効化することで、Google AuthenticatorやDuo Mobileなどのアプリを用いて認証が可能
    • 柔軟な権限設定:フローごとに確認や編集、閲覧できるメンバーを設定

    octpathの主要な機能

    octpathには業務フローを可視化して、効率的に管理するための利便性が高い機能が搭載されています。

    • 自動で条件分岐:タスク内での入力内容やチェックの有無に合わせて自動で後続タスクを分岐
    • 柔軟な業務フローの登録:条件による分岐、同時並行での作業などが可能
    • タスクの期限管理:手動設定以外に条件に応じた自動設定が可能
    • タスクの漏れを把握:期限切れのタスクやプロセスを一覧で把握
    • タスクの追跡:進行状況が気になるタスクを登録してリアルタイムに確認
    • チャットツールでの通知: コメントやタスクの開始に関わる通知をslackなどのチャットツールで受け取ることが可能

    octpathの料金·価格

    octpathでは、現在、1種類の料金プランを用意しています。

    • スタンダード:月額1,650円

    また、30日間無料で利用できるトライアルを提供しており、トライアル中は全ての機能をお試しで使用することができます。

    ※価格情報は2022年6月時点のもの

    octpathの導入事例・評判・口コミ

    スタートアップでも効果を実感しています

    “octpathを利用する以前は、Googleドキュメントやスプレッドシートをなんとなく組み合わせて使っていました。現在は5つの業務フローをoctpathに登録していますが、はじめから完璧なフローを登録するのではなく、タスクを進めて行く中で更新していくようにしています。octpathに業務を登録して可視化することで、効率化が可能なポイントが見つかることも導入メリットだと感じています。”(匿名希望)

    導入ハードルが低いサービスです

    “同じ手順で繰り返す業務が発生しており、これの管理が課題となっていました。octpathの導入以前は、Wordやドキュメントで手順を記載していましたが面倒な部分が多かったのですが、octpathは、タスクと手順書をまとめて管理できるようになりました。トライアル時からサポートを受けることができたので、サービス利用のイメージが掴めましたし、導入後は紙の管理の煩雑さから解放されています。”(イメディーク株式会社様)

    現在は、個人事業主の方から、5,000名以上の企業様まで、企業規模を問わず導入されています。

    octpathの詳細について

    octpathについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    チームメンバーの業務を可視化して、管理を強化するためにも幅広い業務で活用できるoctpathは非常に有効なサービスでしょう。

    octpathのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    octpath
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【BPM】

        類似サービス: octpath

        (4.5)

        月額料金1,650円無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最低契約期間要問い合わせ

        octpathとは、株式会社アクロリアが運営しているクラウド型のプロセスマネジメントツールです。 業務をフロー形式で可視化しつつ、作業の進行を自動でサポートすることで、マネジメントの負荷を軽減し、属人化を解消することができます。

        業務プロセスを可視化

        octpathでは、チームの業務に合わせて業務フローを登録することで、業務全体の可視化が可能になります。 業務の登録はフロー形式で、直感的な操作で行うことができるため非常に簡単です。

        業務の進捗状況をリアルタイムで把握

        タスクの担当者や期限を設定することで、いつでもリアルタイムにプロセスごとの進捗状況を確認できます。 また、通知やフローの分岐処理など、一部ではシステムが業務を自動でサポートします。

        業務設計からサポート

        「業務フローの設計方法がわからない」、「業務改善をしたいけれど人手不足」という企業でも、octpathは業務設計段階からサポートを提供しているため安心です。 現状の業務を可視化して、理想的な業務プロセスの設計をサポートします。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載