Worker Connect(ワーカーコネクト)の料金・評判・口コミについて

    建設工事やビルメンテナンス、工場など、作業現場では、従業員に万が一の事故が発生しないよう安全確認を怠ることができません。

    しかし、夜間や一人作業など、トラブルが発生した際に、迅速な対応をすることが難しい場面もあります。

    Worker Connectは、手軽に作業現場の安全管理ができることから注目されています。

    本記事では、Worker Connectの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Worker Connectとは

    Worker Connectとは、センスウェイ株式会社が運営している、作業現場の安全管理を実現するウェアラブルIoTソリューションです。

    厚生労働省が発表した熱中症による死傷災害の発生状況(2019年)によると、熱中症による死傷者は、829人に及ぶと報告されており、死亡者は25人となっています。

    作業現場では、夏場の熱中症による死傷者数が高く、さらに、転倒や墜落といった事故のリスクも決して低くはありません。

    Worker Connectは、重さ45グラムの腕時計型トラッカーを装着するだけで、現場管理者の安全管理を効率化して、万が一のトラブル時にも即時対応できるようになります。

    「作業員の熱中症対策を効率的に実施したい」「導入にかかるコストを抑えたい」「作業員の持ち物や負担は増やしたくない」「情報漏洩のリスクは高めたくない」といった課題を抱えている方におすすめのサービスとなっており、建設、物流、製造、警備といった業界で広く導入されています。

    Worker Connectのおすすめポイント

    健康状態や転倒事故をリアルタイムに把握

    Worker Connectは、腕時計型のトラッカーを作業員に装着してもらうことで、心拍数や皮膚温度を計測、リアルタイムに健康状態を把握することが可能となります。

    万が一、作業員が転倒などの事故にあった際には、転倒アラート送信してくれるため、深夜作業や一人現場でも迅速な対応が実現できます。

    継続して利用しやすいランニングコスト

    危機管理システムを導入したいが、毎月のコストが高く、継続して利用するのは難しいと考えている方にこそ、Worker Connectはおすすめです。

    Worker Connectは、「初期費用+センサー費用」+「月額料金」+「オプション利用料」で構成されており、ランニングコストを安価に抑えることができます。

    多数のデバイスを一括管理することが可能

    Worker Connectは、複雑な初期設定は不要で、専用アプリケーションによって作業員の健康状態や多数のデバイスを一括管理することができます。

    センサーやアプリケーションなどは、全て設定済みの状態で提供されるため、導入後すぐに利用を開始することが可能です。

    Worker Connectのシステム構成

    センサー

    作業員が身につけた腕時計型のトラッカーから心拍数や転倒、歩数、消費カロリーといったデータを集計します。

    これによって、熱中症などの健康リスクを迅速に察知して対応できるようになります。

    通信

    専用のIoTゲートウェイによって、センスウェイのIoTプラットフォームへ収集したデータを送信します。

    IoT専用の通信で、広いエリアをカバーするため、ゲートウェイの設置台数も少なく済みます。

    アプリケーション

    集計した心拍数、皮膚温度などで閾値を設定して、管理者へアラートを送信します。

    Worker Connectの主要な機能

    Worker Connectで提供しているデバイスに搭載されている機能を紹介します。

    • GPS機能
    • 歩数、歩行距離、消費カロリーの表示
    • 時刻表示
    • 光学式心拍センサー内蔵
    • アラーム、バイブ機能
    • SOS/転倒検知アラート
    • 皮膚温度感知

    また、管理用のアプリケーションには以下の機能が搭載されています。

    • マップ表示:センサーのGPSから位置情報を表示
    • アラート機能:転倒検知、皮膚温度、心拍数、SOSなどに異常があった際にアラートを送信
    • センサー情報管理:作業員情報を管理
    • レポート表示:CSV、エクセル形式で出力が可能

    さらに、ビーコンによる屋内位置測位や、SMS・音声通知によってアラート送信が可能なオプション機能も用意されています。

    音声通知では、指定した文章を自動的に音声へ変換して通知することが可能です。

    Worker Connectの料金·価格

    Worker Connectの料金体系は、「初期費用+センサー費用」+「月額料金」+「オプション利用料」で構成されています。

    料金の詳細については、公式サイトよりお問い合わせください。

    Worker Connectの詳細について

    Worker Connectについて、おすすめのポイントや料金などを紹介させていただきました。

    現場作業の危機管理を強化したいという場合でも、コスト面が折り合わなかったり、作業の進捗に影響するような製品が多く、なかなか自社にマッチしたサービスが見つからないという方は多いのではないでしょうか。

    Worker Connectは、腕時計型のデバイスで利用しやすく、作業員の健康リスクをリアルタイムで検知することが可能です。

    Worker Connectのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    Worker Connect
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載