ケンカツの料金・評判について。施工管理をしよう

最終更新日 

建設業は一つ一つのプロジェクトが大きいので、必要な業務も必然と増えて行きますよね。

できたら施工管理やマッチング・職人作業など建設に伴う必要な作業は楽にわかりやすくしていきたいですよね。

そこで利用したいのが、LINEに必要な機能を盛り込んだ「ケンカツ」です。

本記事ではケンカツの特徴や導入するメリットを紹介します。

LINEを活用して、作業の負担の軽減をしたいと考えている建設業の方は参考にしてください。

ケンカツの特徴・機能

施工管理機能

1つ目の特徴が施工管理機能です。

工事写真の共有と管理ができ、これにより目に見えて具体的なことがわかるようになります。LINEに画像を送ると自動でDropboxに転送されて他のツールを使わずに2つだけで完結するようになります。Dropboxを活用することで企業間でのやりとりもスムーズにいくのです。

さまざまな会社を対象としている

2つ目の特徴はさまざまな会社を対象としています。

大きい会社のみならず、小規模の企業でも改善の余地がある内容・金額にて提供してくれます。これによりそれほどコストが用意できなくとも、安心して導入できるのではないでしょうか。改善の余地がある内容ですので、導入すれば大きな改善が見込めるでしょう。

マッチング機能

3つ目の特徴がマッチング機能です。

良い建物を作るには良い従業員を獲得する必要があります。働きたい人はLINEで登録して、働いて欲しい人は管理画面からオファーを送ります。このマッチング機能により必要な人材を確保できるようになるのです。

ケンカツのメリット

ケンカツの導入メリットは主に以下の2つです。

施工管理が楽になる
オーバースペックにはならない

1つ目のメリットは施工管理が楽になります。建設現場の施工写真や作業完了報告書、経費生産の領収書などを写真に取れば、Dropboxに転送されます。これにより共有が楽になり、写真ですので施工管理がわかりやすいようになります。

2つ目はオーバースペックにはなりません。ツールを導入したものの使わない機能が多くそれに対して金額を払うのは気が引けますよね。ケンカツでは必要な機能だけを揃えられ、煩わしさは感じません。

ケンカツの注意点

注意点は画像を転送する際にDropboxが必要になることです。保存する画像が多く慣れば多くなるほど、Dropboxの容量を増やさなければならないので課金をする必要が出てきます。

ケンカツ価格・料金プラン

ケンカツは月額980円です。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

ケンカツの導入事例・評判

現在調査中です。

ケンカツと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
Smart Factoryお問い合わせ課題をまとめて解決
mcframe RAKU-PADお問い合わせExcel/PDF/画像から電子帳票を簡単作成
XC-Gate.ENTお問い合わせExcelで簡単に電子帳票を作成

Smart Factoryは経営者・管理者・製造現場の課題をまとめて解決するためのシステムが詰まっています。必要な機能はこれ一つに揃っているのです。

mcframe RAKU-PADはExcel/PDF/画像から電子帳票を簡単作成してくれるもので、現場が違和感なく導入できます。

XC-Gate.ENTはExcelで簡単に電子帳票を作成できるようになります。さまざまな用途で活用できるでしょう。

ケンカツで施工管理をしよう

施工管理は複雑なものになると共有が難しくなりますよね。

そこでケンカツを導入すれば、施工管理がスムーズにいき、従業員同士のすれ違いもなくなります。

LINEを活用したケンカツは非常に便利です。

建設業務を少しでも楽にしたい方はケンカツの導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載