ActiveImage Protector Virtual Editionの料金・評判・口コミについて

更新日:

    今の時代、クラウドコンピューティングの運用および連携は企業にとって必須の業務となっています。そんな中で、ActiveImage Protector Virtual Editionは比較的リーズナブルで、機能面でもすぐれているクラウドコントロールシステムとして知られています。ActiveImage Protector Virtual Editionの料金、特徴、口コミについて詳しく見ていきましょう。

    ActiveImage Protector Virtual Editionとは?

    ActiveImage Protector Virtual Editionとは、大容量のデータをクラウド上に移行し、一定期間にわたって安全に保管できるクラウドコントロールシステムです。フォルダ単位でのバックアップにも対応しています。

    ActiveImage Protector Virtual Editionの特徴

    ActiveImage Protector Virtual Editionの特徴についてみていきましょう。

    エージェントレスで負荷が少ない

    ActiveImage Protector Virtual Editionはエージェントレスで稼働させることができる、非常に優れたクラウドコントロールシステムです。エージェントレスのためホストサーバーの負担が少なく、予期せぬダウンなどのリスクを軽減できるのが特徴です。

    初期費用が少ない

    ActiveImage Protector Virtual Editionは、\198,000の初期費用で簡単に導入することができます。

    データの重複を自動チェック

    ActiveImage Protector Virtual Editionなら、データの重複も自動的にチェックできるため非常に便利です。

    ActiveImage Protector Virtual Editionの料金

    ここでは、ActiveImage Protector Virtual Editionの料金体系について見ていきましょう。

    初期費用は?

    ActiveImage Protector Virtual Editiorであれば\198,000の初期費用で導入することができます。

    無料プランはある?

    ActiveImage Protector Virtual Editionには無料プランはありません。

    ActiveImage Protector Virtual Editionの料金は安い?

    初期費用にかぎらず、あらゆる機能をリーズナブルに利用できるActiveImage Protector Virtual Editionはユーザーにとってもお得であると言えるでしょう。

    ActiveImage Protector Virtual Editionの評判・口コミ

    ActiveImage Protector Virtual Editionの口コミについて見ていきましょう。

    導入が簡単

    クラウド完結のActiveImage Protector Virtual Editionであれば、導入も簡単なので人的コストもそれほどかかりません。

    運用保守もスムーズ

    導入から運用保守までのプロセスがしっかりと整っているActiveImage Protector Virtual Editionであれば、導入後の運用保守も簡単なので、システムシステム担当への引き継ぎにもコストがかかりません。

    ActiveImage Protector Virtual Editionでクラウドデータを安全に管理

    初期費用が安く、運用保守も簡単なActiveImage Protector Virtual Editionであればどの企業もクラウドデータを安全に管理することができます。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載