Commvault(コムボルト)の料金・評判・特徴について

更新日:

    皆さんの企業は大規模環境のデータ保護をどのように行っていますか?1つ1つ手作業で行っていますか?それでは手間もかかってしまい、人件費もかかってしまい、企業としてはコストをもっと減らしたいと考えているのも多いのではないでしょうか。そこで活用したいのがCommvaultというツールです。CommvaultはCommvault Systemsが運営しています。特徴や価格、注意点などツールについて詳しく見てみましょう。

    Commvaultの特徴・機能

    さまざまなシステムに対応している

    Commvaultの特徴の1つ目がさまざまなシステムに対応しているということです。ファイルシステム、仮想環境、データベース、クラウド、Microsoft365などのSaaS環境です。さまざまなシステムに対応しているので、「自分のシステムには対応していないから使えない」というふうに諦めることはありません。

    データ保護を1ツールで可能

    プラットフォームやアプリケーションのデータ保護をするには、本来それぞれに対応した管理ツールなどを使い分ける必要があります。しかしCommvaultならば、さまざまなプラットフォーム、アプリケーションのデータ保護ができるのでツールを使い分ける必要がありません。

    クラウド対応をしている3つの利用シーン

    Commvault Systemsはクラウド対応をしており、さまざまなシーンで使うことができ、主に3つの機能を提供しています。移行・ディザスタリカバリ、インスタンスやデータの保護、データのバックアップ先としてなどさまざまなところで使えます。1つのツールでさまざまなシステムを備えているので、とても便利です。

    Commvaultのメリット

    Commvaultのメリットは主に以下の2つです。

    煩わしさがなくなる
    多くのクラウドプラットフォームにも対応

    Commvaultはさまざまな機能を兼ね備えているうえに、クラウド対応、多くのプラットフォーム、アプリケーションのデータ保護に対応しているので、1つですみます。その結果、複数のツールを持つ必要がありません。
    対応しているのはプラットフォームだけではありません。多くのクラウドプラットフォームにも対応しています。ですので、「自分の使用環境には対応していない」と諦めることはないでしょう。

    Commvaultの価格・料金プラン

    詳細は問い合わせる必要があります。なお、トライアル期間もあるので、ぜひ申し込んでみてください。

    Commvaultの注意点

    Commvaultの注意点は価格の見積もりが公表されていないと言うことです。価格は要相談になりますので、コストをあまりかけたくないという企業は導入しづらいでしょう。しかし、公式サイトから問合せを行えば正式なお見積もりを出してもらえるので、ぜひ検討してみてください。

    Commvaultの導入事例・評判

    Commvaultを導入することで、運用方法を変えることなくデータ増加の問題を解決できました。予想外のデータ成長にも対応したほか、効果的なコスト管理も実現でき導入してよかったです。
    NTTデータ

    高速かつ安定的に稼働しており、運用も簡単です。簡単な操作でファイルをリストアできるようになり、コスト削減になりました。重複排除率、バックアップ成功率などが向上しました。
    NECソリューションイノベータ

    類似サービスとの比較

    サービス名月額特徴
    Veeamお問い合わせ仮想マシンを運用する際にぴったりなツール
    Acronis Cyber Backup年間6500円〜(プランによって異なる)コストが安い
    Arcserve UDPお問い合わせ従来通り使える

    Veeamは仮想マシンを運用する際にぴったりなので、仮想マシンを用いるときにお勧めです。Acronis Cyber Backupは最安で年間6,500円から運用ができると言うのが魅力的でしょう。安いうえに簡単操作で使え、試用もあるので導入をためらっている企業にお勧めです。Arcserve UDPは導入しても従来通り使えます。新たなツールを導入すると、手順が変わってしまうのが懸念されるでしょう。 しかしArcserve UDPならば、従来通り使えるので導入しやすいです。

    Commvaultでデータ保護を簡単に

    Commvaultは魅力はなんと言っても、さまざまなシステムに対応していることです。Commvault1つでさまざまなシステムに対応しているので、煩わしさがなくなり管理がしやすくなるでしょう。導入コストは問い合わせれば分かるので、気になる企業はまず問い合わせてみましょう。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載