LegalForceの料金・評判・口コミについて

    今回は、AI技術を用いた契約書のレビュー支援サービスである、「LegalForce」をご紹介いたします。

    株式会社LegalForceは、優秀な弁護士やプログラミング技術者が在籍しており弁護士監修の最新の法的情報と最先端のテクノロジーを組み合わせ、サービスの提供を行っています。

    LegalForceとは

    LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。

    「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

    また、最先端の技術と弁護士の最新の法的情報を組み合わせることによって、契約書に潜むリスクの洗い出しや、リサーチ・修正・案件管理業務など契約審査に必要なフローをサポートします。

    契約審査体制を強化したい企業には特におすすめのサービスです。

    LegalForceのおすすめポイント

    リスクの洗い出しを支援してくれる

    レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

    また、AIが瞬時にチェック項目を表示・該当条文をハイライトしてくれるので、修正における論点の把握や、ダブルチェックのサポートとして活用することで、契約審査の品質向上と効率化を同時に支援します。

    必要条項の抜け漏れ防止策を検討しているケースにおいてもぴったりです。

    ほしい「条文」がすぐに見つかる

    LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

    また、LegalForceには、最新の法改正に対応した弁護士監修のオリジナルひな形が600点以上搭載されており、このひな形集からも参考条文をいつでも参照できます。

    Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

    LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

    また、全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

    ナレッジの蓄積・活用を簡単に行える

    アップロードした契約書・自社のひな形は、LegalForceに蓄積されていくので自社専用のデータベースとして活用することができます。

    当事者名や担当者名、キーワードで検索が可能になり、他の担当者が対応した案件でも、ほしい契約書や条文をすぐに見つけられます。

    また、自社独自の対応方針や譲歩に関する文例などは、条文ごとに自社ひな形とともに登録しておくことで、自社の基準に沿ったレビューをサポートすることができます。

    加えて、契約書は、ドラフト版から最終版までバージョンごとに閲覧・管理できるのも嬉しいポイントです。

    当時の修正の方針や交渉の過程をコメントに残すことや、バージョン間の変更点を簡単に比較することも可能です。

    このようにあらゆるナレッジを蓄積・活用できるのも、LegalForceの大きな強みと言えるでしょう。

    導入後のサポート体制が手厚い

    導入後は、LegalForceの運用が定着するまでカスタマーサクセス担当によるサポートがあるので、安心して利用できます。

    使い方に関する質問・不明点に関しても、チャットからサポート担当に連絡することが可能です。

    また、セミナー形式や交流会形式でユーザーによる会を定期的に開催しており、活用方法に関する情報交換が行えたり、オ ンラインコミュニティに参加したりすることもできます。

    LegalForceの導入メリット

    リスク箇所の見落としや抜け漏れの防止をサポートしてくれる

    LegalForceを利用すれば、一般的な基準でのリスク検知サポートと自社独自の基準によるレビューのサポートにより、契約書のリスクの洗い出しを支援してくれます。

    さらに、AIによるレビュー支援機能を活用することで、目視では気付きづらい「抜け漏れ」についても洗い出しのサポートをしてくれるので、高品質な契約書レビューが実現します。

    契約書レビューの時間を短縮できる

    AIが瞬時にチェック項目を表示してくれることや、チェック項目と併せて修正時に役立つ関連情報やサンプル条文を表示してくれるのも支持される大きな理由です。

    LegalForceは、契約審査の各フローをサポートする機能を搭載しているので、契約書に潜むリスクの洗い出しにかかる時間短縮だけでなく、リサーチにかかる時間などの短縮も支援します。

    LegalForceの主要な機能

    文書編集

    Wordアドイン、Word編集、条ずれ・引用条・定義語チェッカー、表記ゆれチェッカー

    リサーチ

    サンプル条文・関連情報、LegalForceひな形、ひな形解説(LegalForceひな形)

    リスク検知

    自動レビュー、自社基準レビュー、英文契約書レビュー、比較、下請法チェッカー、重要度設定

    ナレッジ共有

    契約書一覧、自社ひな形一覧、バージョン管理、コメント、メール・Teams連携

    LegalForceの料金·価格

    利用人数や業務内容によって、最適な料金プランを個別に提案してくれます。

    詳しくはお問い合わせください。

    ※2022年7月時点

    LegalForce導入の流れ

    LegalForceご導入の流れは、以下の通りです。

    まずは、資料請求を行いましょう。

    資料請求の問い合わせから、原則1営業日以内に連絡が来ます。

    次に、課題や要望をヒアリングし、最適なLegalForceの運用やプランの提案を行ってくれます。

    お申し込みいただいた後は、カスタマーサクセス担当によって、最適な運用提案・サポートをしてくれるため、安心して利用することができます。

    LegalForceの導入事例・評判・口コミ

    事業部からの依頼をもれなく管理、契約審査の手間や労力を削減

    “コロナ禍で在宅勤務が導入になったことで以前から検討していた契約審査のデジタル化を推進するチャンスだと感じ、導入を決めました。LegalForceを使っていて良かったと感じる点は、審査の質を一定に保てることです。また、案件管理で担当者が一目でわかるようになったので、業務分担に関するコミュニケーションの負担も減っています“(株式会社ネットワールド様)

    導入して変わったのは「時間の使い方」

    “営業活動の傍ら書籍やネットで適切な条文を探すことが負担に。これまでは修正に必要な情報を探す作業に時間をかけていましたが、いまはアラートを確認したうえで修正の必要があるか、どのような方向性で修正するのかを判断することに時間をかけています。プレッシャーのかかる業務のなかで、精神的な負担が減ったと感じています“(クラウドゲート株式会社様)

    よくある質問

    LegalForceの自動レビューの契約類型は、どの程度対応していますか?

    LegalForceでは、現在約50種類の契約書に対応しており、詳細については、対応している契約類型の一覧表を送付していますので、まずはお問い合わせください。(2022年7月時点)

    自社のひな形をもとにLegalForceで契約書レビューを行うことはできますか?

    可能です。

    LegalForceの「自社基準レビュー」機能では、独自の確認項目や修正方針などを自社ひな形の条文ごとに登録することで、自社のポリシーに沿った契約書レビューを支援します。

    自社のひな形と突き合わせる機能もあります。

    どのような企業が導入していますか?

    LegalForceは、総務や管理部門兼任で契約書レビューしている方から、1人法務の方、大規模法務の方など、大小問わずあらゆる規模の法務部門・または契約審査担当者の方が利用しています。

    自動レビューも業界など偏りなく対応でき、様々な業種の企業から多くの支持を集めています。

    法務部がない会社でもLegalForceの使用は可能ですか?

    法務部がない組織でも、LegalForceを使用し、契約書レビュー業務の品質向上と効率化を実現した事例が多数報告されています。

    LegalForceの詳細について

    「LegalForce」は、契約審査の品質向上と効率化を実現する「AI契約審査プラットフォーム」です。

    「LegalForce」を利用することで、抜け漏れやリスクになり得る項目のチェックをAIが瞬時にサポートしてくれる上、修正作業・ナレッジの蓄積などに関しても簡単な操作でスムーズに行うことができます。

    興味を持たれた方はぜひ、株式会社LegalForceにお問い合わせください。

    画像·データ出典:LegalForce公式サイト

    無料

    LegalForce
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載