LawFlowの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
0円
初期費用
0円
無料お試し
無料利用可能
導入社数
2,000ユーザー以上
これは契約書レビューの製品です。
契約書レビューの製品をまとめて資料請求

業務委託契約や売買契約など、ビジネスシーンではさまざまな契約を交わします。

契約を成立させる前には契約書のチェックが欠かせませんが、条項が多く、また用語も難しいものがあるので、士業の方以外ではチェックが難しいのが現状です。

LawFlowは、AIを利用した契約書チェックツールです。

開発に弁護士が、監修には元裁判官が関わっているので、高い精度で契約書のチェックができます。

この記事では、LawFlowの特徴や料金、評判および口コミについてまとめました。

契約書チェックを手軽に行いたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

LawFlowとは?

LawFlowは、弁護士などの士業の方でないと難しいとされてきた契約書チェックを、AIを用いて簡単に行えるようにしたツールです。

契約書チェックは、条項の抜け落ちや記載事項のミスがないかを確かめるためにも重要ですが、人の目では膨大な時間と手間がかかっていました。

LawFlowなら、AIにより瞬時に契約書のチェックができます。

おすすめの類似契約書レビューツール

類似サービス: LegalForce

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

類似サービス: Hubble

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料お試しあり
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

この製品は契約書レビューツールの製品です。

契約書レビューツールの製品をまとめて資料請求

LawFlowの特徴

LawFlowの特徴についてまとめました。

どのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

AIが契約書をチェックして抜け落ちを防止

LawFlowはAIが契約書をチェックするので、条項の抜け落ちがある場合でもすぐに気づけます。

法務のプロである弁護士などの士業の方でも、条項の抜け落ちを発見するのは困難です。

AIは、人が苦手とする条項チェックは得意分野のため、LawFlowを導入することで確実に工数を削減できます。

効率のよい契約書チェックができる

LawFlowは、手持ちの契約書や過去の取引に用いた契約書をひな形に設定することで、契約の変更点や契約条項などを瞬時にチェック可能です。

また、ひな形や過去の契約書とどのような部分が変更になったのか比較する機能もあり、変更点がハイライトで表示されます。

これにより、契約書レビューのスピードが速まるほか、締結する契約書がレビューしたものと一致するか確認する作業も任せられるのもメリットの1つです。

多種多様な契約書に対応可能

LawFlowは43種類の契約書形式に対応可能です(無料版は秘密保持契約・業務委託契約のみ対応)。

一口に契約書と言っても、業務委託契約、秘密保持契約、売買契約などさまざまな契約があります。

料金プランによっては対応契約書の種類を追加できるので、さらに利便性が高まります。

LawFlowの料金

LawFlowは無料で始められます。

スタータープラン(利用料金無料)

・契約書チェック機能(秘密保持契約および業務委託契約のみ利用可能)
・投稿数:無限大
・保存上限:0通
・アカウント数:1ユーザー

無料プランを試して、より効率よくLawFlowを利用したいときには有料プランへの変更も可能です。

詳細は公式サイトより問い合わせてみてください。

LawFlowの評判・口コミ

LawFlowの口コミには以下のようなものがありました。

・幅広い契約書に対応しているので、さまざまな業界で利用できる
・OCR機能があるので、紙の契約書をアップロードしてチェックできるのは便利
・ドラッグ&ドロップ機能で修正なども簡単にできる
・幅広い契約書に対応しているからこそ、特化している分野がない

口コミからも、LawFlowは機能が充実したツールだとわかります。

LawFlowはリスク軽減に役立つ

LawFlowはAIを用いた契約書チェックツールで、契約書によるリスクを下げたい方におすすめです。

LawFlowを利用することで条項の抜け落ちや問題のある項目を発見します。

無料で使用感を試せるので、気になる方はまずは無料プランからスタートしてみてはいかがでしょうか。

これは契約書レビューの製品です。
契約書レビューの製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【契約書レビュー】

      類似サービス: LegalForce

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

      リスクの洗い出しを支援してくれる

      レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

      ほしい「条文」がすぐに見つかる

      LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

      Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

      LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

      類似サービス: Hubble

      (4.5)

                         
      月額費用40,000円〜無料お試しあり
      初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

      Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

         

      契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

      Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

      契約書関連のコミュニケーションを可視化

      Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

      契約書の差分を把握

      Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載