arGuss(アーガス)の料金・評判について

最終更新日 

復旧オペレーションは重要な役割を持っていますが、人の手で対応していては手間もかかりますし、人件費もかかってしまいます。そこで利用したいのが復旧オペレーションの自動化をする「ログ監視・ログ管理ツール」の「arGuss」です。この記事ではarGurssの特徴や導入するメリットについて紹介します。

arGussの特徴・機能

海外拠点利用したオペレーション

1つ目の特徴は海外拠点を利用したオペレーションです。それも24時間365日フルオペレーション対応なので安心して任せられるのが特徴です。arGussは日本国内だけではなく、カナダ/バンクーバーに運営チームを設置して、オペレーションを行っています。

日本語対応で安心

2つ目は日本語対応で安心です。arGussは日本国内/カナダバンクーバーにも拠点を置いているので日本語ではないのでは?と思うでしょう。しかしカナダ/バンクーバーでのarGuss運用スタッフは全員日本人社員となっており、日本語での応対・サポートで安心です。夜間であっても、日中同様のサービス提供が可能です。

お申込み前の基本運用設計書確認

3つ目の特徴がお申込み前の基本運用設計書確認です。こういったツールを導入する際に心配なのが、ニーズに合ったものかどうかでしょうか。arGussではお申込み前の基本運用設計書を確認できるので、安心してご契約が可能です。ですので、契約後に聞いていた内容と違ったということはありません。

arGussのメリット

arGussの導入メリットは主に以下の2つです。

導入後は安心して任せられる
運用予算が明確にできる

1つ目の特徴が導入後は安心して任せられることです。カナダと日本に拠点を置いていますが、時差を利用してフルオペレーションをしています。チームでの交代制勤務をしているので夜間でも日中と同じサービスが提供されるのです。2つ目の特徴は運用予算が明確にできることです。完全月額固定制なので、トラブルやシステムメンテが起きても金額は変動しません。これにより運用予算が明確にでき、安心してサービスが受けられるでしょう。

arGussの注意点

arGussの注意点は細かいオプションが多いことです。細かいオプションが多いということは選択肢も多いのですが、どれをつけたらいいのかわからないということもあります。ヒアリングの際に要望などをしっかりと伝えておきましょう。

arGussの価格・料金プラン

arGussは各種オプション料金があり、監視オプション・運用代行オプション・時間帯指定オプション・ボリュームディスカウントがあります。構成によって料金が変わってくるので、気になる方はお問い合わせをしてみてください。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

arGussの導入事例・評判

現在調査中です。

arGussと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
Site24x71,750円〜SaaS型オールインワン監視システム
OpManager10ライセンスまで0円最短10分で監視が開始
ThirdEyeお問い合わせマップ表示でネットワーク状況がわかる

Site24x7は最低料金1,750円というリーズナブルな価格から利用できるオールインワン監視システムです。Webサイト・サーバー・ネットワーク・アプリケーションなどを1つの画面から把握でき見やすいのが特徴です。OpManagerは10ライセンスまで0円で利用でき、ネットワーク/サーバー/アプリケーションの視点からネットワークを監視できます。10ライセンスまでなら無料なので費用面を気にする企業でも導入しやすいでしょう。ThirdEyeはマップ表示でネットワーク状況を把握でき、一目でわかりやすいのが特徴です。

arGussで復旧オペレーションを自動化しよう

arGussを導入すれば、復旧オペレーションを自動化できます。また、費用面でも追加予算がかからなかったり、日本語で安心サポートだったりで魅力が溢れます。工数を抑えてネットワーク監視ができますので、ぜひ導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載