Watchdog(ウォッチドッグ)の料金・評判・特徴について

更新日:

    loT・アプリは非常に便利なもので、今やなくてはならなものです。しかしそういった便利なものでも、故障やアプリケーションの異常終了は突然発生します。そのときに活用したいのがログ監視・ログ管理ツールの「Watchdog」がおすすめです。この記事ではWacthdogの特徴や導入するメリット、価格などを紹介します。

    Watchdogの特徴・機能

    用途が広い

    1つ目の特徴が用途が広いことです。HTTP(S)からAPIを呼び出せばすぐに利用でき、loTデバイスはもちろん、サーバーアプリケーション、スマートフォンなどの端末からも呼び出せます。アプリケーションが正常に動いているか、見守り系など幅広い用途で使用することができます。

    設定が簡単

    2つ目の特徴が設定が簡単です。プログラミング言語からHTTP(S)を利用して、タイマーを操作でき、通信が可能な場所であれば、アプリケーションからの呼び出し、スマートフォン、loTデバイスからのタイマー操作が可能で、設定が簡単にできます。設定に困っているという方も困ることはないでしょう。

    さまざまな通知方法を選択できる

    3つ目の特徴がさまざまな通知方法を選択できます。指定した時間内のタイマーに反応できなかった場合は、メール、Slack、Webhookからの通知も可能です。1つの通知では気づかないという方も、このようにさまざまなツールからの通知があれば気付きやすくなるのではないでしょうか。

    Watchdogのメリット

    Watchdogのメリットは主に以下の2つです。

    通知方法が豊富なので気付かないということがなくなる
    設定でつまずくことがない

    1つ目のメリットは通知方法が豊富なので気付かないということがなくなります。うっかり通知に気付かず忘れてしまったという方も、Slack、メール通知、Webhookなどの通知でもう忘れるということはありません。2つ目が設定でつまずくことがありません。スマートフォン、loTでデバイスからもタイマーの操作ができますので設定でつまづくとういことは減るでしょう。

    Watchdogの注意点

    Watchdogの注意点は仕組みをよく理解する必要があります。仕組みや動作を理解すればどのように活用するのがいいのか、便利な使い方などを知れるのでより一層優れたものへと進化します。

    Watchdogの価格・料金プラン

    Watchdogの料金プランはタイマー回数によって異なります。1分間に最大10回までのタイマーならば無料、1分間に最大20回までのタイマーならば月2,500円、用途に応じたプランならばお問い合わせとなっています。自分に合ったプランを選択できるのも嬉しい点ですね。

    Watchdogの導入事例・評判

    現在調査中です。

    Watchdogの比較

    サービス月額特徴
    arGuss9,500円〜完全月額固定制
    LogStare Collector298,000円〜機器の監視とログの管理を実装、一元管理
    OPSお問い合わせ運用代行ランニングをお任せできる

    arGussは導入実績が豊富でとても優秀なツールにも関わらず、9,500円から利用でき、それでいて完全月額固定制と追加料金が発生しないのが魅力的です。LogStare Collectorは機器の監視とログの管理の両方を持ち合わせており、一元管理をします。無償版初回限定ライセンスもあるので実際に使えるのも嬉しいですよね。OPSはライセンス費用などはお問い合わせになりますが、運用代行ランニングが月額10,000円と安価でおまかせできるのが魅力的です。

    Watchdogで異常を瞬時に察知

    Watchdogは人工知能を活用した、loT・アプリの異常を瞬時に知らせてくれます。設定も簡単で、スマートフォンからの端末からも行えます。トライアルプランであれば、無料ですので気になる企業は導入を検討してみてください。

        執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載