【初心者マーケター必見】動画広告の基礎を解説|事例·動画広告の一覧·費用に関して

最終更新日 

最近はテレビを見なくても、毎日のように動画をチェックしている人も増えています。
自社の新商品や推したい商品を宣伝するために、動画広告を利用したいと考えている企業も多いのではないでしょうか。
今後も5Gなど技術が発展していき、動画を見る人が増えていくと予想されています。
こちらでは動画広告を利用する際の基礎知識やマーケティングに利用するメリット、制作する際の費用について紹介していきます。

動画広告とは?基礎知識と動画広告の未来性

こちらでは基礎知識とともに、動画広告の未来性についても紹介していきます。

動画広告の基礎知識について

動画というのは静止画と違い、動く画像を言います。
そして、ただ動きを目にするだけでなく、音楽やキャラクター、人の声などの音も一緒に感じられるためより多くの情報を一度に得られます。
静止画や文字だけで表現しようと思っても難しいものも、動画を利用するだけで大変わかりやすいものとなるのです。
動画広告を見ているだけで短時間でも一度に入ってくる情報も多く、感情にも大きく訴えることができます。

動画広告の未来性

どんどん世の中は進化して、動画の技術もさらにパワーアップしていきます。
近年話題になっている携帯電話の5G技術ですが、こちらを利用すれば今の動画よりもさらに高速化されて、高画質な画像もクリアに見ることが可能です。
ある程度容量が大きいと始まるまでに時間がかかっていた動画も、ストレスなくクリアに見られるようになります。
さらにAIの技術も発展していて、今後は人が時間をかけて制作しなくてもAIがどのようなターゲットかを把握して見てもらえる動画を作る検証も行われています。
これらの技術を見てわかるように、動画広告の未来性は大変高まっていくでしょう。

動画広告をマーケティングに用いるメリットとは

動画広告を利用すれば、自社の知ってもらいたい商品を宣伝できてマーケティングにも活用できます。
どのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

商品の良さをさまざまな角度から伝えられる

どうしてもテキストなど文章や画像だけでは、一部分の良さしか表現できなくなってしまう場合があります。
すると、本来はもっと魅力的な商品でありながら、テキストの広告だけでは伝わらず消費者も興味を示してくれない場合もあるのです。
商品の良さをさまざまな角度から伝えられるのは、動画が一番です。
本来テキストでは何ページも使用しなければいけないような場合でも、動画の場合は数十秒の間で工夫しながら撮影すると商品の良さを余すことなく伝えられます。

動いているものは記憶に残りやすい

どんなに良い商品だとしても、広告にインパクトがないとあまり頭の中に残りません。
しかし、最初は興味がないものであっても、動画がインパクトあるものだと数秒から数十秒であってもインパクトに残ります。
時には強烈に頭の中に残り、そのままスーパーに行って新商品として販売されていたら気になってつい購入してしまうということもあるのです。
自社の製品を覚えてもらうという場合でも、動画広告は大変効果的です。

SEOの評価も上げられる

何か自社の商品に関連した語句でユーザーが検索したときに、上位表示されるということは重要です。
元々自社の商品を見るつもりがなくても、上位表示されればクリックして見てもらえる可能性が高まります。
この上位表示を狙うにはGoogleからの評価を上げる必要がありますが、ユーザーが満足できるようなクオリティの高い動画をアップすることで評価が上がりやすくなります。

YouTube、Googleなど動画広告の種類に関して

Googleで広告をあげたいと考えたとき、YouTubeをはじめさまざまな動画パートナーサイトへ載せて宣伝できます。
どのような種類で載せるのかも選べ、スキップができるインストリーム広告やバンパー広告、アウトストリーム広告などさまざまなものを利用できます。
これらの種類の中でも動画広告で利用される機会が多いのは、スキップ可能なインストリーム広告です。
恐らく実際にYouTubeを見ながら動画広告のはじめを見て、スキップしてしまう方も多いのではないでしょうか。
この広告を利用する際には最初の5秒である程度なんの宣伝かを印象づけることで、ユーザーに印象を残せます。

動画広告の作り方と動画広告運用の費用に関して

ここからは実際に動画広告の作り方はどのような手順で行われるのか、動画広告を運用する際の費用はどのくらいかかるのかについて紹介していきます。

動画広告の作り方

まずどんな動画広告を作りたいのか、考えを明確にしていきます。
なぜこの動画広告を作りたいのか、ターゲットは誰にしたいと思っているのか、YouTubeなのかTwitterなのかなど、どこに掲載したいのかを具体的に考えていきます。
特に、ゴールとターゲットはしっかりと決めておかないと、後から一貫性のない広告になってしまいがちですので考えておきましょう。
ユーザーにどんなメッセージを伝えたいのか、いくつか決めて心にグっとくるようなものを選べるようにします。
ここまで考えたら、実際にどのような構成で動画広告を制作するのかを考え、できあがった動画を配信します。

作った後の成果の見直しも重要

作ってそのまま動画をアップして終わりでは、本当に動画広告の意味があったのかわかりません。
再生回数はどうだったのか、視聴率、見たユーザーは広告をどう思ったのかも検証して成果はきっちり見ておきましょう。

動画広告費用っていくらくらいかかるの?

どのくらい手の込んだものにするかでも費用の幅はあり、安いものだと数万円で制作できますが、こだわり抜いた動画で費用をかけて制作したい場合は1,000万円以上かかる場合もあります。
平均的な金額で言えば、50万円程度となります。
一流の女優やタレントを起用したいとなった場合は、ある程度の費用がかかることを覚悟しておきましょう。
ほかにも、映りをよりきれいにしたいと考えたとき、機材で差が出てきます。
たとえば、スマートフォンで動画を撮影することもできますが、皆に見てもらう動画ということもありグレードの高い機材を利用したいと考えている方も多いでしょう。
映画撮影にも利用できそうな機材の場合、それなりに費用もかかりますので注意してください。

動画広告の成功事例をご紹介

既に動画広告のメリットを知り、成功させている企業があります。
中でも株式会社ダスキンでは、ユーザーが日常で抱えている悩みなどに視点を当て、その風景を物語のようにして動画で表現をしながら自社のサービスを利用すれば楽になるということを伝えています。
アニメーションを利用し、わかりやすく気軽に見られる点も受け入れられ成功させました。

ポイントを理解して動画広告を作成しよう

より多くの人に自社の商品を知ってもらいたいと思ったときには、動画広告は効果的です。
今では雑誌やテレビよりも、YouTubeなどの動画しか見ないという方も増えてきています。
メリットも多数あるため、多少費用がかかってしまうとしても動画広告をマーケティングとして利用する価値はあります。
動画広告の掲載先一覧として、YouTubeのほかに、TikTokやTwitter、Instagram、AbemaTV、Facebookなどもあるので自社の商品をより効率良く宣伝できそうなところを選んでみましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載