RCMSの料金·評判·機能について。月額11,000円から使える?

最終更新日 

コーポレートサイトやコミュニティサイトなど用途にあったサイトを構築することで、集客効果を高めることができ、成約率にも変化が生じてきます。

ですが、外部の制作会社に依頼するのはコスト面などでなかなかハードルが高いという方もいるのではないでしょうか。

今回紹介するRCMSは、ユーザーの用途にあったコンテンツが手軽に制作できることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

RCMSとは

RCMSとは株式会社ディバータが運営しているCMSです。

手軽にコンテンツの作成ができることから3,000社以上で導入されており、導入している業界も金融業界や商社、メーカーなど幅広い業界で利用されています。

RCMSの機能·特徴

豊富な標準機能

RCMSには標準で250以上の機能が搭載されており、それらを利用した柔軟なサイト構築を実現します。

コーポレートサイトはもちろん、会員制サイト、メディアサイト、イントラサイト、ECサイトなど幅広いサイトの構築が可能で、いずれもユーザーのニーズに応じて機能が追加されてきたため、ユーザーが使いやすいシステムとなっています。

ブログ機能やメルマガ機能など、通常であればプラグインが必要な機能も標準で搭載されているため、難しい操作もなく実装することが可能です。

高い拡張性

RCMSはSaaS型のサービスでありながら拡張性が高く、求人サイトのような基幹システムとの連携が必要なサイトもカスタマイズで実装することが可能です。

オンプレミス型であれば柔軟なカスタマイズができる代わりに料金が高額になるケースが多く、コスト面がネックで導入できないということもありますがSaaS型であればより安価にカスタマイズを実現することができます。

強固なセキュリティ

RCMSのセキュリティはSQLインジェクションやOSコマンド·インジェクション、セッション管理の不備などの脆弱性を常に意識しながらシステム開発を行っているため、強固なセキュリティを実現しています。

社内においても脆弱性の検査を行なっており、プランごとのセキュリティチェックも相談次第で柔軟に対応可能です。

また、常時SSL対応やパスワードの暗号化、自動セキュリティアップデートも行っているので安心して利用することができます。

RCMSの料金·価格

RCMSの料金プランは3タイプ提供されており、それぞれの詳細は以下の通りです。

  • スタンダードプラン:初期費用44,000円/月額利用料11,000円(年払いの場合)
  • 仮想専用サーバプラン:初期費用88,000円/月額利用料55,000円(年払いの場合)
  • オンプレミス提供プラン:初期費用1,595,000円

2021年5月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

RCMSでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて無料版(β版)を提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

RCMSの導入事例·評判

サイト更新量が5倍になりました

“サイトリニューアルに伴い、マルチデバイス対応や多言語対応など様々な機能を搭載したいと思いRCMSを導入しました。ITリテラシーがない人でも変更したい点をすぐに反映させることができ、ページの更新量が以前と比べて5倍程度は変わりました。”(株式会社サイバーエージェント様)

類似サービスとの比較

RCMSの類似サービスとしてはStory Stockerやferret Oneなどが挙げられます。

Story StockerはATSでは実現できない充実のコンテンツを構築することができるCMSです。

自社の特色を効果的に学生へアピールすることができるコンテンツが簡単に作成できるため、学生の関心をもっと高めたいという方には特におすすめなサービスとなっています。

料金は初期用+月額30,000円から利用することが可能です。

ferret OneはWebマーケティングに必要なコンテンツが手軽に作成できるCMSで、600社以上の導入実績があります。

直感的に操作することができ、編集も画面を見ながら簡単に行うことができます。

料金は初期費用10万円、月額10万円〜利用することが可能です。

Story Stocker(ストーリーストッカー)の料金·機能について。学生からの共感を実現するオウンドメディア型CMSとは?

ferret One(フェレットワン)の料金·評判·機能について。月10万円から利用できる?

CMSとは?ワードプレスなどのCMS一覧と機能比較|導入の流れ

RCMSで自社の目的にあったサイト構築を

RCMSについてご紹介させていただきました。

  • 豊富な標準機能
  • 高い拡張性
  • 強固なセキュリティ

上記の点から、情報システム部門だけでなく、ITリテラシーが低い人でもコンテンツ管理を行いたいという場合におすすめと言えます。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:RCMS公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載