CMSとは?ワードプレスなどのCMS一覧と機能比較|導入の流れ

最終更新日 

もっと楽にWEBサイトを作りたいと思い、CMSの導入を検討している企業も多いでしょう。
しかし実際に探してみると、その数も多く正直どこの企業のものを選んだら良いのかわからなくなりがちです。
こちらではCMSでできることなどを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

CMSとはどんなものか?できることを解説

CMSとは、自社のことをもっとさまざまな方に知ってもらうためホームページを作ったり、お客様と交流を深めるためにコミュニケーションサイトを立ち上げたりする際に、簡単に制作ができるシステムです。
はじめからサイトを作るというのは大変ですし、後からもう少しここを変更したいと思ったときにも、また最初からやり直しとなってしまうと時間もかなり必要になってしまいます。
そんなときにCMSを使えば、自分たちで変更したい部分だけを変えるだけで良く効率的にサイトを運営できます。
特に、伝えたいことも多く、サイトとしても膨大な量を載せている場合、CMSを使っていないとすべて修正しなければならないケースも出てきてしまうのです。

CMSでできること

ほかにもしなければいけない仕事がある場合、サイトの手直しどころではなく大変に感じてしまうでしょう。
その点、CMSがあれば簡単に短時間で修正ができるため、ほかの仕事も行う時間があり、ストレスも溜まりません。
良さに気が付いている企業も多く、たくさんの企業がすでに取り入れているツールでもあります。
パソコンに詳しくホームページを制作したことがある方は慣れていても、初心者の方ばかりが社内にいるケースもあるでしょう。
その際にもCMSがあれば、ホームページ制作ソフトを準備する必要もなく、ソースコードを使って制作する手間も省けます。
理想のホームページをソフトで作るにはそれなりの知識がないと難しいため、こちらを一から勉強し直すのも大変です。
それに比べて素人でもやり方を覚えれば、比較的簡単に使用できます。
さらに、パソコンだけでなくスマートフォンでも使えるようになっていて、別々にサイトを作る手間もありません。
パソコン用のホームページを作れば、そのままスマートフォンでも問題なく表示がされ、画像なども画面に合わせた大きさで自動的に表示されます。
ホームページを作るうえで、もっとこのような機能を取り入れたいというものがあれば、CMSの中に入れることもできます。

CMSの種類に関して|オープンソース型、独自開発型

CMSにも種類というものがありますので、使う際には好きなタイプを選べます。
分類すると、オープンソース型と独自開発型に分けられ、それぞれにメリットがあります。
さらに独自開発型では、オンプレミスタイプとクラウドタイプに分かれますのでどんな違いがあるのかも覚えておきましょう。

オープンソース型

オープンソース型の場合、企業が自分たちの会社のホームページ用に使うだけでなく、非商用としても利用できます。
使いたいと思った方が自由に利用して、さらに修正や再度配布しても良いものです。
誰でも使えるようになっているため、使いたいと思ったときに安く利用できます。
料金がかからず無料で提供しているソフトウェアも多いため、ハードルを感じずに利用しやすいでしょう。
このようにカスタマイズしたいと希望がある場合も、プラグインもそこそこにあり使いやすいと感じるでしょう。
これまでサイトの制作をしたことがなくても、見栄え的にもそこそこ以上のホームページが作れます。
無料だから品質が悪いというのはなく、逆にさまざまな自分の使いたい機能が付いていて利用しやすいものもあります。

独自開発型

独自開発型は有料タイプが多く、データベースなどを自分たちで管理したいという場合はオンプレミスタイプがおすすめです。
逆に自分たちではなくサービスを提供してくれている側が管理してくれていればOKという場合には、クラウドタイプを選んでも良いでしょう。
開発をお願いする場合は、ベンダー企業にお願いしてだいたい決まった中から組み合わせて使っていく企業も多いです。
自社で保有すれば安心感はありますが、技術なども専門的に持っている業者にお願いできるクラウドタイプを選ぶ方が増えています。
コストはかかってしまいますが、企業で利用することを考えてもセキュリティ対策がされているため、安心して利用できます。
自社で構築の知識を持っている方がいるのであれば別ですが、そうではなければ結構構築までに時間がかかるため、はじめからすべて自分たちで行うは避けたほうが良いでしょう。

世界で使われているCMSツール一覧

CMSは便利ですので、使い勝手に魅了されさまざまな世界でも利用されています。
こちらではどのようなCMSがあるのか、一覧を紹介していきます。

  • WordPress
  • Movable Type
  • soy cms
  • Drupal
  • ShareWith
  • Adobe Experience Manager
  • DotNetNuke
  • TYPO3
  • SITE PUBLIS
  • BiND

ここにある一覧でも紹介しきれなかったCMSがまだまだあります。
次の項目では、いくつかCMSの機能や料金、評判などを比較したものを載せていきますので、選ぶ参考にしてみてください。

それぞれのCMSの比較|機能·料金·評判を徹底比較

すでに利用している方から人気のCMSを中心に、徹底比較をしてみました。

WordPress(ワードプレス)

さまざまあるCMSの中でも特にこのワードプレスを使っている方は多く、世界的に有名です。
まだCMSを使う前からなんとなくどこかでワードプレスという言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
無料でも利用ができリーズナブルなだけでなく、自由に好きなものへとプラグインを活用できますし、日本語も多数あるため使いやすいのも特徴です。
少しグレードを上げたいときには、有料版もあります。
個人向けパーソナルは月額500円、プレミアムは900円、ビジネス向けは2,900円、eコマースは5,200円となっています。
利用している人が多い分攻撃も受けやすいのですが、企業のサイトからECサイトまでさまざまなシーンで利用できるため評価も大変高いCMSです。

画像·データ出典:WordPress公式サイト

SOY CMS

必要な機能だけを選んで追加もでき、無料で利用できる機能も多いので利用者からも評価が高くなっています。
機能の拡張もできますので、もっとサイトをこうしたいというイメージがあれば付け足して理想に近づけられます。
料金も基本が無料なため安心して使えますし、不安な場合は有料のサポートを付けることも可能です。
評判として実際に利用したからも、構築が簡単で料金も無料なため安心して使えたと満足の意見も多々あります。

画像·データ出典:SOY CMS公式サイト

Movable Type

ワードプレスに次ぐ人気のCMSで、海外をはじめ日本でも多くの企業で利用しています。
ネットワークサーバーへの負担も少なく、外部から攻撃されたとしてもセキュリティがしっかりとしているため安心して利用できると評判です。
さまざまなニーズに対応しているため、今人気のクラウド型も用意されています。
さらに価格もリーズナブルな設定になっていて、月額でライトが2,500円、スタンダード4,500円、プロ7,500円、アドバンス50は15,000円となっています。

画像·データ出典:Movable Type公式サイト

Blue Monkey

本格的にCMSを使いたいと考えている方にピッタリで、実際上場企業の多くが信頼して利用しています。
運用を行ううえで安心して使えるように、サーバとサイト構築がセットになっています。
オリジナルのサイトを本格的に構築できるプランもあり、外部からの攻撃にも負けない万全なサポートもあるため安心です。
料金はSプランだと月額で33,000円、SSプランは55,000円、専用スタンダードは77,000円、ハイエンド132,000円となっています。

画像·データ出典:Blue Monkey公式サイト

CMSの導入と導入時の注意点

細かく深い知識は必要がないのですが、基本的な用語がわからないとCMSを導入して構築する際に苦労してしまいます。
直感的に利用できるようにはなっていますが、それでも進めていくうちによくわからない点が出てくる場合もありますので、ある程度の知識があったほうがスムーズです。
使えると思っていたカスタマイズが、選んだCMSでは使えなかったという場合もありますので、はじめにチェックも欠かさず行っておきましょう。

目的にあったCMSの導入を

これまでWEBサイトを専門的な知識を持って作ってきた方でなくても簡単に作れて、修正も楽にできるのがCMSです。
種類も豊富にあり、選ぶのも悩んでしまいますが、自分たちが使いたいカスタマイズがあるかなどもチェックし後悔しないように選びましょう。
どうしてもどこを選べば良いのかわからないというときには、ホームページ制作会社に相談をしても良いですし、まずは無料でお試しをしてみても良いでしょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部