楽々Webデータベースの料金·評判·機能について。月額10,000円で使える?

最終更新日 

楽々Webデータベースとは

楽々WebデータベースはエクセルをWeb化することができるサービスです。

業種を問わず幅広くビジネスの現場で活用されているエクセル。上手く使いこなせることができるかどうかが業務の効率化を図るうえで重要です。しかし、そんなエクセルも万能ではなく、いくつか不便な点もあるうえ、データをハードディスクをはじめとした記録媒体に記録するなどの弱点もあります。

これからの時代はどれだけ早く、スムーズに企業内でデータを共有することができるか、必要なデータとそうでないデータの選び分けをしっかりできるかが問われるともいわれています。

エクセルの場合、データをわざわざ相手に渡さなければならないなどの問題点もあります。その過程で紛失やデータの消失といったトラブルも起こりかねません。

そこでエクセルをWeb化、つまりクラウドサービス化することでよりスムーズに情報の共有·管理ができる環境をと、開始されたのがこの楽々Webデータベースなのです。

楽々Webデータベースの特徴·機能

データをWeb化でスムーズな活用

楽々Webデータベースはエクセルファイルの不便な点や問題点を解消するものが多くなっています。例えば顧客管理ですが、業種によっては膨大な量になるデータをWebアプリ化することでより手軽に、スムーズに活用できるようになります。データが見やすくなる点も大きなメリットでしょう。

アンケートのWeb化

それからアンケートをWeb化して扱うこともできます。

従来のエクセルを活用したアンケートではまずエクセルで回答者にアンケートを配布し、それを回収した後にエクセルで集計する形となります。この場合、配布に大きな手間がかかりますし、メールで送受信する場合には送信漏れなどの問題も起こり得ます。さらに集計の時にはひとつひとつのエクセルファイルを確認しなければなりません。

しかし、Webアプリ化すれば回答者が自らWeb上からダウンロードできるので配布の手間が省け、回答もデータベースから直接集計データをダウンロードして作成することができます。業務の大幅な効率化が望めるのは明らかでしょう。

課題管理表のWeb化

さらにエクセルで課題管理表を作成していたものをWebアプリ化することで、アプリ上でいつでも閲覧、更新することができ、いちいち従業員同士でエクセルファイルを共有する必要がなくなるといったメリットが得られます。

楽々Webデータベースの強み

強みとして、Web化したうえで従来のエクセルと同じ運用方法で使うことができる点が挙げられます。新たに身につけなければならないスキルや知識は最小限で、ほかはエクセルのスキル、知識をそのまま活用できるのです。

またエクセルを活用した多くの現場で経験する「エクセルを同時利用できない」問題も解消されます。社内の共有サーバーに保管されているエクセルを使おうと思ったら、ほかの人が使っているので利用できないという問題もWebアプリ化することで解消できるのです。

また、別の人が保存していたエクセルファイルの場所がわからない、同じ名前のファイルが複数存在していてどれが最新バージョンなのかわからないといった問題もWebアプリ化をすれば解消しやすくなります。

楽々Webデータベースの価格·料金プラン

料金はクラウド版、オンプレミス版の2つが用意されています。そしてクラウド版はさらに「ライトプラン」と「スタンダードプラン」の2種類に分けられます。

まずクラウド版の「ライトプラン」は月額料金が1万円、利用可能人数が10ユーザーで、アプリ数が最大10個まで、利用可能ディスク上限が10ギガバイトまでとなっています。

「スタンダードプラン」は1ユーザーにつき月額1,500円、利用可能人数は10ユーザー以上から、アプリ数は最大1,000個まで、利用可能ディスクの上限は「ユーザー数×2ギガバイト」となります。つまりこのサービスを扱うスタッフの人数、業務の規模に合わせて相応しい方を選ぶことになります。

一方、オンプレミス版は180万円からとなり、詳細は要問合せです。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

楽々Webデータベースの注意点

あくまでエクセルの機能を活かしたサービスなので、エクセルそのものに不満を感じている場合にはあまりメリットを感じないかもしれません。

またスタンダードプランの場合、利用するスタッフ(ユーザー)の数が増えれば増えるほどコストが加算していくので、何人のスタッフに使わせるかの判断とコスト感覚が問われます。

楽々Webデータベースの口コミ·利用企業からの評判

棚卸し業務を効率化できました

“以前はエクセルで出力したデータを各部門に送信していましたが複数の工程がかかることと集計に時間がかかっていました。楽々Webデータベースを導入してからは各部門に通知するだけになったので非常に時間が効率化され、棚卸し業務は年間で53時間削減できました。”(住友電工情報システム株式会社様)

類似サービスとの比較

楽々Webデータベースとの類似サービスとしてはkintoneが挙げられます。料金面や特徴で比較してみると以下の通りです。

楽々Webデータベースkintone
初期費用0円0円
月額最低費用1,500円〜780円〜
お試し利用ありあり
特徴脱エクセルが可能プロセス管理も可能

料金面の比較としてはkintoneが月額780円で利用できるので比較的安価に運用を開始することができます。

また、機能面ではkintoneがエクセル脱却のための機能以外にも非常に幅広く利用可能なのでおすすめです。

楽々Webデータベースで脱エクセルの実現を

「脱エクセル」ではなく「活エクセル」。これがこのサービスの最大の特徴であり、類似サービスとの違いでもあります。便利だからこそ不便な部分が気になる、そんなエクセルの業務における問題点を解消できるサービスとして評価できるのではないでしょうか。

画像·データ出典:楽々Webデータベース公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部