Stripeの料金・評判・口コミについて

更新日:

    アメリカに拠点を置く外資系企業のStripeは、全世界で利用されているオンライン決済サービスを運営しています。
    GoogleやAmazon、Uberなど日本でも人気のある企業で導入され、年々利用者を増やしてきました。

    ここでは、Stripeの基本情報からサービスの特徴、料金、口コミまでご紹介していきます。

    Stripeとは?

    Stripeとは、アメリカ・サンフランシスコに拠点を置く決済代行サービス会社です。 2011年にサービスを開始してから全世界10万社以上で導入されています。

    各金融機関の口座やデジタルウォレットとも連携しており、使い勝手の良さが人気を得ています。
    利用は最短1日から開始でき、手数料のみのシンプルな料金体系が魅力です。

    Stripeの特徴

    Stripeの特徴は以下3つです。

    審査不要・最短1日で利用開始

    Stripeの特徴はなんといっても利用を始める際のスピーディーさにあります。他社では一般的となっている審査がなく、企業の登記番号や責任者の身分証・電話番号・銀行口座等を入力すれば、最短1日で利用できます。

    高いセキュリティ

    Stripeは、クレジットカード大手5社が共同運営する国際的なクレジットカード情報セキュリティに準拠しています。情報の処理や管理において高いセキュリティ基準を満たしている会社です。

    購入側は会員登録を行わなくてよい

    他の決済サービスでは、商品を購入する際に買い手側も会員登録を行わなくてはいけない場合があります。その点Stripeなら、売り手側の登録だけで良いため、決済時の離脱を防ぐことができます。

    この他にも、次に紹介する安くてシンプルな料金体系も大きな特徴となっています。

    Stripeの料金

    Stripeの利用料金は、初期費用と月額利用料がかからないシンプルなものです。
    決済が成立するごとに手数料3.6%が加算されます。手数料は一律で、支払い方法やクレジットカードの種類によって変動することはありません。

    ただし、外国と支払いのやり取りをする際は決済手数料に1%+$0.30が上乗せされます。

    Stripeの評判・口コミ

    Stripeを利用した企業による口コミをご紹介します。

    ・顧客がアカウント登録しなくて良いので、契約までスムーズで助かる。
    ・とにかく導入までが早い。アカウントを作成して一両日中には決済ができるようになっていた。
    ・他者と比べて手数料が安く、固定費がかからない点が魅力的だと思う。
    ・オンライン決済ユーザーを逃さずに済み、実際に売上があがった。

    このように、Stripeを導入することでメリットを実感し、実際に売上があがったという口コミが多く寄せられていました。

    Stripeを効率よく利用しよう

    Stripeの特徴やメリットを理解すれば、コストを抑えた上で効率よくオンライン決済を導入することができます。
    全世界に顧客をもっているグローバル企業なら、セキュリティ面も安全です。

    ぜひこの機会にStripeを導入してください。

    この製品は決済代行の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    決済代行の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【アプリマーケティング】

        最小限の作業で請求業務を完結: マネーフォワード ケッサイ

        (4.5)

        月額料金0円〜無料お試しなし
        初期費用0円〜手数料300円〜

        請求データの入力のみという最小限の作業で請求業務を完結することができ、柔軟なサービス連携によって請求業務の自動化を実現することができます。また、与信審査通過後は確実に入金される入金保証(※)がついているため、掛け売りで発生する貸し倒れリスクからも解放されます。

        高通過率・最短数秒の与信審査

        ネーフォワード ケッサイの審査通過率は99%と非常に高く、従来の与信フローでは契約できなかったという相手方とも積極的に契約することが可能となります。 また、取引先の与信情報は、常に最新の状態へアップデートされるため、与信管理にかかる手間も含めて代行してもらうことができる点も優れています。 与信審査結果は、最短数秒で返却されるため、素早い取引の実現にも貢献します。

        請求業務の効率化を実現

        マネーフォワード ケッサイでは、請求情報を登録することで、クラウド上での請求管理を実現します。 入金管理もマネーフォワード ケッサイ側が常に最新の状態に反映してくれるため、面倒な確認作業を行う必要もありません。 請求書の発行パターンは、利用企業のニーズに合わせてメールと郵送の両方から選ぶことができるため、発行方法が合わないため代行サービスを利用できなかったという企業にもおすすめです。 また、電子帳簿保存法にも対応しており、第三者機関であるJIIMA(公益社団法人日本文書情報マネジメント協会)が認証する『電子取引ソフト法的要件認証制度』の認証を取得しています。2023年導入予定のインボイス制度(適格請求書等保存方式)にも対応予定のため、安心して利用できます。

        リスクヘッジ・キャッシュフローの改善が可能

        掛け売りにおいて懸念されるのが、相手先がなかなか入金してくれない「入金遅延」や倒産などによる「貸し倒れ」です。 マネーフォワード ケッサイであれば、「与信審査通過後は100%入金保証(※)」、「最短3営業日での振り込み」を実現しているため、リスクを恐れない掛け売りが可能となります。 ※表明保証違反が審査通過後に発覚した場合等、例外的な場合は対象外です。 また、「銀行振込」、「口座振替」、「LINE Pay」、「コンビニ払い」と幅広い決済手段を取り入れているため、ビジネスチャンスを逃すことがありません。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載