決済代行にかかる費用や手数料の相場は?

更新日:
これは決済代行の製品です。

決済代行の製品をまとめて資料請求

決済サービスを利用する時、各々のサービスで審査基準も違うので、申し込みをするだけでも大変です。

更に近年電子決済化が進み、paypayなど新しい決済サービスが増加しています。

それらを全て自社で導入していては、いくら時間があっても足りません。

決済代行を活用する事をお勧めしますが、依頼するに当たって必要な情報は利用料金などです。

本記事では、決済代行にかかる費用や手数料などについて紹介します。

おすすめの類似決済代行サービス

類似サービス: Paid

(4.5)

月額料金0円〜保証料率請求額の〜2.9%
初期費用0円〜事務手数料請求1件につき100円

Paidとは、株式会社ラクーンフィナンシャルが運営しているBtoB向けの後払い決済サービスです。 与信審査や請求書発行、入金確認から督促まで後払いで発生する請求業務をすべて代行してくれるため、請求にかかるコストを気にすることなく後払いを導入できます。

請求業務を代行

     

Paidは、与信審査や請求書発行、入金管理、督促といった手間のかかる請求業務をすべて代行してくれるため、バックオフィスの業務負担を気にする必要がありません。 データを登録するだけで請求業務が完結するため、業務にかける工数を90%以上削減することができます。

支払い遅延や未入金のリスクをなくすことができる

与信情報が少ない個人事業主や中小企業に対しても、審査のプロが与信を判断するだけでなく、支払い遅延や、代金未払いが発生した場合でも、Paidが100%代金を支払ってくれるため、未入金リスクを気にすることなく積極的に取引先を拡大することができます。

幅広いビジネスに対応

Paidは対面や店頭ビジネスはもちろん、EC、SaaSといった幅広い取引形態に対応しています。 取引先の支払い方法の一つに口座振替も用意しているため、特にBtoB向けのSaaSにおいては口座振替にも対応できるようになることで、回収率が上がりサービスの利用継続率アップにつながります。

豊富な決済手段を手軽に導入: テレコムクレジットの決済代行サービス

(4.5)

         
月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間即日〜

テレコムクレジットの決済代行サービスは、業界でも随一の豊富な決済手段を手軽に導入できるため、顧客の多様なニーズに対応することができるサービスです。 クレジットカード決済をはじめ、銀行振込決済、電子マネー決済、口座振替サービスなどに対応しています。

サービス内容に沿った最適な決済方法を選べる証

テレコムクレジットの決済代行サービスは、導入する企業のサービスに沿った最適な決済方法を選択できるため、販売チャンスを逃すことがありません。 「都度決済」では、ユーザーが購入やサービスの申し込みを行うごとに決済を行い、即時、売上処理を実施します。

料金制度に合わせた決済方法が導入できる

テレコムクレジットの決済代行サービスは、月額制から従量制まで、サービスに合わせた決済方法を導入することができます。 「自動継続決済」では、特定日、申込起点日、日数間隔で決済日を設定することが可能で、ユーザーが退会・サービス解約するまで継続的に自動で料金を決済することができるため、有料会員サイトや月額制のサービスに導入することで、利便性が向上します。

実店舗からWebサイトまで柔軟に対応可能

テレコムクレジットの決済代行サービスを導入することで、専用システムを導入しなくてもカード決済が可能になります。 実店舗向けの決済方法では、「QRコード決済」がおすすめで、作成したQRコードを読み取ることで手軽にカード決済が可能となります。

これは決済代行サービスの製品です。

決済代行サービスの製品をまとめて資料請求

決済代行にかかる費用

決済代行にかかる費用は2パターンあります。

1つは手数料以外に、導入にかかる初期費用や月額使用料などがかかる場合です。

2つ目は、決済手数料とキャンセル手数料のみ発生する場合です。

・初期費用
決済サービス導入の申告、審査対応の代行にかかる費用です。
相場は¥30,000〜¥80,000です。

・月額使用料
決済代行のシステム運用料・使用料、カード情報の管理料です。
相場は¥3,000〜¥8,000です。

・トランザクションフィー
決済のデータを決済会社に渡す時にかかる通信費用で、決済する度に行われます。

1決済数円〜数千円です。
無料で行ってくれる決済代行会社もあります。

決済代行にかかる手数料の種類はどんなものがある?

・決済手数料
決済する度に、決済額の数%の手数料がかかります。

【相場例】
コンビニ決済:2~5%
電子マネー:3~4%
クレジット:3~10%

・キャンセル手数料
決済を取り消した時にかかる費用です。
1件につき5円が相場です。

この2つしか費用がかからないパターンは、初期費用などは無料となります。

決済代行会社選びに失敗しない方法

決済代行会社により、対応している決済方法やセキュリティ体制も違います。

依頼前に各種決済代行サービスを比較し、自社に合った代行を選定しましょう。

自社のビジネスモデルを考慮して選ぶ

事業のビジネス形態に応じて、選択すべき決済代行会社は変わります。

例えばECサイトがある場合、クレジットカードの自動更新機能を持っている決済代行サービスが適切です。

自社と同じ業種の導入経験がある代行会社だと尚良いです。

必要な決済手段から選定

自社の顧客の年齢層が低い場合は、カード決済だけではなくコンビニ決済などにも対応した代行サービスが適しています。

リボ払いや代引きへの対応は可能かなど、細かな部分もリサーチする必要があります。

機能面にも着目する

手数料など主だったものだけに注目せず、オプションサービスにも目を向けましょう。

ECサイト保有社は、決済で使用される番号を自動で検出する機能がある決済代行を選べば、利便性が高まります。

セキュリティ体制が確立されているか

決済代行を利用する場合、代行先に預けるのは自社の情報だけではありません。

顧客の情報や、支払われたお金の管理も任せます。

そのためセキュリティ体制の確立の有無は、決済代行先をセレクトする上での必須事項です。

特にカード決済は、不正利用されやすい案件です。

そのため、本人認証サービスの確実性やセキュリティコードでの認証、不正検知システムが備わっているかなどを調べましょう。

それがより良い決済代行を選ぶ鍵となります。

決済代行会社の手数料を調査!おすすめ決済代行会社

決済数が多く、手数料をできるだけ安く抑えたい方におすすめの決済代行会社を紹介します。
その決済代行とはサブスクペイです。

カード決済手数料は一番安いもので2.65%と、相場の3〜10%を下回っています。
決済の種類も多く、顧客ごとにプランを変更してくれます。

12,000社以上の導入経験もあり、決済代行を20年に渡り行っている会社です。

ホームページで資料のダウンロードが無料でできるので、興味のある方は是非ご覧ください。

参考:サブスクペイ

決済代行は手数料の安い会社を選ぼう

いくら初期費用などが無料でも、決済代行で最もかかる費用は手数料です。
肝心の手数料が高くては、継続して代行を頼む事はできません。

また継続利用した際の費用対効果についても、決済代行を依頼する前にプランニングしましょう。

自社の決済数などを考慮し、どの決済代行会社ならコストパフォーマンスが良いのかを予見する事も大切です。

自分のビジネスに対応している、決済手段が豊富なセキュリティの強い決済代行会社を選定しましょう。

    その他の関連する記事

    これは 決済代行 の製品です。
    決済代行 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【アプリマーケティング】

        豊富な決済手段を手軽に導入: テレコムクレジットの決済代行サービス

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間即日〜

        テレコムクレジットの決済代行サービスは、業界でも随一の豊富な決済手段を手軽に導入できるため、顧客の多様なニーズに対応することができるサービスです。 クレジットカード決済をはじめ、銀行振込決済、電子マネー決済、口座振替サービスなどに対応しています。

        サービス内容に沿った最適な決済方法を選べる証

        テレコムクレジットの決済代行サービスは、導入する企業のサービスに沿った最適な決済方法を選択できるため、販売チャンスを逃すことがありません。 「都度決済」では、ユーザーが購入やサービスの申し込みを行うごとに決済を行い、即時、売上処理を実施します。

        料金制度に合わせた決済方法が導入できる

        テレコムクレジットの決済代行サービスは、月額制から従量制まで、サービスに合わせた決済方法を導入することができます。 「自動継続決済」では、特定日、申込起点日、日数間隔で決済日を設定することが可能で、ユーザーが退会・サービス解約するまで継続的に自動で料金を決済することができるため、有料会員サイトや月額制のサービスに導入することで、利便性が向上します。

        実店舗からWebサイトまで柔軟に対応可能

        テレコムクレジットの決済代行サービスを導入することで、専用システムを導入しなくてもカード決済が可能になります。 実店舗向けの決済方法では、「QRコード決済」がおすすめで、作成したQRコードを読み取ることで手軽にカード決済が可能となります。

        BtoB向け後払い決済サービス: Paid

        (4.5)

                 
        月額料金0円無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Paidとは、株式会社ラクーンフィナンシャルが運営しているBtoB向けの後払い決済サービスです。 与信審査や請求書発行、入金確認から督促まで後払いで発生する請求業務をすべて代行してくれるため、請求にかかるコストを気にすることなく後払いを導入できます。

               

        請求業務を代行

        Paidは、与信審査や請求書発行、入金管理、督促といった手間のかかる請求業務をすべて代行してくれるため、バックオフィスの業務負担を気にする必要がありません。 データを登録するだけで請求業務が完結するため、業務にかける工数を90%以上削減することができます。

        支払い遅延や未入金のリスクをなくすことができる

        与信情報が少ない個人事業主や中小企業に対しても、審査のプロが与信を判断するだけでなく、支払い遅延や、代金未払いが発生した場合でも、Paidが100%代金を支払ってくれるため、未入金リスクを気にすることなく積極的に取引先を拡大することができます。

        幅広いビジネスに対応

        Paidは対面や店頭ビジネスはもちろん、EC、SaaSといった幅広い取引形態に対応しています。 取引先の支払い方法の一つに口座振替も用意しているため、特にBtoB向けのSaaSにおいては口座振替にも対応できるようになることで、回収率が上がりサービスの利用継続率アップにつながります。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載