• でん票くんの料金·評判·機能について。月額1,000円から使える?

    最終更新日 

    お客様からのオーダーを取る際に手書き伝票に記入していると、キッチンスタッフとの情報共有に時間がかかってしまいます。そのため、近年は伝票を電子化する飲食店も増えてきました。
    本記事では、カフェ、居酒屋、ラーメン店などの多くの飲食店が導入しているでん票くんに関して、特徴や強み、料金プランなどについてご紹介いたします。

    でん票くんとは?

    でん票くんは、アロハス株式会社と株式会社グローカリズムによって運営されている飲食店専用WEB POSレジサービスです。
    注文受付機能、注文受付機能、会計機能など飲食店の業務に必要な機能が色いろいろと搭載されています。手書きの伝票を使用していた際にかかっていた時間や手間を効率化することが可能で、スタッフ間の連携をスムーズにして生産性の向上を期待することができます。

    でん票くんの特徴·機能

    でん票くんはクラウド型WEBサービスで、スマートフォンで注文受付できるなど、飲食店に特化した機能が搭載されているのが特徴です。
    主な機能、特徴としては以下のようなものがあります。

    マルチデバイス対応でスマートフォンでも使える

    でん票くんの特徴は、マルチデバイス対応となっていることです。
    クラウド型WEBサービスであるため、パソコンだけでなくタブレット端末、スマートフォンなどでも利用可能です。
    また、利用端末数、利用人数に制限が設けられていませんので、従業員が多い飲食店でも利用しやすいサービスとなっています。

    インストールやアップデート不要で利用できる

    ブラウザを利用するため、専用アプリのインストールなしで利用できるがでん票くんの特徴です。
    また、プログラミングは常に最新の状態に改善されますので、アップデートの手間もかかりません。

    リアルタイムで売上がチェック可能

    でん票くんはスマートフォンやタブレットなどインターネットが利用できるデバイスがあればお店の外からでもデータにアクセス可能です。
    リアルタイムで売上情報のチェックもできるので、店長や本部スタッフにとっても重宝するサービスとなることでしょう。

    先払いや後払いも利用できる

    でん票くんには、会計機能も備わっています。
    先払い、後払いの両方に対応しているので、セルフサービス式のフードコート、ファストフードなどでも利用できます。

    でん票くんの強み

    でん票くんの強みは、飲食店専用のサービスとなっていることです。
    注文受付、お会計、売上管理など飲食店に特化した機能のみ搭載していますので、インターフェイスがシンプルでわかりやすくなっています。セキュリティ性が高く、安心して利用できることも、でん票くんの強みです。システムは世界大手の最新サーバーで運用されているため安定性がありますし、売上などの重要なデータは通信暗号化されますので、情報漏えいの心配もありません。

    でん票くんの価格·料金プラン

     

    でん票くんは、ベーシック版とレジ版の2種類があります。初期費用は10,000円です。
    ベーシック版の月額料金は1,000円、レジ版の月額料金はプリンター1台接続の場合が2,000円です。さらに、初期設定開設費用、メニュー登録料、LANケーブル敷設費用なども必要となります。
    また、30日間の無料トライアル版もありますので、興味を持った方はそちらも試してみると良いでしょう。

    2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    でん票くんの注意点

    でん票くんの注意点は、スマートフォンやタブレット端末を使ったシステムであるため、手書きの伝票に慣れている人だと操作に戸惑ってしまう可能性があることです。
    普段から、スマートフォンやタブレット端末を使っている若い人ならばすぐに使いこなせるかもしれませんが、高齢のスタッフだと慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

    でん票くんの口コミ·利用企業からの評判

    レジの買い替えのタイミングで導入

    “レジスターの調子が悪くなり買い替えのタイミングで、でん票くんのことを知り導入しました。導入後は、会計のスピードが早くなり、レジの教育にかける時間も削減できるようになりました。客席で取った注文を厨房ですぐに印刷できるのも便利です。”(横浜市 焼肉レストランけやき様)

    類似サービスとの比較

    でん票くんと類似したサービスとしては、ユビレジがあります。ユビレジは、株式会社ユビレジが提供しているPOSレジサービスです。でん票くんと同様に、レジ機能 、オーダー機能などさまざまな機能が搭載されています。
    オプションでユビレジ ハンディを導入すると、iPhoneやiPod touchなどでも注文の管理、キッチン伝票の印刷が行えるようになります。

    ユビレジの料金はプレミアムプランが月額6,900円からです。ユビレジ ハンディを使う場合には月額1,500円も必要です。
    でん票くんの月額料金は1,000円なので、両者を月額料金だけで比較すると、でん票くんのほうが安くなります。
    でん票くんは飲食店に特化した機能、ユビレジは飲食店でも使える機能がありますので、その点もよく考慮して選んでみてください。

    ユビレジの料金·評判·機能について。月額6,900円から使える?

    でん票くんで業務のスピードアップを

    でん票くんを導入すれば、スマートフォンでも注文受付、お会計ができるようになります。操作性に不安がある年配の方でも安心して使えるようなシンプルなインターフェイスなので安心して導入することができます。情報の共有化、業務のスピードアップを最適化するためにもぜひ検討してみてください。

    画像·データ出典:でん票くん公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部