SEOツールのおすすめ8選を比較【2022年版】

更新日:
この製品はSEOの製品です。

SEOの製品をまとめて資料請求

Webマーケティングにおいて当たり前のように聞かれるようになったSEOという言葉。

なんとなくの意味はわかるけれど、具体的にどんなことをしたら良いのかわからない、SEOを行うメリットがわからないという方も実は多いのではないでしょうか。

本記事ではSEOの基本的な意味から施策の種類、SEOに役立つツール、SEOを行うメリット·デメリットなどについて解説しますので参考にしてください。

SEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimizationのそれぞれ頭文字をとった略称で、日本では「検索エンジン最適化」と訳されることが多いです。

SEO対策を行うことで、ユーザーがGoogleなどの検索エンジンを使って検索した際に、Webサイトが上位表示されやすくなります。

ちなみに、検索エンジンを使った検索のことを自然検索といい、検索結果を自然検索結果といいます。

ユーザーの多くは検索結果で表示された上位1ページ、見ても2ページ目や3ページ目までしか閲覧しないことが多く、クリック率が高いサイトも自ずと検索結果の上位表示サイトとなります。

SEO対策では、Webページが少しでも上位に表示されるように様々な施策を行いサイトを改善していきます。

SEOはコンバージョンアップのためには欠かせない施策であり、今ではSEO対策のための専用ツールも多く登場しています。

おすすめの類似SEOサービス

SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

(4.5)

月額料金500円〜無料お試しあり
初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

優秀なキーワード候補機能を搭載

ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

順位変動の流れを正確に把握

SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

競合分析ができる

自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

(4.5)

月額料金1,500円無料お試し2週間無料
初期費用0円最短導入期間なし

導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

正確な順位取得が可能

MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

Googleマイビジネスと連携した管理・運用

ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

この製品はSEOの製品です。

SEOの製品をまとめて資料請求

SEOツールの料金・相場

SEOサービスのタイプ支払い方法費用相場
成果報酬型SEO対策成果報酬1KW*1=500~5,000円/日
内部要因対策一括支払い10万円~50万円
外部リンク対策月額固定3KW=3~15万円
Webサイトセット型一括支払い50~200万円
コンテンツSEO(記事制作)一括支払い1記事=5,000~20,000円
業務委託型契約単位1記事=1,000~10,000円
SEOコンサルティング月額固定10~30万円

上記した通り、SEO業者によって対策方法・サービス内容は異なります。

SEO対策にかかる費用は外注する業者や、Webサイトの規模・サービス内容により大きく変動するものと考えておくと良いでしょう。

SEOツール機能別の特徴

SEOツールは、機能によって

  • キーワード選定
  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツSEO
  • 検索順位チェック

の5つに分類されます。

それぞれのSEOツールを以下で解説いたします。

キーワード選定

ユーザーにとって価値のあるサイトとは、検索して知りたい内容がコンテンツとしてわかりやすくまとめられたサイトのことを指します。

そのコンテンツを作成する上で何より重要なのが、キーワードの選定です。

キーワードを選定してくれるツールを使用すれば、「キーワードの検索ボリューム」や「関連するキーワード」などを細かくチェックできます。

ユーザーのニーズ、すなわちユーザーが検索を通して何を知りたいのかをしっかりと分析し、コンテンツの内容に構成する際に、キーワード選定ツールは役に立ちます。

内部対策

いかに良質な内容でも、見づらかったり、探したいページや記事をすぐに見つけられないサイトは高い評価を得ることはできません。

Googleなど検索サイトのクローラーに好かれる内容に内部の改善を行うことを、「内部対策」と呼びます。

SEO対策を行う上で重要なのは、「いかに充実したコンテンツをユーザーに届けるか」です。

「階層が整理されているか」「リンクが正しく貼られているか」など、ユーザビリティが意識された内部構造は必須と言えます。

外部対策

他のサイトからの被リンク量を増加させる施策も、SEO対策には重要です。

Googleなどの検索エンジンから評価をされる要因の一つに、外部の高品質なサイトにリンクが貼られて紹介されているかどうかなども挙げられます。

被リンクの評価は、DR(Domain Rank)やDA(Domain Authority)などの指標によるものが一般的であり、それらのスコアが高いサイトから被リンクを集めていれば、よりSEO的に有利であるとされているのです。

外部対策ツールを利用すれば、SEO対策の指針として重要な被リンクの量や質を確認することが可能です。

コンテンツSEO

コンテンツSEOツールは、あらゆるデータを網羅的に集め分析することができるツールです。

コンテンツSEOとは、ユーザーが検索して知りたい内容に最適な記事をアップすることでアクセスを集め、コンバージョンに繋げる施策のことであり、そのためにはコンテンツSEOツールを上手に使いこなす必要があります。

検索順位チェック

過去に遡って検索順位の推移を確認できれば、正しいSEO対策が施されているか確認できるので、施策を是正したい際に役立てることができます。

検索順位をチェックできるツールを利用すれば、対象のキーワードで検索した際の順位がチェックできますので、遡って推移を辿る際に便利です。

中には、競合サイトの検索順位が確認できる利便性の高いものもあります。

SEOを行うメリット

SEO対策を行うメリットとしては以下が挙げられます。

  • 検索した際により上位のページに表示されるようになることでユーザーとの接点が増える
  • Web広告に比べてコストをかけずに集客アップが見込める
  • SEO対策のために掛けた労力が自社の資産になる

効果的なSEO対策が行われていれば、ユーザーがGoogleなどから自然検索した際により上位のページに自サイトが表示されるようになります。

検索結果の1ページ目に表示されるようになれば、より多くのユーザーがサイトを訪問してくれるようになるだけでなく、上位サイト同士で比較している購買目的や資料請求目的など意欲的なユーザーとの接点が増えるため高い集客効果とCVRアップが見込めます。

また、リスティング広告などのWeb広告はクリック数などに応じて費用が発生するため、運用が難しくコストがかかってしまうケースもありますが、SEOであれば自サイト内の改善で効果を発揮する施策が多いため、安価に行うことができます。

SEO対策として行った施策は、広告の出稿と違い残り続けるためサイトの改善という意味では無駄にはなりません。

SEO対策を学んだ経験が、他のページの改善に役立つなど企業としての資産になることは大きなメリットです。

SEOを行うデメリット

SEO対策を行うデメリットとしては主に以下のことが挙げられます。

  • 検索されるキーワードが少ないサービスを扱う場合は効果が出にくい
  • SEO対策の効果が現れるまではある程度の時間がかかる
  • Googleのアルゴリズム変動などによって急激に順位が変動する場合がある

SEOはユーザーから検索されるキーワードに最適化したサイトを構築することで効果を発揮しますが、例えば全く新しいサービスや商品を取り扱う場合、関連キーワードも少なくSEO対策を行う優先度は低くなるでしょう。

また、SEO対策を行ってもすぐに効果が発揮されるかというとそうではなく、検索順位やサイトへの流入に影響が出始めるまでにはある程度の時間を要します。

一概にどれくらいの期間がかかるとは言えませんが、SEO対策として行った施策が多いほど検索エンジン側がページ内容を認識·評価するにも時間がかかります。

SEOの特徴として、Googleは不定期にアルゴリズムをアップデートしており、これにより今までは優れたコンテンツと評価されていたものが変わり、大きく順位を落としてしまうこともあります。当然ながら競合サイトがより優れたSEO対策を行った場合も同じことが言えます。

ですので、一度SEO対策を行ったから良しとするのではなく、定期的に順位や流入数をチェックした上で改善を行うようにしましょう。

SEOツールを選ぶ際のポイント

以下のチェックポイントを参考に、適したツールを選定しましょう。

どの機能を必要としているか

SEO対策で必須な工程は主に、以下の3つです。

  • キーワードごとの検索順位の調査(自社・競合)
  • 狙うべきキーワード調査(検索ボリューム・競合性、共起語、サジェストワード)
  • コンテンツの最適化(検索エンジンに評価されるコンテンツ)

 検索順位調査は、SEO対策での重要事項です。

順位の推移をグラフ化できるため、施策の効果分析に役立ちます。

キーワード調査はコンテンツ制作の核となり、調査・分析した結果を参考に、検索上位の取りやすさを視野に入れキーワードを選定した上で、コンテンツ制作を行うと良いでしょう。

また、SEOツールのなかでとくに多彩なものは、コンテンツの最適化を図る機能です。

検索表示に影響が出るポイントを確認する機能を導入するメリットは大きいですが、機能が多すぎても使いこなせない懸念もあります。

必須の機能や優先度の高い機能を整理し、必要なツールを選定しましょう。

多機能型か単機能型か

SEOツールには、あらゆる機能を複合している多機能タイプと、機能を一つに特化した単機能タイプがあり、多機能タイプでは、SEOに影響する複数の要素を診断し、コンテンツの品質やサイトパフォーマンスに繋げるメリットがあります。

どちらのタイプが優れているかどうかではなく、運用を踏まえて、使い勝手が良いツールを選定することが重要です。

無料か有料か

SEOツールでは、無料のものも多く、例えばGoogleが提供しているツールの多くは無料で利用できます。

機能も充実しているので、十分に結果に繋げられるでしょう。

一方、有料のツールは、機能によって金額にも大きな幅があります。

コスト面を重視する場合は無料のツール、作業効率やSEOにおける有効性を重視するなら有料のツール、などといった具合に費用対効果を鑑みて選定することをおすすめします。

自社のリソース・ノウハウが不足していないか

有料・無料にかかわらず、SEOツールは自社で十分に使いこなせるかどうかが非常に重要です。

性能の高いツールを選んだ場合、ある程度のスキルがあることを前提に、高度な機能を提供している場合も少なくありません。

しかし、当然高性能になるほど料金も高額になります。

無駄にならないよう、自社に適したものを選ぶことが重要です。

SEO施策の種類

SEO対策としては主に以下の施策が挙げられます。

  • キーワード確認、修正:自社のターゲットが検索で使用するであろうキーワードがサイトに含まれているか
  • タグの最適化:HTMLタグの最適化やページスピードなどの見直し
  • コンテンツ制作:検索ニーズにあったコンテンツの制作、古いページの見直し等
  • 外部施策:外部サイトへのリンク構築

キーワードの確認やHTMLタグの最適化などは内部施策と呼ばれ、今現在あるサイトの内容を修正する施策になります。

逆に外部施策とは、自サイト以外からのリンクによってCVRを高める施策です。

SEO対策をする上で知っておきたいGoogleの姿勢について

Googleは、サイト運営者向けに「ウェブマスター向けガイドライン」「Google 品質評価ガイドライン」を公開しており、Googleの定める基本方針やコンテンツの評価基準、ペナルティ対象などの不正行為を確認することが可能です。

Googleの公式ガイドラインに対し、最適なSEO対策を進めることにより、ユーザーの利便性が向上、その結果サイトが検索上位に表示されるようになるでしょう。

以下、知っておきたいGoogleが重視しているポイントです。

E-A-T(専門性・権威性・信頼性)

E-A-Tとは、ユーザーの検索意図に対して、適切な検索結果を記載しているか、という意味を持ちます。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

YMYL(Your Money or Your Life)

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略語であり、「人々の将来の幸福、健康、経済的安定、安全に潜在的に影響を与えるテーマ」とされています。

Googleは、下記のようなテーマをYMYLの対象としています。

  • 最新ニュース・イベント
  • 市民の権利・義務、政治、法律
  • 経済
  • ショッピング
  • 健康と安全
  • 人々のグループ(人種・宗教・国籍など)
  • その他

ブラックハットSEOとは?ホワイトハットSEOとの違いや手法

かつては検索エンジンの精度も低く、アルゴリズムの弱点を突く手法の「ブラックハットSEO」が横行していた時代がありました。

しかし、現在はほとんどのブラックハットSEOは意味をなしません。

それどころかペナルティの対象とされているので、十分に注意する必要があります。

現在では、Googleのガイドラインに則ったSEO対策を行うことが何より重要です。

ユーザーにとって価値あるサイトかどうかが何より重要視されるため、日々アップデートされるGoogleのアルゴリズムの最新情報を常にチェックするべきです。

おすすめのSEOツール8選

製品名参考価格無料トライアル
Gyro-n SEO月500円~
要問い合わせ
Gyro-n MEO月1,500円~
2週間無料
MIERUCA月15万円~
あり
Keywordmap要問い合わせ
要問い合わせ
Google Analytics無料
無料利用可
Google Search Console無料
無料利用可

Gyro-n SEO(ジャイロン)

特徴

Gyro-n SEOはSEOの順位チェックや競合サイトとの順位比較など豊富な解析機能を有したS

EO対策ツールです。

キーワードやグループごとに競合サイトと比較することができ、改善していくべき点が把握しやすくなる点が優れています。

また、分析機能によってSEOの順位をあげるためにはどこに注目すればいいかをチェックすることが可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:4,500円〜

※2022年4月現在/詳細は公式サイトを確認

M.H様

業種:IT/会社規模:11〜30名

 

自分で行っていたSEOチェックの必要がなくなり業務が効率化しました

毎日自分で行っていた管理サイトやページの順位の確認などのSEOチェックが、毎日届く「検索結果の変動を検知しました」のランキングレポートのおかげですぐ確認できるようになり非常にありがたく感じています。
詳しくはこちら

Y.K様

IT/業種:会社規模:31〜50名

 

施策に対しての反応がすぐ確認できるようになった

特定のキーワードでの検索順位・サイト内のどのページが検索結果に表示されるかなどを自動で記録してくれるので、コンテンツの投稿や修正を行った際も、どの施策をした時に反応があったのかすぐ確認することができます。
詳しくはこちら

Gyro-n MEO(ジャイロンMEO)

特徴

ジャイロンMEOとは、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが運営しているMEOツールです。

専門的な知識がなくても利用でき、MEO対策に必要な機能がオールインワンに搭載されています。

既にMEO対策を行ってはいるがなかなか成果がでないとお悩みの方にもおすすめです。

これまでに1,000社以上から導入されている実績があり、低コストから導入できるので個店や少数店舗でも導入しやすいサービスとなっています。

料金

  • 初期費用;無料
  • 月額料金:1,500円(税別)

※価格情報は2022年4月時点のもの

パワーリンク

特徴

パワーリンクはWeb本舗が開発・販売を手がけているSEO対策サービスです。

ホームページへの集客を強め、業種を問わず利用できるサービスとして、専門の技術力を持ったエンジニアが多数在籍しています。

また、高品質でありながら固定費が少なく利用できる点も特徴的で、人的リソースを増やして営業を行う場合よりもパワーリンクを利用してSEO対策を行う方がコストパフォーマンスに優れているという事例も多数あります。

料金

  • 初期費用:無料
  • 月額9,800円

※2022年4月現在/詳細は公式サイトを確認

Google Search Console

特徴

Googleが提供するSEOツールで、SEO対策を始めるのであればまず入れておきたいサービスです。

自Webサイトに流入したユーザーが、どんな経緯でサイトへ辿り着いたのか、どのようなキーワードからの流入が多いかといった情報が詳細にわかるため、強みや弱みを明確化することができます。

Googleのアカウントがあれば無料で利用できる点も魅力的です。

料金

無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Google Analytics(Googleアナリティクス)

特徴

サイトを訪問したユーザーの動きを分析することができるのがGoogleアナリティクスです。

どんなページの閲覧数が高いのか、逆に離脱率が高いページはどれか、サイトを訪問するユーザーの年齢層、性別など詳細な情報を把握することができます。

Google Search Consoleとあわせていれておきたいツールと言えます。

料金

無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

MIERUCA(ミエルカ)

特徴

MIERUCAとは株式会社Faber Companyが運営するSEO対策ツールです。

1,500社以上で導入されており、コンテンツマーケティングにおける課題の可視化ができるツールとして確かな導入効果が期待できます。

キーワード予測機能が搭載されており、CVに繋がりやすいキーワードを提案してくれるため、SEO対策におけるキーワード選定がうまくいかないという方には特におすすめです。

料金

  • 初期費用:10万円〜
  • 月額料金:月額15万円〜

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Keywordmap(キーワードマップ)

特徴

keywordmapとは株式会社CINCが提供しているSEOマーケティングツールです。

使い勝手に優れていて、流入キーワードや機会損失キーワードがドメインを入力するだけで調べることができます。

マップ形式での表示など視覚的にわかりやすい分析が可能な点も特徴的です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアルあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

SEOに関して動画で詳しく解説

効果的なSEO対策にはツールの導入がおすすめ

SEOの基本的な意味や施策を行うメリット·デメリット、おすすめのSEOツールなどを紹介しました。

今やコンテンツマーケティング、オウンドメディア展開を行う企業だけでなく、個人ブログ単位でも行われているSEO対策。

自社だけでは、改善点や課題が明確化できないという場合には、専門のSEO業者に依頼するのも有効ですが、まずは無料で使えるツールの導入から始めてみるのも良いでしょう。

20代~50代正社員で「SEO」という言葉の意味をきちんと理解しているのは全体の3割程度【SEOに関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2022年2月に『SEOに関するアンケート』を行いました。

調査概要

対象者:全国の20歳〜59歳の男女・正社員

サンプル数:300人

居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県

調査方法:ネットリサーチ

アンケート実施日:2022年2月7日

調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/


【質問:「SEO」という言葉を知っていますか?】

質問に対しての回答選択肢は以下

1.全く知らない

2.聞いたことはあるが意味は知らない

3.なんとなくの意味は知っている

4.言葉の意味をきちんと理解している

 

 

20代〜50代の男女を対象とした「「SEO」という言葉を知っていますか?」というアンケートで最も多かった回答は「全く知らない」で40%でした。

次いで多かったのが「言葉の意味をきちんと理解している」と回答した方の29%「なんとなくの意味は知っているという回答が13%で、言葉の意味をきちんと理解していると回答した方は全体の約30%に及びました。

 

【20代~50代正社員の中でSEOという言葉をきちんと理解している割合が最も多いのは30代で46.15%】

 

SEOという言葉をきちんと理解していると回答した割合を年代別でみてみますと、30代が最も多く46.15%、次いで20代が30.77%、50代は12.5%にとどまりました。

30代のおよそ半数の方が、SEOという言葉の意味をきちんと理解しているということが分かりました。

 

【20代女性の7割はSEOという言葉の意味を全く理解していないと回答、その他世代性別の中で最多】

 

SEOという言葉を全く知らないと回答した割合を年代×男女別でみてみますと、20代女性が最も多く69.23%、次いで50代女性が50%、40代男性は25%という結果になりました。

実に20代女性の70%近い方が、SEOという言葉の意味を全く理解できていないことが分かりました。

 

■ ご取材、データ引用等可能です。
·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
·本発表データの引用
その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SheepDog メディア担当
メールアドレス:media@strate.biz

これはSEOの製品です。
SEOの製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【SEO】

      SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

      (4.5)

      月額料金500円〜無料お試しあり
      初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

      SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

      優秀なキーワード候補機能を搭載

      ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

      順位変動の流れを正確に把握

      SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

      競合分析ができる

      自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

      MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

      (4.5)

      月額料金1,500円無料お試し2週間無料
      初期費用0円最短導入期間なし

      導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

      正確な順位取得が可能

      MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

      Googleマイビジネスと連携した管理・運用

      ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

      多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

      在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載