SEOとは?基本的な対策方法からおすすめのSEOツール5選までを解説!

最終更新日 

Webマーケティングにおいて当たり前のように聞かれるようになったSEOという言葉。

なんとなくの意味はわかるけれど、具体的にどんなことをしたら良いのかわからない、SEOを行うメリットがわからないという方も実は多いのではないでしょうか。

本記事ではSEOの基本的な意味から施策の種類、SEOに役立つツール、SEOを行うメリット·デメリットなどについて解説しますので参考にしてください。

SEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimizationのそれぞれ頭文字をとった略称で、日本では「検索エンジン最適化」と訳されることが多いです。

SEO対策を行うことで、ユーザーがGoogleなどの検索エンジンを使って検索した際に、Webサイトが上位表示されやすくなります。

ちなみに、検索エンジンを使った検索のことを自然検索といい、検索結果を自然検索結果といいます。

ユーザーの多くは検索結果で表示された上位1ページ、見ても2ページ目や3ページ目までしか閲覧しないことが多く、クリック率が高いサイトも自ずと検索結果の上位表示サイトとなります。

SEO対策では、Webページが少しでも上位に表示されるように様々な施策を行いサイトを改善していきます。

SEOはコンバージョンアップのためには欠かせない施策であり、今ではSEO対策のための専用ツールも多く登場しています。

SEO施策の種類

SEO対策としては主に以下の施策が挙げられます。

  • キーワード確認、修正:自社のターゲットが検索で使用するであろうキーワードがサイトに含まれているか
  • タグの最適化:HTMLタグの最適化やページスピードなどの見直し
  • コンテンツ制作:検索ニーズにあったコンテンツの制作、古いページの見直し等
  • 外部施策:外部サイトへのリンク構築

キーワードの確認やHTMLタグの最適化などは内部施策と呼ばれ、今現在あるサイトの内容を修正する施策になります。

逆に外部施策とは、自サイト以外からのリンクによってCVRを高める施策です。

おすすめのSEOツール5選

Google Search Console

特徴

Googleが提供するSEOツールで、SEO対策を始めるのであればまず入れておきたいサービスです。

自Webサイトに流入したユーザーが、どんな経緯でサイトへ辿り着いたのか、どのようなキーワードからの流入が多いかといった情報が詳細にわかるため、強みや弱みを明確化することができます。

Googleのアカウントがあれば無料で利用できる点も魅力的です。

料金

無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Google Analytics(Googleアナリティクス)

特徴

サイトを訪問したユーザーの動きを分析することができるのがGoogleアナリティクスです。

どんなページの閲覧数が高いのか、逆に離脱率が高いページはどれか、サイトを訪問するユーザーの年齢層、性別など詳細な情報を把握することができます。

Google Search Consoleとあわせていれておきたいツールと言えます。

料金

無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

MIERUCA(ミエルカ)

特徴

MIERUCAとは株式会社Faber Companyが運営するSEO対策ツールです。

1,500社以上で導入されており、コンテンツマーケティングにおける課題の可視化ができるツールとして確かな導入効果が期待できます。

キーワード予測機能が搭載されており、CVに繋がりやすいキーワードを提案してくれるため、SEO対策におけるキーワード選定がうまくいかないという方には特におすすめです。

料金

  • 初期費用:10万円〜
  • 月額料金:月額15万円〜

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Gyro-n SEO(ジャイロン)

特徴

Gyro-n SEOはSEOの順位チェックや競合サイトとの順位比較など豊富な解析機能を有したS

EO対策ツールです。

キーワードやグループごとに競合サイトと比較することができ、改善していくべき点が把握しやすくなる点が優れています。

また、分析機能によってSEOの順位をあげるためにはどこに注目すればいいかをチェックすることが可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:4,500円〜

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Keywordmap(キーワードマップ)

特徴

keywordmapとは株式会社CINCが提供しているSEOマーケティングツールです。

使い勝手に優れていて、流入キーワードや機会損失キーワードがドメインを入力するだけで調べることができます。

マップ形式での表示など視覚的にわかりやすい分析が可能な点も特徴的です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアルあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

SEOを行うメリット

SEO対策を行うメリットとしては以下が挙げられます。

  • 検索した際により上位のページに表示されるようになることでユーザーとの接点が増える
  • Web広告に比べてコストをかけずに集客アップが見込める
  • SEO対策のために掛けた労力が自社の資産になる

効果的なSEO対策が行われていれば、ユーザーがGoogleなどから自然検索した際により上位のページに自サイトが表示されるようになります。

検索結果の1ページ目に表示されるようになれば、より多くのユーザーがサイトを訪問してくれるようになるだけでなく、上位サイト同士で比較している購買目的や資料請求目的など意欲的なユーザーとの接点が増えるため高い集客効果とCVRアップが見込めます。

また、リスティング広告などのWeb広告はクリック数などに応じて費用が発生するため、運用が難しくコストがかかってしまうケースもありますが、SEOであれば自サイト内の改善で効果を発揮する施策が多いため、安価に行うことができます。

SEO対策として行った施策は、広告の出稿と違い残り続けるためサイトの改善という意味では無駄にはなりません。

SEO対策を学んだ経験が、他のページの改善に役立つなど企業としての資産になることは大きなメリットです。

SEOを行うデメリット

SEO対策を行うデメリットとしては主に以下のことが挙げられます。

  • 検索されるキーワードが少ないサービスを扱う場合は効果が出にくい
  • SEO対策の効果が現れるまではある程度の時間がかかる
  • Googleのアルゴリズム変動などによって急激に順位が変動する場合がある

SEOはユーザーから検索されるキーワードに最適化したサイトを構築することで効果を発揮しますが、例えば全く新しいサービスや商品を取り扱う場合、関連キーワードも少なくSEO対策を行う優先度は低くなるでしょう。

また、SEO対策を行ってもすぐに効果が発揮されるかというとそうではなく、検索順位やサイトへの流入に影響が出始めるまでにはある程度の時間を要します。

一概にどれくらいの期間がかかるとは言えませんが、SEO対策として行った施策が多いほど検索エンジン側がページ内容を認識·評価するにも時間がかかります。

SEOの特徴として、Googleは不定期にアルゴリズムをアップデートしており、これにより今までは優れたコンテンツと評価されていたものが変わり、大きく順位を落としてしまうこともあります。当然ながら競合サイトがより優れたSEO対策を行った場合も同じことが言えます。

ですので、一度SEO対策を行ったから良しとするのではなく、定期的に順位や流入数をチェックした上で改善を行うようにしましょう。

効果的なSEO対策にはツールの導入がおすすめ

SEOの基本的な意味や施策を行うメリット·デメリット、おすすめのSEOツールなどを紹介しました。

今やコンテンツマーケティング、オウンドメディア展開を行う企業だけでなく、個人ブログ単位でも行われているSEO対策。

自社だけでは、改善点や課題が明確化できないという場合には、専門のSEO業者に依頼するのも有効ですが、まずは無料で使えるツールの導入から始めてみるのも良いでしょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載