キーワードウォッチャーの料金·評判·機能について

更新日:

    キーワードウォッチャーとは

    キーワードウォッチャーとはSEOに欠かせない検索キーワードを調査するためのツールです。

    企業サイトやネットショップにどれだけ多くの人がアクセスするかは、検索エンジンの表示順位の結果で決まるともいわれます。要は特定のキーワードを検索したときの結果に上位表示されるサイト·ページほど多くのアクセスが集まるわけです。

    この上位表示を目指す対策がSEOやSEMだったりするのですが、その鍵となるのがキーワードの選択です。たとえ特定のキーワードで検索したときに上位表示されたとしても、そもそも、そのキーワードを検索する人が少ないのではアクセス数の増加は期待できません。

    どんなキーワードが活発に利用されているのか、どんなキーワードを組み合わせることでメインのターゲットとなる層にアピールできるのか、この点こそネットマーケティングの生命線といっても過言ではないでしょう。

    そこでキーワードウォッチャーではキーワードの検索情報を調査できるサービスを提供しています。

    おすすめの類似SEOサービス

    SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

    (4.5)

    月額料金500円〜無料お試しあり
    初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

    SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

    優秀なキーワード候補機能を搭載

    ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

    順位変動の流れを正確に把握

    SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

    競合分析ができる

    自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

    MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

    (4.5)

    月額料金1,500円無料お試し2週間無料
    初期費用0円最短導入期間なし

    導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

    正確な順位取得が可能

    MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

    Googleマイビジネスと連携した管理・運用

    ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

    多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

    在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

    キーワードウォッチャーの特徴·機能

    特徴、機能の中でも最大のポイントといえるのが国内の全検索数をチェックできる点です。大手ポータルサイトの検索数データをもとにして、日本国内のネットユーザーの検索数を推計したデータを提供しています。つまり、現在日本でどんなキーワードが、どれだけ検索されているか、どんなキーワードの組み合わせが多いのかを非常に精度の高いレベルで知ることができるのです。

    しかも、データは過去13か月分用意されています。よって、過去約1年間のキーワード検索の移り変わりをチェックできるほか、季節ごとの傾向などもチェックしやすくなります。当然暑い夏と寒い冬では注目されるキーワードも違い、過去の社会状況の変化などがキーワード検索にどのような影響を及ぼしたのかをチェックすることも可能です。

    キーワードウォッチャーの強み

    簡単に利用できる

    キーワードウォッチャーの強みとして、サービスを簡単に利用できる点が挙げられます。難しい操作やネットマーケティングに関する専門的な知識は必要ありません。

    まず調べたい年月とキーワードを入力し、ロボットなど不正な動作ではないことを確認するための数字を入力する。これだけで該当する年月にキーワードが何回検索されたかがすぐに表示されます。

    無料で利用できる

    しかもこうした基本的なサービスはすべて無料で利用できます。専門の業者にSEOを依頼するとなると、費用は決して安くはありません。しかしこのサービスをうまく利用してキーワードの検索状況を把握できれば、自分たちでSEO対策を高めることもできるでしょう。

    便利な有料プラン

    一方、有料のプランでのみ利用できるサービスもついています。とくに際立っているのが、サイトに訪問したユーザーがどんなキーワードに興味を持っているかを確認できる「関心ワード」機能を利用できるのが大きな強みです。つまりサイトを訪れている人がどんなキーワードに関心を持っているのかを把握することで、よりターゲットを絞り込んだキーワードの選定、SEO対策が可能になります。

    キーワードウォッチャーの価格·料金プラン

    基本的なサービスは無料で、ただしその場合には検索数は月に20回まで、検索結果の表示件数は20件、さらに検索可能期間は1ヶ月に制限されます。

    これが月額2,000円(税抜)の「ライトプラン」になると検索数上限が500回まで、表示件数が100件、検索表示期間が過去3か月まで拡大されます。

    そしてもっとも充実している「ゴールドプラン」なら関心ワード機能を使用できるほか、過去13か月分の検索が可能、表示件数は100件まで、検索数の上限は1万回までになります。このプランの料金は月額2万円(税抜)です。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    キーワードウォッチャーの注意点

    注意点は二つで、無料プランの場合はどうしても機能が制限されてしまうので限界があること、月2万円のゴールドプランを利用する場合、年間のコストが無視できないレベルになります。

    もう1つは、あくまでキーワードの検索調査なので、このサービスを利用すればすぐにサイトのアクセス数の増加や売上アップが実現するわけではなく、あくまでこのサービスの結果を元に自分たちでSEOをはじめとしたマーケティングを行っていく必要があります。

    キーワードウォッチャーの口コミ·評判

    SNSでの評判·口コミ

    類似サービスとの比較

    Keywordmap for SEOなどの類似サービスと比較すると、あくまでキーワード検索に的を絞ったサービスを提供している点に大きな特徴があります。必要最小限のコストで必要な情報を得てマーケティングに利用できます。

    料金面の比較としてはKeywordmap for SEOは詳細な料金は問い合わせが必要なのでキーワードウォッチャーの方が具体的な予算を立てやすいです。

    キーワードウォッチャーで効果的なSEO対策を

    SEO対策をプロに依頼するとコストがかかりすぎる、かといって自分たちで行うにも何をしたらいいのかわからないという人にピッタリのサービスです。

    これまでSEO対策を行ってもなかなか効果が得られなかった企業も、このサービスで適切なキーワード選択や組み合わせができるようになることでアクセス数や売上の大幅アップも期待できるでしょう。まず、無料バージョンで試してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:キーワードウォッチャー公式サイト

    この製品はSEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【SEO】

        SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

        (4.5)

        月額料金500円〜無料お試しあり
        初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

        SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

        優秀なキーワード候補機能を搭載

        ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

        順位変動の流れを正確に把握

        SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

        競合分析ができる

        自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載