ふるさと兼業の料金・評判・口コミについて

月額費用
40万円〜
初期費用
要問合せ
無料お試し
要問合せ
導入社数
要問合せ

ふるさと兼業は、地域の企業と副業兼業者をつなぐ新しいプラットフォームで注目を集めています。
都会でのキャリアに加えて地域や事業に参加する機会を提供し、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。
この記事では、ふるさと兼業の特徴や料金体系、そして利用者からの口コミについて詳しく紹介します。

ふるさと兼業とは?

ふるさと兼業は、地域や事業にプロジェクト単位で参加できる兼業プラットフォームです。
都会での生活や大手企業での活躍と並行して、NPOや中小企業、ベンチャー企業に関わる新たな選択肢を提供しています。

ふるさと兼業の特徴

特徴①明確にしたプロジェクト型の募集

ふるさと兼業では、明確にしたプロジェクト型の募集を行っています。
「誰が」「何を」「いつまで」行うかが明確に定義されており、その背景にはどんな想いや課題意識があるかも明確に示されています。
曖昧なプロジェクトは掲載されず、受入側が真剣に募集しているプロジェクトが優先されます。

特徴②幅広いプログラムの用意

ふるさと兼業では、さまざまな状況に合わせたプロジェクトが掲載されています。
リモートワークやWワーク、期間限定の参画、兼業禁止の企業でもプロボノとしての参加など、応募者の生活スタイルや状況に柔軟に対応可能です。
移住や会社を辞める必要はありませんし、幅広いプログラムが用意されています。

特徴③パートナー制度

ふるさと兼業では、地域に密着したパートナー制度を導入しています。
地域パートナーは、プロジェクトの企画やフォローアップなどを担当し、参加者が安心して挑戦できる環境を整えています。
募集は希望すれば掲載されるのではなく、地域パートナーが受け入れ組織や応募者をサポートしてくれます。

まとめ

ふるさと兼業は、地域の企業と副業兼業者をつなぐプラットフォームです。
外部人材との繋がりを通じて新規事業やミッションに共感する機会が提供され、実践的な研修プログラムも用意されています。
また、兼業者のお試しプログラムもあるため、プロジェクトとの適合度を確かめることができます。
雇用が難しい企業でも専門的なスキルを持った人材との連携が可能であり、一時的にプロジェクトメンバーを増員したい企業に特におすすめです。

ふるさと兼業の評判・口コミ

(5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

ふるさと兼業の良い評判・口コミ

・充実した伴走支援型サービスにより、はじめて兼業者を募る企業も募集要項の設定やエントリー者との調整を依頼できる。
・採用活動の負担を軽減できる。
・プロジェクトの参加募集だけでなく、人材育成プログラムも利用できる。

ふるさと兼業のその他の評判・口コミ

・プロジェクト単位で費用が発生するため、やや高い。

ふるさと兼業を導入した結果に関する評判・口コミ

・優秀なキャリアの方々から多くのエントリーをいただき、決して出会うことのないつながりを生み出すことができた。
・SNSを活用した広報や人材募集において、実際に手を動かしていただき、さまざまなアドバイスももらえた。
・多様な働き方に踏み出す良い機会を得ることができた。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載