Brightcoveの料金·評判·機能について。導入事例も紹介

最終更新日 

動画配信サービスといえばYouTubeやニコニコ動画、またはFC2などが有名でしょう。
しかし、これらのサービスはBtoC・CtoCの傾向が強く、企業が使うならば別のサービスのほうが都合が良いです。
その中でもBrightcoveは特に注目されており、すでに使用している企業も少なくありません。
今回はそのBrightcoveについて特徴や価格などを紹介していきます。

Brightcoveとは

Brightcoveはアメリカ発の動画配信サービスです。
大企業向けのサービスとして知られており、AbemaTVやGYAO、TVerさらには朝日新聞などが使用しています。

Brightcoveの特徴・機能

Brightcoveにはさまざまな特徴があります。

動画ファイルとプレイヤーが分かれている

YouTubeやニコニコ動画とBrightcoveの大きな違いはプレイヤーの存在です。
多くの動画配信サービスでは動画ファイルとプレイヤーははじめから繋がっており、それぞれを別個に考えることは基本的にありません。
しかし、Brightcoveではアップロードした動画ファイル、そしてそれを配信するためのプレイヤーが分かれています。
たとえば、YouTubeは動画ごとにurlが異なっているので、次の動画を視聴するためにはページを移らなければなりません。
しかし、Brightcoveなら視聴者はプレイヤーを通して動画を視聴することになり、ページを移動する必要がありません。
もちろんプレイヤーのurlは固定です。

広告の挿入が容易

広告、つまりCMが動画コンテンツでの大きな収入源であることは今も昔も変わりありません。
企業の使用に特化したBrightcoveなら動画内に広告を挿入しやすいです。
また、広告ブロッカーも対処してくれます。

詳細な視聴データを取得可能

動画コンテンツを配信するうえで重要となるのがユーザーの視聴データです。
Brightcoveでは詳細なデータを取得できるので、それをマーケティングに活用できます。
どういった層がどの時間帯に多く視聴しているか、また離脱率はどれくらいかなどのデータを得られるので、それを踏まえて運用を進めていけば良い結果を得られるでしょう。

Brightcove導入のメリット

企業として動画コンテンツを配信したいならBrightcoveはメリットが多いです。
たとえば、Brightcoveなら詳細な視聴データを取得できます。
嗜好が多様化した現在はなによりもマーケティングが需要であり、それにはデータが不可欠です。
Brightcoveで集めたデータを細かに分析すればコンテンツの方向性が見えてくるでしょう。
プレイヤーの存在も大きな強みです。
視聴者としては動画ごとにページを変える必要がなく非常に楽であり、その利便性が長い視聴につながることが容易に予想できます。

Brightcoveの価格・料金プラン

Brightcoveの料金は公開されておらず、問い合わせが必要です。
ホームページに問い合わせフォームがあるので、まずはそこから連絡を入れましょう。
2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

Brightcoveの注意点

Brightcoveは基本的には企業向けであり、多彩な機能が揃っている代わりに設定しなければならないことが多く、動画配信にまだ慣れていない方だと迷ってしまうこともあるでしょう。
しかし、覚えてさえしまえば非常に使い勝手が良いのでおすすめのサービスです。

Brightcoveの導入事例・評判

動画コンテンツの一元管理に成功しました

“YouTubeに権限管理機能はないため社内外の全員が同じIDとパスワードを使用しなくてはならず、誰かが誤ってコンテンツを削除してしまわないかが不安でした。それらを解決するためにBrightcoveの導入を決めました。Brightcoveなら期限管理が行え、また権限設定をしたIDを個別に渡すことも可能です。結果として動画コンテンツを安全に管理できるようになりました。”(ワコール様)

類似サービスとの比較

Brightcoveと同じ法人向けの動画配信サービスとして有名なのがvimeoです。
しかし、Brightcoveは動画を通しての販促や広告収入が主な目的となるのに対し、vimeoは動画自体を売買対象にできます。
vimeoは売上の9割がユーザーに入るので、規模が小さい企業や個人事業種でも使いやすいです。
また、vimeoはクリエイターが制作した動画のみがアップロードを許可されているため、視聴者側のユーザーも多くが動画の購入目的でサービスを使用しており、ニーズのミスマッチが起こりにくくなっています。
有料プランは4種類あり、月額料金は各々700円・2,000円・5,000円・75,000円です。

Brightcoveで高品質な動画配信を

Brightcoveは企業による動画配信に特化したサービスです。
詳細な視聴データも得られるので、しっかりとマーケティングを行いつつコンテンツを運用したい方に適しているでしょう。
多くの有名企業が導入しているサービスですので、興味がある方は使ってみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Brightcove公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載