インタビューメーカーの料金·評判·機能について。月額29,800円から使える?

最終更新日 

新型コロナウイルス対策としては密閉·密集·密接の「3密」を避けた行動が提唱されるようになりました。そんな中で採用活動において非常に重要な面接もその形式が変わろうとしています。従来の対面型の面接ではなく、ウェブ上のビデオ通話サービスなどを利用したWeb面接というサービスが注目されています。

そこで今回はWeb面接システムの中でも注目度が上がっているインタビューメーカーというサービスについてご紹介させていただきます。

インタビューメーカーとは

インタビューメーカーとは株式会社スタジアムが運営するWeb面接システムです。仕事ができる人とできない人の見た目の対比を描いたCMでも話題なサービスです。従来の対面型の面接と違ってデバイスと ネット環境さえあれば離れた場所にいる相手とも簡単にビデオ通話を通じて面接ができることから昨今の新型コロナウイルス対策にも対応していることで2,700社以上の企業で導入されている人気のサービスです。単純に面接を行うだけでなく、面接に付随する業務を効率化することができるので採用担当者の業務負担を軽減することができます。

インタビューメーカーの機能·特徴

様々な面接形式に対応

インタビューメーカーは通常の対面型面接と同様の1対1での面接はもちろん、グループ面接や応募者情報の事前登録なしで可能なクイックWeb面接など多数の面接形式に対応しています。面接の様子を自動で録画することができるのでフィードバックや面接官同士で情報を共有する際に役立てることができます。

お互いに資料を確認しながら面接を進めたり、画面上で履歴書を確認、カスタマイズ可能な評価シートなど面接を効率的に進めることができる機能が多数搭載されているので実際の面接同様、それ以上にスムーズな面接を行うことができます。実際にインタビューメーカーが行ったアンケートでは、応募者対応にかかる労力ではWeb面接の方が良いと答えた企業が73.5%と高い結果がでています。

録画面接ができる

応募者があらかじめ決められた設問に動画で回答する録画面接ができるというのもWeb面接システムだからこそできるメリットです。書類上だけではわからない表情や話し方からその人の性格や雰囲気を把握することができるので、実際の対話型の面接になった際のイメージギャップの発生を減少させることができます。日程調整をする必要がないので採用担当者の負担を減らすこともできるというメリットがあります。設問は動画でもテキストでも作成可能です。

採用管理機能

採用に関する業務を効率化することができる機能がインタビューメーカーには多数搭載されています。SPIの試験結果を応募者に紐づけることができるのでわざわざ紙の資料を用意する必要がなくなり、履歴書や評価シートの出力も簡単に可能になります。

面接において重要な日程調整をWeb上で簡単に実現することができ、電話やメールで何度も確認し合う手間を省略することができます。各種カレンダーツールと同期することができるので日程を可視化して把握できるようになります。評価シートの結果をレーダーチャートにすることで面接官や人事間で情報の共有が簡単にできるようになるのも非常に効率化につながります。

採用管理システムとの連携が可能

各種採用管理システムと連携させることで応募者管理から面接日程の設置、Web面接の実現を一貫して行うことができるので、採用活動がよりスピーディーになるのです。

インタビューメーカーの料金·価格

インタビューメーカーでは30日間利用できる無料プランを含めて5つのプランがあります。

ベーシックプランは初期費用39,800円、月額料金29,800円で利用することが可能です。Web面接スタンダードプラン、録画面接スタンダードプラン、プレミアムプランの料金はお問い合わせが必要です。有料プランはいずれも12ヶ月契約になります。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

インタビューメーカーの強み

インタビューメーカーの強みはWeb面接に特化しているサービスなので初めてWeb面接を導入する企業でも採用業務を効率化できるという点にあります。様々な面接形式に対応可能で、面接をスムーズに進めることができる機能が多数搭載されているだけでなく、面接に関わる業務を効率化できる管理機能も多数搭載されていることもあり、実際にシステムを導入した企業からの顧客満足度も非常に高いと評判です。実際に日本マーケティングリサーチ機構の2020年2月期の調査では顧客満足度1位を獲得しています。

利用企業からの評判·口コミ

応募者との接点を増やすことができました

“多数の応募者に対して少数の人員で対応していたことから機会損失に繋がってしまうケースも多く、解決のためにWeb面接を導入することにしました。対面面接ももちろん選択可能ですが、あくまで選択肢を増やすことが手段としてインタビューメーカーを利用しています。採用までのスピード化を期待しています。”(株式会社サンリオ様)

面談までのスピードを向上させることができました

“面談において重要なのはスピード感だと感じています。Web面接を導入したことで面談設置までの早さが変わりましたね。お互いのスケジュールが空いているタイミングですぐに面接ができるのは非常に便利だと感じています。移動時間のコストもかからず時間や場所を選ばずできるというのもいいですね。現在は割合でいうと7:3でWeb面談を希望される方の方が多いです。”(株式会社チェングロウス様)

類似サービスとの比較

インタビューメーカーの類似サービスとしてはPlayseやBioGraphなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
インタビューメーカー·ベーシックプラン/29,800円

·Web面接スタンダードプラン/要問い合わせ

·録画面接スタンダードプラン/要問い合わせ

·プレミアムプラン/要問い合わせ

·ベーシックプラン/39,800円

·Web面接スタンダードプラン/要問い合わせ

·録画面接スタンダードプラン/要問い合わせ

·プレミアムプラン/要問い合わせ

30日間の無料プランあり·多様な面接に対応可能

·管理機能が豊富

Playse·スタータープラン/14,800円

・ベーシックプラン/19,800円

・エンタープライズプラン/要問い合わせ

·スタータープラン/0円

・ベーシックプラン/50,000円

・エンタープライズプラン/要問い合わせ

要問い合わせ·評価基準の均等化が可能

·応募者のアクティビテッィを可視化

BioGraph·ミニマム/10,000円

·スタンダード/30,000円

·プラチナ/50,000円

·エンタープライズ/要問い合わせ

 

·ミニマム/10,000円

·スタンダード/30,000円

·プラチナ/50,000円

·エンタープライズ/要問い合わせ

期間制限なしのトライアルプランあり·事前の動作検証が可能

· 応募者はアカウント不要で利用可能

料金面の比較としては期間の制限なく無料で利用できるトライアルプランがあるBioGraphがおすすめです。機能面の比較としては基本的なWeb面接に必要な機能を搭載しているだけでなく録画面接にも対応しているインタビューメーカーがおすすめです。

インタビューメーカーで面接機会の損失回避を

今回はWeb面接ツールのインタビューメーカーをご紹介させていただきました。Web面接を導入することで時間や場所を選ばずに面接が実現できるだけでなく、応募者の移動時間や交通費の負担といった部分をカットすることができるので採用企業側だけでなく応募者にとってもメリットを受けることができます。無料プランやトライアルを提供しているサービスも多いのでまずはWeb面接がどういったものなのかを体験してみると、Web面接において自社に必要な機能はどういったものなのかを把握することができるのでおすすめです。

画像·データ出典:インタビューメーカー公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部