harutaka(ハルタカ)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

最終更新日 

応募者としては現地へ赴く手間が省け、また採用側としては求職者と素早く面接が行え、さらに録画して後から見直すことができるため、Web面接は昨今多くの企業にて採用されつつあります。
その際に使用できるサービスは各社からリリースされていますが、その中でも注目を集めているのがharutaka(ハルタカ)です。
今回はharutakaの特徴や価格などを紹介するので、Web面接を今後実施したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

harutakaとは

harutakaはWeb面接をスムーズに行えるようサポートしてくれるツールです。
単純な通話なら電話やLINEなどでも行えますが、harutakaには採用時に活用できるさまざまな機能が備わっており、それらを的確に使えば円滑かつ快適に面接を進められます。
その利便性は多くの方々に知られており、東証一部上場企業や教育機関などですでに使用されています。

harutakaの特徴·機能

ここからはharutakaの特徴や機能について説明いたします。

エントリー動画

 

harutakaではエントリーシートの代わりにエントリー動画を応募者に提出させることが可能です。
採用側があらかじめ質問を設定しておけば応募者はそれに即して動画を撮影します。
従来のエントリーシートと異なり応募者の表情や身なりなどを確認できるので、採用側はより正確に応募者の人柄や熱意などを確認することが可能です。

ライブ面接

応募者はライブ通信で面接を行うことが可能です。
ライブ映像は録画されるので、後ほど見返すことができます。
なお、Web面接の際に応募者はアプリやソフトをインストール必要がなく、事前に渡されたURLを開きさえすればすぐに面接を開始することが可能です。

採用分析

harutaka応募者の回答件数や配信メールの開封率、またはシステムへのログイン状況などを分析できます。
可視化された情報をもとに採用方法を調整していけば、応募率や採用率をアップさせることが可能でしょう。

リマインダー

選考日程を登録しておけば、その日の前日午後に応募者へメールを自動的に送信してくれます。

harutaka導入のメリット

harutakaの強みとしてはエントリー動画機能が挙げられます。
文面では読み取れない情報も動画なら確認することができるため、より精度の高い採用を実施することが可能です。
また、リマインダー機能があるのもharutakaの大きなメリットと言えます。
特に応募者が大学生の場合は一度に複数の企業を受けている可能性が高いため、その方にとって志望度が高かったとしても面接や資料提出の日程を忘れてしまうことがあります。
しかしリマインダーを設定しておけばメールが自動で送信されるので、多忙な応募者をサポートすることが可能です。

harutakaの価格·料金プラン

harutakaには費用が年間600,000円のSTD4、年間1,200,000円のSTD3、年間1,440,000円のSTD2、そして 年間1,800,000円のSTD1と、合計で4つのプランが用意されています。
プランによって年間の登録者数が変わるので、事業の規模や今後の展望に合わせてプランを選びましょう。
なお、どのプランに関しても初期導入費が別途500,000円発生します。
2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

harutakaの注意点

harutakaはプランによって年間登録者数が異なっており、たとえばSTD4なら240人、STD3なら1,000人です。
契約期間中にプランをアップグレードする場合、事務手数料が10万円発生してしまうので注意してください。
また、ライブ面接の同時接続数が20以上になる場合のも費用が別途かかる場合があります。
しかし、それ以外に注意すべき点は特別ありませんので、おすすめです。

harutakaの導入事例·評判

動画面接応募者の約10%が最終合格になりました

“インターンの応募者は毎年1,000名を超えているのですが、書類のみで合格者を選び出すのには限界があり、お断りの連絡を送った応募者の中には本当は魅力にあふれている方もいたのだろうと感じていました。しかし、harutakaを導入したことで応募者を動画にて確認できるようになり、より精度の高い採用を実施できるようになりました。
現在はharutaka経由で応募された方のうち約10%が最終合格に至っています。書類選考のみ行っていたころのインターン通過率は2%だったので、現在はその5倍です。魅力的な方々に多く出会えるようになり非常に満足しています。”(日本たばこ産業株式会社様)

類似サービスとの比較

harutakaと類似したサービスとしてはVCRMが挙げられます。
VCRMはオンライン商談ツールとしてリリースされていますが、Web面接での使用実績も少なくありません。
オンライン商談ツールなのでVCRMでは画面のリアルタイム共有が行えます。
また、資料をセットアップしておけばクリック一つで画面に表示させられるので、面接時の会社説明に活用することが可能です。
VCRMはネット注文限定プランとスタンダードプランの2種類があり、それぞれ費用は月額9,000円/1ルームと36,000円/4ルームです。
なお、VCRMには10日間の無料トライアルが用意されています。

VCRM(ブイシーアールエム)の料金·評判·機能について。月額36,000円から利用できる?

harutakaで質の高いWeb面接を

Web面接用に作られたharutakaはライブ面接だけでなくエントリー動画の機能も用意されており、さらにリマインダーを設定すれば応募者へメールを自動で送ってくれます。
多くのコストがかかる採用も、harutakaを導入し的確に活用すればその負担が大きく軽減されるでしょう。
Web面接を検討している方にはharutakaをおすすめします。

画像·データ出典:harutaka公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載